2018-05-21
宿主プランクトンであるアカンタリアの多様性を示すスケッチ。
Type: 写真
2018-05-21
アカンタリアと共生藻は、肉眼では小さ過ぎて観察不可能だが、顕微鏡下では美しい形状や構造が観察できる。 上の2枚の写真で、蛍光赤色の部分は共生藻、 右上写真の蛍光緑色部分は宿主のリソソーム。
Type: 写真
2018-05-10
蛍光イメージングでコリン作動性介在ニューロン(CIN)を緑色に、有棘投射神経細胞(SPN)を赤色に示した線条体の一部
Type: 写真
2018-04-27
異なる層を示すペロブスカイト太陽電池の電子顕微鏡画像
Type: 写真
2018-04-27
無機物の多層構造を持つペロブスカイト太陽電池。 最下層は数ミリメートルの厚さのガラス、下から2層目は、FTOと呼ばれる 透明な導体材料、下から3層目は酸化チタンの電子感受性層、下から4層目は、光活性ペロブスカイト、最上層は炭素からなる。
Type: 写真
2018-04-18
分子のレンガ構造は繊維状の分子の足場に支えられるため、足場がない場合に比べ、分子構造を9倍高くすることができる。
Type: 写真
2018-04-18
ペプチド分子は、ナノファイバーと呼ばれる細長い構造が自己集合して分子の「足場」を形成する。安息香酸分子は自己集合してシート状のナノ構造を形成し、互いに重ね合わされて分子の「レンガ」を形成する。足場の助けを借りて、この分子のレンガは分子の塔を形成する。
Type: 写真
2018-04-16
ストリオソーム神経細胞の活動記録のため、内視顕微鏡技術を適用した(左)。 内視顕微鏡で観察される画像(中央)。ストリオソーム神経細胞の報酬予測信号(右)。
Type: 写真
2018-04-16
線条体の顕微鏡画像。ストリオソームとマトリックスはモザイク様の構造を形作っている。
Type: 写真
2018-04-12
ラパマイシン投与後、突然変異体の分裂酵母(左)が正常な細胞(右)に修復した様子が観察できた
Type: 写真
2018-04-12
ラパマイシンがタンパク質キナーゼとTORキナーゼのバランスを保つことで、細胞の成長・分裂が正常に行われる
Type: 写真
2018-04-10
色のついたプロットは、マイクロ波の磁場と周波数が変化する際の電子の流れを表す。 白い線は 磁場方向への強い依存性を表す線である。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ