2021-07-13
OISTの研究者であるパヤル・シャー博士は、自然保護区の保全効果に関する世界規模の研究を行い、国別に「最も低い」(赤)から「最も高い」(深緑)までの範囲で評価しました。
Type: 写真
2021-06-22
研究チームは、粉末製造法を用いて、高品質なFAPbI3を合成しました。まず、酢酸ホルムアミジン(FAAc)とヨウ化水素酸(HI)を混合しました。次に、ヨウ化鉛(II)(PbI2)を加え、この混合物を90℃まで加熱しました。最後に、残った不純物や未反応物を水に溶かしてろ過しました。本図は、プレスリリース「ペロブスカイト太陽電池の未来がさらに明るく」の関連画像です。
Type: 写真
2021-06-15
液体ブリッジを破壊する従来の方法である引き上げ。ノズル(またはプレート)を引き上げると、液体ブリッジが伸びて破壊され、キャピラリーテールやサテライト液滴が形成される。 マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットの研究チームは、液体ブリッジをよりきれいに破壊する方法を研究し、...
Type: 写真
2021-06-14
ハリケーンが陸地に移動すると、水分の供給がなくなり、空気中の水分量が減少する。空気は、水蒸気が収容できなくなる温度に低下する前により高度に上昇するため、水蒸気の凝縮による熱の放出がより高い位置で発生し、暖気核がハリケーンの上半分に縮小する。一方で下層には上昇する空気によって寒気核が形成される。ピナキ・チャクラボルティー教授とリー・リン博士は...
Type: 写真
2021-06-14
北半球のハリケーンは、空気が反時計回りに猛烈な速さで回転する。その際、空気は中心に向かって吹き込みながら上昇し、外側に向かって吹き出す。湿った空気は上昇しながら凝縮して熱を放出し、ハリケーンの内部に暖気核を形成する。ピナキ・チャクラボルティー教授とリー・リン博士は...
Type: 写真
2021-05-19
2018年のデータが得られたOECD加盟国における女性研究者の割合(%) 出典:総務省「2020年科学技術研究調査結果の概要」
Type: 写真
2021-05-07
非線形・非平衡物理学ユニットのマヘッシュ・バンディ准教授が製作した酸素濃縮装置における、濃縮酸素生成のための窒素除去の手順。 4つのステップを繰り返して濃縮酸素を生成するサイクル。青と赤の矢印は、各ステップでの装置内の加圧空気の流れの変化を示している。
Type: 写真
2021-05-07
窒素分子を構造体に付着させて酸素分子を細孔から通過させることで分子のふるいとしての役割を果たすゼオライト5A。 非線形・非平衡物理学ユニットのマヘッシュ・バンディ准教授が製作した酸素濃縮装置にりようした分子構造。
Type: 写真
2021-04-23
サンゴは体作りが最も単純な動物の一種で、初期胚発生の段階で形成されるのは、胚葉と呼ばれる2層の細胞-内側の内胚葉と外側の外胚葉-のみである。各胚葉は最終的に、腸細胞、筋様細胞、神経様細胞、刺細胞(刺胞細胞)など、さまざまな種類の細胞に分化するが、各細胞型が発生過程でどのように形成されるかは、未解明である。
Type: 写真
2021-04-23
本研究で樹立した色も形も異なる3種類の細胞株の顕微鏡写真。
Type: 写真
2021-04-23
ウスエダミドリイシのプラヌラ幼生。
Type: 写真
2021-04-20
極小の物理学では、量子の奇妙な概念が適用される。電子は粒子であると同時に波でもあるため、電子の位置と運動量を同時に把握することは不可能である。しかし、励起子の確率雲によって正孔の周囲で電子が存在する確率が高い場所が示される。研究チームは、波動関数を測定して励起子の確率雲の画像を作成した。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ