2018-03-28
平行プルキンエ線維細胞を示す電子顕微鏡画像。 シナプス前細胞である平行繊維は赤色、 シナプス後細胞であるプルキンエ細胞は緑色で示されている。
Type: 写真
2018-03-28
学習とは、ある意味ニューロン間の信号伝達の強弱の調節機能をもつ分子ダイアルを介したバランスであると考えられ、 2つのニューロン結合が強化された長期増強(LTP)と、 2つのニューロンの結合が弱まった長期抑圧(LTD)が存在するこの大規模かつ包括的なモデルを使用すれば、複雑な信号システムがどのように連携しているかを調べられるようになる。
Type: 写真
2018-02-23
OISTマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットでは、革新的な印刷技術を使い、 生体分子の均一な層で覆われた 何百万ものキノコ状構造を持つナノプラズモニック材料を開発した。
Type: 写真
2018-02-23
ガラス成分(二酸化ケイ素)の軸と金の笠を持つキノコのような形状の、ナノマッシュルーム状構造のイラスト図。リアルタイムで細胞(ナノマッシュルームの上に広がる富士山のようなかたち)の増殖を検出する能力がある。
Type: 写真
2018-01-16
X線回折法による、単一の線状ワイヤに11個の金属原子が含まれるEMACの結晶構造。これまでに文献で報告されている中で最長のもの。
Type: 写真
2017-12-22
ユニークな形の中空状である。
Type: 写真
2017-12-20
大腸菌の細胞分裂における二つのタンパク質リング の 空間配置を示すナノスケールの画像。 FtsZ(緑色)とFtsN(赤色)は、分裂している場所でパッチリング状に編成されている。
Type: 写真
2017-10-11
写真はすべて、ブデロビブリオ・バクテリオヴォルスとその餌となる大腸菌を入れたシャーレ。左側2枚は、遺伝子へのリボスイッチの挿入はなしで、テオフィリンなし(-)とあり(+)の状態のブデロビブリオ・バクテリオヴォルス増殖の様子。右側2枚は、遺伝子へリボスイッチを挿入したブデロビブリオ・バクテリオヴォルスで、テオフィリンなし(-)とあり(+)の状態。それぞれの実験で、...
Type: 写真
2017-10-11
ブデロビブリオ・バクテリオヴォルスの捕食には、獲物を探し(フェイズ1)、獲物の中に侵入し餌にする(フェイズ2)という2段階の周期がある。フェイズ2では、同細菌は獲物を内側から捕食し自身を伸長させたあと、新たに3つから6つのブデロビブリオ・バクテリオヴォルス細胞に分離する。これらの細胞は、捕食によって死滅した獲物から抜け出し新しい周期を始める。
Type: 写真
2017-10-06
図中の緑色の線は異なる遺伝子を示し、小さなオレンジ色の線はロード・ハウ島の昆虫標本が遺伝子的に飼育繁殖したボールズ・ピラミッドの個体と異なる部分を示す。
Type: 写真
2017-10-02
左側の水面に界面活性剤を入れると、異なるカーブで表される非対称の水面が生じ、左右で異なる力が円柱棒に加わる。 円柱棒に作用する水平方向の力は、円柱棒の単位長さ当たりで測定した際の表面張力の差に等しい。
Type: 写真
2017-10-02
円柱棒の左側の水面に界面活性剤を添加すると、円柱棒に作用する力学的な力は非対称となる。円柱棒を壁から切り離すと、円柱棒は右方向に移動し始める。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ