mRNAのターンオーバー抑制はネクロプトーシスを誘導する
2015-12-04
完全なCCR4-NOT複合体(左)は、RIPK1およびRIPK3蛋白質をコードするメッセンジャーRNA(mRNA)を抑制することで、細胞の生残性を高めます。CNOT3を欠損したCCR4-NOT複合体が機能していない細胞(右)では、mRNAの発現および安定性が増大することで、細胞死の引き金となる蛋白質が合成され、細胞死が誘導されます。
Type: 写真
2015-11-16
A: 主要な脊椎動物グループ間の種の系統樹。 B: ゲノムの比較。2 種間で対応する遺伝子を線で結んで示している(色は左側の種の染色体に対応)。 C: 真骨魚類で見られた2 段階の遺伝子欠失パターン。A と C は同じ時間軸を用いている。
Type: 写真
主要な脊椎動物の進化パターンと遺伝子数。
2015-11-16
主要な動物グループ間の類縁関係と、脊椎動物に大きな影響を及ぼした3 回の全ゲノム重複。この研究は、真骨魚類・全ゲノム重複が魚類の進化に与えた影響に注目している。
Type: 写真
リガンド結合プロセス
2015-10-29
ローテーション・モデル:受容体の細胞外部分にリガンドが結合すると、細胞膜内の膜貫通領域の回転を誘発し、細胞内の活性化を制御します。さらに、その過程においてタンパク質の柔軟性も変化します。
Type: 写真
BioEssaysの2015年9月号表紙
2015-10-29
BioEssaysの9月号表紙に掲載された丸山教授の「ローテーション・モデル」のイラストリガンド結合プロセス
Type: 写真
「ローテーション・モデル」を描いたオリジナルスケッチ
2015-10-29
「ローテーション・モデル」を描いたオリジナルスケッチ
Type: 写真
レーザーアブレーションを施したガリウムヒ素アンテナの表面画像
2015-09-17
フェムト秒レーザーアブレーションにより、ガリウムヒ素の表面層にミクロレベルの溝や波紋が残ります。
Type: 写真
ミツバチの遺伝子流動
2015-08-19
Type: 写真
脊椎動物及びさまざまな無脊椎動物の染色体上におけるHox遺伝子の分布図
2015-08-11
脊椎動物及びさまざまな無脊椎動物の染色体上におけるHox遺伝子の分布図 Hox遺伝子は、胚発生の段階から動物の体作りに役割を果たしています。クラスターをなして存在するヒトや他の動物のHox遺伝子と比較して、タコのHox遺伝子は全くクラスターをなしていません。図の一番下、今回全ゲノムが解読されたOctopus bimaculoides (別名カリフォルニア・ツースポットタコ)
Type: 写真
酸化マグネシウムのシェルにカプセル化されたパラジウムナノ粒子
2015-08-06
パラジウムと酸化マグネシウムのコア-シェルの組み合わせを示す電子顕微鏡写真。白点がパラジウムナノ粒子。コアナノ粒子のまわりのうっすらとした霞が多孔性酸化マグネシウムのシェル。このシェルにより、パラジウムナノ粒子は焼結されておらず、互いの間にスペースが保たれている。これにより化学物質との反応性が最大化する。
Type: 写真
太陽電池層
2015-01-28
現在開発中の高性能太陽電池の多くはペロブスカイト上に、電気伝導度を増大させるための微量成分を加えたspiro-MeOTADの層を重ねたもの。このspiro-MeOTAD最上層にピンホールがあると空気中の水などの分子が薄膜を透過して拡散し、ペロブスカイトを劣化させるため寿命が短くなると考えられる。
Type: 写真
ピンホールチャンネル
2015-01-28
ドープしたspiro-MeOTAD層と問題のピンホール(写真右)で形成されたチャンネル(写真左)の横断面を示す高倍率走査電子顕微鏡写真。このチャンネルが水および他の分子を容易に通過させて太陽電池内に拡散させてしまう。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ