2022-05-23
研究グループは、120種のレイビシロアリのミトコンドリアゲノムを比較して包括的な系統樹を構築し、シロアリがどのように多様化し、世界中に拡散していったかを明らかにしました。 本画像は、プレスリリース「シロアリは、...
Type: 写真
2022-05-23
本研究では、世界中でレイビシロアリのサンプル採取が行われました。地図上の数字は、各地域で採取したサンプル数を示しています。本画像は、 プレスリリース「シロアリは、何千万年も世界の海を横断してきた」の関連画像です。
Type: 写真
2022-04-01
D13の構成要素はハニカム(はちの巣)格子を形成し、さらに拡大して円筒状や球状の構造体を形成した。本動画は、プレスリリース「ねじれた足場: クライオ電子顕微鏡でポックスウイルスの構成要素が明らかに」の関連動画です。
Type: 写真
2022-03-24
ある分子の鏡像体は、見た目は似ているが、異なる特性を持っている。リモネンを例にとると、一方はレモンの風味がするが、その鏡像体はオレンジの風味がする。本画像は、プレスリリース「安価で安全な、環境にも優しい触媒が、...
Type: 写真
2022-03-22
Strip1は、正しい網膜構造の形成に必要な細胞である網膜神経節細胞の生存に不可欠である。Strip1が欠損すると、網膜神経節細胞は死滅し、他の神経細胞がこれに置き換わるために内網状層に欠陥が生じる。本画像は、プレスリリース「...
Type: 写真
2022-03-22
眼は、眼球の奥に光の焦点を合わすことで機能します。そこには光受容体と呼ばれる光を感知する細胞が存在します。これによって活性化された電気信号が神経細胞の層を介して伝達されます。内網状層では、網膜神経節細胞を含む3種類の神経細胞が神経回路を形成しています。特に、網膜神経節細胞の長い突起は軸索と呼ばれ、視神経を形成し、脳の視覚中枢に投射しています。本画像は、プレスリリース「...
Type: 写真
2022-03-10
本画像は、励起子を構成する電子と正孔の運動量空間上での画像です。赤い塊は電子を表しています。上の画像はエネルギーを得て励起子を形成する電子、下の画像はそれぞれの電子に対応する正孔(丸で囲まれた部分)を示しています。正孔の周りをエネルギーを得ていない電子が取り囲んでいます。極端紫外線領域の光ビームを照射して材料から放出された電子の角度と速さを測定することで、エネルギー運動量空間をマッピングしました...
Type: 写真
2022-03-10
わずかに異なる2枚の層を特定の角度で重ね合わせると、モアレ模様が生じます。分光学の分野では、モアレ模様に合わせて材料中のエネルギー準位が変化します。この現象が「モアレポテンシャル」です。研究チームは、エネルギーが最小となる場所に励起子が集中する傾向があることを発見しました。本画像は、プレスリリース...
Type: 写真
2022-02-15
成膜前の基板にシーディングされた結晶粒が成長する様子をシミュレーションするために、本研究で使用したモデルの模式図。研究チームは、無孔質膜と多孔質膜の両方の合成を調査した。 完全ダイヤモンド合成:...
Type: 写真
2022-02-07
アストロサイト(「星状の細胞」の意)はユニークな形態をしている。内側の構造は星形をしているが、外側では微細突起が雲のような領域を形成し、近傍のすべてのシナプスを取り囲む。シナプスとは、ニューロン同士がコミュニケーションをとる接合部である。マウスのアストロサイトは推定約30万個のシナプスに接触し、補助しているとみられる。本画像は、プレスリリース「...
Type: 写真
2022-02-03
数字が書かれた横線は、5つの生物種の染色体を表している。同色の線の位置を見比べることで、異なるゲノム間で遺伝子群が対応している部分や、位置が異なっている部分が分かる。1つの染色体上で2色以上重なっている部分(ホタテガイでは4ヵ所で重なっている)は、祖先の2つの染色体またはその一部同士が混ざり合ったことを示している。 本画像は、...
Type: 写真
2022-01-31
ハイドロゲルブロックは、より強く対合する2本目のDNA鎖を加えると分解したため、2本目のDNA鎖は、ブロック同士を接合する2本のDNA鎖間の結合を阻害したといえる。本画像は、プレスリリース「DNAが接着剤に:...
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ