大脳基底核神経回路
2013-05-17
緑色に光る部分でPCDH17が発現しているのが分かる。
Type: 写真
物質の酸性、アルカリ性の度合いを表すpH値
2013-05-09
出典:エドワード・スティーヴンス(ウィキペディア)
Type: 写真
C. elegans
2013-05-09
このほどCurrent Biology誌に発表された論文で、OIST情報処理生物学ユニットの丸山一郎教授が率いる研究グループは、生体が環境のアルカリ度を感知する分子機構・細胞機構を明らかにしました。これまで酸度がどのようにモニターされるかについてはよく知られていますが、生体、とくに線虫Caenorhabditis elegansがアルカリ性pHをモニターする方法の根本を明らかにした研究は、...
Type: 写真
ドーパミン経路
2013-05-02
脳内で、ドーパミンは報酬と身体運動の調節に役割を担っています。ドーパミンは、報酬経路の一環として腹側被蓋野(VTA)でニューロンにより産生され、側坐核および前頭皮質で放出されて、快楽の感情をもたらします。また運動機能におけるドーパミンの役割は、別の経路と関わっています。ドーパミンはまず黒質で産生され、その後線条体で放出されます。いずれの場合もドーパミンは同じ機能を果たしていますが、...
Type: 写真
有棘ニューロンがドーパミンを受容
2013-05-02
有棘ニューロンの樹状突起分枝にはスパイン、ドーパミンなどの神経伝達物質の受容体部位があります。有棘ニューロンはドーパミンを産生する脳の別の部分においてニューロンからのシグナルを受け取ることにより、体幹、四肢、眼の動きを開始および調節するという重要な役割を担っています。行動の脳機構ユニットでは、これらの細胞を研究して、パーキンソン病におけるその役割を解明することを目標としています。...
Type: 写真
タンパク質のフォールディングとランダム行列理論
2013-04-19
OISTの学際的環境の中で研究を続けるうちに、氷上教授は複雑な生物系、とりわけ、最終的には生体組織の構成要素となる立体的なタンパク質を構築するための重要なプロセス、すなわちアミノ酸の複雑な折り畳みと絡み合いにおける相関性の解明に、ランダム行列理論を利用することに特別な関心を持つようになりました。  
Type: 写真
2013-04-12
小笠原海溝の体長8cmのクセノフィオフォラ。自身の排泄物を固化して形成した管状構造と、その外側には外来の膠着物から成る殻をもつことがわかる。(写真提供:ベアトリス・レクロ博士)  
Type: 写真
2013-04-12
有孔虫の形態とサイズは多種多様です。(写真提供:ベアトリス・レクロ博士)
Type: 写真
蛍光神経細胞
2013-04-12
この画像はシウェイ・フアン研究員とマリルカ・ヨエ・ウーシサーリ研究員がFrontiers in Cellular Neuroscienceに掲載された論文で紹介した加温解剖法と、一般に用いられる光遺伝学技術を組み合わせたもので、光遺伝学技術では神経細胞の遺伝子が蛍光を発するように操作され、長時間にわたって神経活動を研究することが可能です。
Type: 写真
温かいか冷たいか?
2013-04-12
シウェイ・フアン研究員とマリルカ・ヨエ・ウーシサーリ研究員がFrontiers in Cellular Neuroscience に掲載された論文で紹介した、氷冷(青)および加温(赤)調製法で調製した、古い組織の脳薄片。星印(*)は見える神経細胞を示します。左の画像には健全な神経細胞は全く見えませんが、右の画像には7細胞目視できます。略語:PN=プルキンエ細胞層、ML=分子層、GrC=顆粒細胞層...
Type: 写真
300基のプロペラの設置サイト
2013-03-15
新竹教授は、最終的には、水深100メートルに300基の巨大プロペラを設置する計画です。これらのプロペラは合計100万キロワットのエネルギーを生成することができ、これは原子炉1基分の出力に相当します。
Type: 写真
新里宙也研究員とゲノムが解読されたサンゴ
2013-01-30
美ら海水族館に提供したものと同等の大きさのサンゴを手にする新里宙也研究員  
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ