2020-01-08
スロットマシンで「み」を見せると、参加者は66%の確率でお金を受け取れる。スロットマシンで「そ」と表示されると、お金を受け取れない。
Type: 写真
2020-01-08
赤色の点はこの研究で調べられた線条体の領域。研究者らは線条体領域と内側前頭前野領域(青い点)との相関を計算した。
Type: 写真
2020-01-08
左側にある図は、焦点をずらしたマイクロバブル共振器(上)と焦点の合っているマイクロバブル共振器(下)の光熱マップ2枚。右側にある2枚の写真は異なる形状の2つのマイクロバブル共振器の光学顕微鏡写真2枚。図中の白色スケールバーの長さはいずれも20μm。 画像提供: ACS Nano; https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acsnano.9b04702...
Type: 写真
2019-12-25
図4 左図、シナプス前末端、シナプス後細胞からの活動電位同時記録。 中央図、100 Hzのシナプス前末端活動電位によって後シナプス細胞に誘発された活動電位。刺激開始後1-2秒後(上段)、23-26秒後(中断)、49-50秒(下段)の記録。コントロール(黒)、微小管脱重合後(赤)、アクチン繊維脱重合後(緑)。右図、刺激後40-50秒の時点で誘発された活動電位の割合(%、シナプス後細胞活動電位数/...
Type: 写真
2019-12-25
図 3 放出部位の小胞補充速度に対する微小管、アクチン繊維の脱重合効果 小胞枯渇によるシナプス抑制後に、シナプス応答(EPSP/EPSC)が回復する時間経過。ここから小胞補充速度が算出される。微小管の脱重合はtsを特異的に延長させる(赤とピンク)。(B) 小胞補充速度と微小管脱重合程度の相関。 (C) アクチン繊維の脱重合は、即時補充速度(tf)を特異的に延長させる(緑)。
Type: 写真
2019-12-25
図2 ヘルドのカリックスにおける微小管(緑)とシナプス小胞(赤または黄色)の部分的共存をSTED像の3次元再構築により画像化。小胞の約半数(赤)が微小管から100 nm以内(平均距離44 nm)に存在し、他の半分(黄色)は100 nmより遠隔に存在する。
Type: 写真
2019-12-25
図1 (A)軸索とシナプス前末端 (B) シナプス伝達 細胞の中に張り巡らされてる細胞骨格タンパク質は、微小な管状構造をしているチューブリン重合体「微小管」と、螺旋状の繊維状構造のアクチン重合体「アクチン繊維」から形成され、これが細胞の構造と機能を支えている。神経細胞の微小管は軸索に存在していて、細胞体とシナプス前末端の間をつなぐレールとして分子やオルガネラの輸送を行っている(図1A)。...
Type: 写真
2019-12-20
ミミジロコバシミツスイのさえずりを示すスペクトログラム。
Type: 写真
2019-12-16
アコヤガイは1世紀以上にわたり日本で養殖されている。
Type: 写真
2019-12-16
日本の真珠貝(アコヤガイ)
Type: 写真
2019-12-10
放射温度計(左図のプロトタイプ)は、マイクロ波を利用して乳房(右側のスキャン)など体の一部を走査し、体内の温度を測定する。
Type: 写真
2019-12-09
共著者であるジェフリー・ジョリーが撮影したEuprymna brenneri (ブレナーミミイカ). 新種のEuprymna brenneriは、OISTの創立に尽力したシドニー・ブレナー博士が頭足類のゲノミクス分野の発展に重要な役割を果たしたことにちなんで命名されました。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ