2017-07-18
これまでの研究結果は限られたデータに基づいているためにニハイチュウの正確な系統学的位置の一致をみていない。左の図は1996年の解析結果であるが、二胚動物はムカデやセンチュウを含む脱皮動物(らせん卵割動物の姉妹群に当たる)に近いとされている。また中央の図は2010年の研究結果で、ここでは二胚動物はらせん卵割動物の中でミミズやヒルを含む環形動物に近縁とされている。...
Type: 写真
2017-07-13
(上のグラフ)くちばしの大きさと冬の最低気温の関係。冬が寒い場所ではくちばしが小さい傾向がみられる。(下のグラフ)夏の最高気温とくちばしの大きさとの明らかな相関はみられない。
Type: 写真
2017-06-30
まず柔らかいスタンプの表面にAPTES溶液を塗布します(i)。次にスタンプをガラス表面に押しつけて,APTES分子を転写(印刷)します(ii)。形成されたAPTES分子を覆うようにマイクロ流路を配置し(iii)、臨床診断キットに必要なバイオレセプター分子をガラス表面に固定できる構造が完成します(iv)。
Type: 写真
2017-06-23
光線力学療法により脳腫瘍細胞を死滅させる。
Type: 写真
2017-06-23
F98は脳腫瘍細胞、A375、HeLaおよびA549はそれぞれ皮膚がん、子宮頸がん、肺がん細胞を示している を。実線はタウリン修飾型ルテニウム錯体で細胞を処理した結果を示している。10分間の光線照射の後、すべてのがんに対するタウリン修飾型ルテニウム錯体を処理し10分間光照射を行うと、細胞の生存率が大きく下がり、その効果は脳腫瘍細胞において最も顕著であった。...
Type: 写真
2017-06-23
体内に取り込まれたルテニウム錯体は、腫瘍細胞リソソームに集積する。リソソームはすべての細胞内にある袋状の器官である。レーザー光線などの光源によりで錯体を活性化し、活性酸素を発生させる。この活性酸素が腫瘍細胞をネクローシス、あるいはアポトーシスにより死滅させる。
Type: 写真
2017-06-03
図の左上の白い○は空の小胞、青い●は伝達物質を充填した小胞。充填後、小胞は神経末端に向かって移動し、末端膜と融合して伝達物質をシナプス間隙に放出する。この開口放出は、神経末端の最下端にΩ(オメガ)型で示されている。小胞が空になった後、小胞膜が神経末端内に回収され(図右下)、リサイクルして開口放出部位(赤バー)に戻る。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ