2021-02-08
RAN経路の分解除去によって、NuMAタンパク質は影響を受けなかったが、HURPタンパク質は影響を受けたことが明らかになった。
Type: 写真
2021-02-08
細胞が分裂して2つの娘細胞を作るとき、すべての遺伝物質が均等に2つに分かれなければなりません。これが正しく行われるためには、紡錘体形成が非常に重要です。
Type: 写真
2021-01-29
塩化アンモニウムを添加することで、ペロブスカイト膜の粒が顕著に増大し、個数が減少した。その結果、粒界の数も減少した。
Type: 写真
2021-01-29
ペロブスカイト太陽電池デバイスが機能するためには、複数の層が必要である。ペロブスカイト活性層は太陽光を吸収して電荷キャリアを発生させる。輸送層は、電荷キャリアを電極に輸送して電流を流す。ペロブスカイト活性層は、多数の結晶粒で形成されている。これらの結晶粒同士の境界や、ペロブスカイト膜のピンホールなどの欠陥によって、太陽電池デバイスの効率と寿命が低下する。
Type: 写真
2020-12-24
海洋マイクロプラスチックを分析するため、沖縄周辺の6地点-南側、中部、北側のそれぞれ2カ所ずつ-を訪問し、サンプルを採取した。
Type: 写真
2020-12-24
プラスチックが全粒子に対して占める割合は、6地点の平均で17%を占めていた。最もプラスチックの割合が高かったのは、南部の中城沖で、全粒子の25%を占めていた。
Type: 写真
2020-12-16
画像3:最適化したパラメータと標準パラメータでの全脳のコネクトームの違い。  (左上)最適化したパラメータにより拡散MRI神経線維追跡アルゴリズムにより推定された全脳のコネクトーム。(右上)同じアルゴリズムで標準のパラメータにより推定されたコネクトーム。より少ない線維しか見ることができない。(下)推定された脳の領野間の結合の強さを行列として表したもの。...
Type: 写真
2020-12-16
画像2:最適化されたパラメータと標準パラメータによる神経線維追跡結果の比較 緑色は脳の1点に蛍光トレーサーを注入して検出された神経線維を、赤色は拡散MRI神経線維追跡により推定された線維のうち、トレーサー注入部位につながるものを示す。両者が一致している部分は黄色で示される。最適化したパラメータによる神経線維追跡(左)では、標準的に使われるパラメータによる結果(右)より多くの、...
Type: 写真
2020-12-15
2006年には、たった1つのタンパク質固有ペプチド配列からシナプスタンパク質が同定された。しかし、同じタンパク質に新しい方法を用いると多数の固有ペプチドが分離された。 
Type: 写真
2020-12-15
研究グループは、新たに同定された多くのSVタンパク質の中に脳疾患に関連するものが多数あることを明らかにした。
Type: 写真
2020-12-15
神経細胞は、私たちの体内の電気配線のようなもので、シナプスでつながっている。シナプスは、情報伝達に重要な役割を果たしている。シナプス内には、シナプス小胞(SV)のような複雑な分子装置があり、それらが共同作業して神経伝達を適切に行うように機能している。今回の研究では、シナプスを構成するすべてのタンパク質を網羅するシナプスプロテオーム解析を行なった。
Type: 写真
2020-12-14
イオントラップは、この小さな粒子の動きを減速させて空間中で留まらせ、観察できるようにする。この画像では、ちょうど中心部に原子が見える。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ