2021-12-17
マウスやヒト、そして毒液を持つ哺乳類であるトガリネズミやソレノドンなどに見られる唾液カリクレインは、毒ヘビが持つ毒性のセリンプロテアーゼカリクレインと近縁である。  本画像は、プレスリリース「ヘビ毒と哺乳類の唾液タンパク質に共通の起源」の関連画像です。
Type: 写真
2021-12-14
Nature誌に掲載されたナノカーは、車輪の回転運動を利用して、より大きな分子を表面上で移動させる分子モーターである。
Type: 写真
2021-12-13
この概略図は、世界に予知的に行動を伴い作用するトップダウンの経路(青い線)とその結果を知覚認識するボトムアップの経路(赤い線)を示しています。 これらの2つの経路は、それらの密な相互作用によって交じり分離不可能になります。...
Type: 写真
2021-12-08
ペロブスカイトが中央に位置することを示すペロブスカイト太陽電池の模式図。太陽光を吸収すると、電子が励起し、元の場所に正孔ができる。電子と正孔がさらに離れると、電流が発生する。電子や正孔を閉じ込める欠陥があると、太陽電池全体の効率を低下させる可能性がある。
Type: 写真
2021-11-25
電子顕微鏡で撮影したスキャフォールドは、再生するニューロンの伸展方向を誘導する構造に設計されている。画像A:スケールバー=100µm。画像B:スケールバー=1µm。
Type: 写真
2021-11-04
「シュレディンガーの猫」の例は、重ね合わせのパラドックスを象徴している。箱の中に猫と毒の入ったフラスコを入れて蓋を閉じる。しばらくすると、猫は生きていると考えられると同時に死んでいるとも考えられる。これを量子力学に例えると、量子的粒子が2つの井戸に同時に存在している状態である。箱を完全に開けると、猫が生きているのか死んでいるのかが分かるため、日常の古典的な世界の法則に戻る。しかし、...
Type: 写真
2021-10-15
iScience誌に掲載された新たな研究では、前脳でXRN1が欠損した変異マウスを作製しました。XRN1は、mRNAの分解に重要な役割を果たすタンパク質です。研究チームは、変異マウスの視床下部では、食欲を刺激する分子であるAgRPの産生が増加していることを発見しました。また、血中のレプチン、インスリン、血糖の濃度も上昇し、脂肪をエネルギー源として有効に利用できなくなっていました。...
Type: 写真
2021-10-05
ゲノム全体における特定部位の配列の変異を解析した結果、ヨロイボウズハゼ属のオスが4系統に区別され、それぞれ4つの色彩型と完全に一致することが示された。白抜き灰色のシンボルは各種のメスを示す。オスとは異なり、メスの体色には種による違いが見出されなかった。海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した...
Type: 写真
2021-09-17
上のグラフは、唾液中の4種類の代謝物の量を測定するだけで、その人の年齢がおおよそわかることを示しています。青い点は27〜33歳の年齢層の参加者を、赤い点は72〜80歳の参加者をそれぞれ表しています。本図表は、プレスリリース 「...
Type: 写真
2021-09-17
さまざまな規模で発生する乱流の渦。本画像は、プレスリリース「ファイバートラッキング(繊維追跡法) で乱流の重要な新事実が判明」の関連画像です。
Type: 写真
2021-09-15
ヒートマップ(代謝物の高値を赤色、低値を青色で示したもの)より、特定の代謝物と認知症との関連性が明らかになった。概して、サブグループAの代謝物は認知症患者で高値を示し、健康な高齢者で低値を示している。サブグループB〜Eの代謝物は、その逆の傾向を示した。
Type: 写真
2021-09-10
ペロブスカイト結晶構造に塩素が取り込まれると、ペロブスカイト層の表面にくぼみが生じる。これは、ヨウ素とより小さな塩素との間に高さの差が生じたためである。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ