2019-11-21
ペロブスカイト表面の2つの画像は、表面のイオンの転移と、その転移を引き起こす空孔を示している。
Type: 写真
2019-11-21
OISTエネルギー材料と表面科学ユニットでは、ガラスなどの材料の上にペロブスカイト化合物を積層して形成されるペロブスカイト太陽電池を研究している。
Type: 写真
2019-11-19
蛍光標識分子を1分子分解能で追跡する顕微鏡は、楠見明弘教授が率いる膜協同性ユニットが組み立て、AMPA型グルタミン酸受容体の分子の組み立てを解明した。
Type: 写真
2019-11-19
海ぶどう(左)と陸上植物(右)における光合成に関わる遺伝子が盛んに働いている部位(緑色)とDNAの合成に関連する遺伝子が盛んに働いている部位(橙色,矢印)の比較。
Type: 写真
2019-11-19
果物のブドウに似た房の部分(Fronds)とつた状上の部分(Stolon)
Type: 写真
2019-11-19
シナプス内では、多数のAMPA受容体のサブユニットが濃縮されているため、単量体はすぐに四量体となるが、四量体の寿命は0.1~0.2秒なので、すぐに分解する。
Type: 写真
2019-11-19
シナプス内では、多数のAMPA受容体のサブユニットが濃縮されているため、単量体はすぐに四量体となるが、四量体の寿命は0.1~0.2秒なので、すぐに分解する。
Type: 写真
2019-11-13
キャプション:ユウナハゼと琉球列島に住む19の近縁種の系統樹。ユウナハゼLarsonella pumilus(赤字)がイレズミハゼ属Priolepisに最も近縁であることが示された。また、ベンケイハゼPriolepis cinctaは、同属のイレズミハゼPriolepis semidoliataやフトスジイレズミハゼPriolepis latifascimaより、...
Type: 写真
2019-11-13
恩納村沖で深海動物相の調査中に発見されたユウナハゼLarsonella pumilus。全長25ミリメートルの小さなハゼで、全身が黄色い。 提供:Figure 1A in Zootaxa 4695(4): 367-377 を一部改変 (link to: https://www....
Type: 写真
2019-10-01
OIST生態・進化学ユニットの研究者たちがマイクロCTスキャンを利用して撮影したバロアダニ。バロアダニはミツバチのコロニーを脅かす存在。
Type: 写真
2019-09-25
べん毛フックはダイナミックに動くフレキシブルジョイントとして機能し、細胞の内側のモーターからの回転力を外側にあるべん毛繊維に伝達します。回転するべん毛繊維を用いて細菌は運動します。 提供: 柴田敏史博士
Type: 写真
2019-09-10
Diamond and Related Materialsに掲載された図。(a)作製プロセスの各段階における基材断面図。 (b)ダイヤモンドで密閉されたチャネルを持つ(a)で作製されたガラス基材の暗視野光学顕微鏡写真 (c)25°の傾斜を持たせて走査型電子顕微鏡で撮影された中央のキャビティの画像。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ