2013-08-29
OIST細胞分子シナプス機能ユニット(高橋智幸教授)のザカリ・タウフィック研究員と江口工学研究員はそれぞれの専門の生化学と電気生理学の手法を組み合わせ、Rhoキナーゼという酵素が神経細胞間の情報伝達を調節する重要な分子であることを発見しました。   ...
Type: 写真
2013-08-29
写真は、質量分析装置で分析する前に脳試料から分離されたシナプスを含む細胞膜成分。シナプス前末端は中に多数のシナプス小胞を含み、シナプス後膜との接触を維持している(ザカリ・タウフィック, OIST 2013)。
Type: 写真
2013-08-29
 OIST細胞分子シナプス機能ユニット(高橋智幸教授)のザカリ・タウフィック研究員と江口工学研究員はそれぞれの専門の生化学と電気生理学の手法を組み合わせ、Rhoキナーゼという酵素が神経細胞間の情報伝達を調節する重要な分子であることを発見しました。  ...
Type: 写真
2013-08-29
送信側の神経細胞(赤)から受信側の神経細胞(灰)へと情報が伝達される時、その情報受け渡しの場となるのがシナプスです。送信側(シナプス前末端)にはシナプス小胞と呼ばれる小さな袋が格納されており、この中に神経伝達物質という化学物質が詰め込まれています。電気信号(活動電位)がシナプス前末端に到達すると、シナプス小胞が前末端膜に融合することで、中の伝達物質を外へと放出します(エキソサイトーシス)。受信側...
Type: 写真
IBM2作用のしくみ
2013-08-13
IBM2作用のモデル。上:IBM2がヘテロクロマチン(黒箱と棒付きキャンディーのような形状の3つの黒玉)を越える働きを促し、mRNA(赤箱)転写を促進する。青箱はエキソン。 下:IBM2を製造できないibm2変種。正常に機能するIBM2がないと、mRNA転写は不完全に終わる。  
Type: 写真
2013-08-08
大脳皮質の神経細胞間の結合と距離の関係。1mm2あたり(図中央の小さい四角領域)、約10万個の神経細胞が存在する。その1mm2の領域の神経細胞と結合がある領域を赤色の濃淡で示す。色が濃いほど結合するシナプスの密度が高い。シナプスの半分は近い領域と結合し、残りは離れた領域(図左の四角領域)と結合しているため、脳の機能を理解するには、脳全体のシミュレーションが必要となる。
Type: 写真
図3 褐虫藻の驚くべきゲノムの構造
2013-07-11
OISTマリンゲノミックスユニットの將口栄一研究グループリーダーらは、サンゴに共生するカッチュウソウ(褐虫藻)のゲノム解読に世界で初めて成功しました。同研究グループはすでに...
Type: 写真
図2 サンゴと褐虫藻の   共生関係
2013-07-11
OISTマリンゲノミックスユニットの將口栄一研究グループリーダーらは、サンゴに共生するカッチュウソウ(褐虫藻)のゲノム解読に世界で初めて成功しました。同研究グループはすでに...
Type: 写真
2013-07-11
OISTマリンゲノミックスユニットの將口栄一研究グループリーダーらは、サンゴに共生するカッチュウソウ(褐虫藻)のゲノム解読に世界で初めて成功しました。同研究グループはすでに...
Type: 写真
2013-05-23
BNip1はsyntaxin18 SNARE複合体のひとつとして、輸送小胞とターゲット膜との融合に働く。b-SNAPの機能低下によりSNARE複合体の解離が阻害されると、BNip1を介して視細胞にアポトーシスが誘導される。b-SNAPによるSNARE複合体の解離は、小胞融合に必須なステップなので、BNip1は小胞融合の異常を感知して細胞死を起こす“緊急停止ボタン(Emergency stop)”...
Type: 写真
大脳基底核神経回路
2013-05-17
緑色に光る部分でPCDH17が発現しているのが分かる。
Type: 写真
物質の酸性、アルカリ性の度合いを表すpH値
2013-05-09
出典:エドワード・スティーヴンス(ウィキペディア)
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ