2019-07-02
Journal of the American Chemical Society誌に掲載された本研究では、ヒスタミンを感知する人工細胞を合成した。ヒスタミンを感知すると、人工細胞は細胞膜を分解する酵素を合成し、自己破壊した。画像上列がヒスタミンなし、下列がヒスタミンありの細胞像...
Type: 写真
2019-06-14
OIST博士課程学生のアグニーシュ・バルアさんとアレクサンダー・ミケェエブ准教授が作成したデータには、Molecular Biology and Evolution...
Type: 写真
2019-05-28
ハン・ヤンさんが最近の研究で使った双曲線格子。 各格子は、重力を模倣しながら、集合的に状態を変化させる五角形を示す。
Type: 写真
2019-03-25
OISTマリンゲノミックスユニットは、単細胞生物の海ぶどうがこのような複雑な形体を発達させるのか調査を行った。 
Type: 写真
2019-02-18
行動の脳機構ユニットの研究者らは、パーキンソン病モデルマウスの脳に刺激を与え、異なる入力パターンに線条体ニューロンが異なる反応を示すことを確認。本研究結果は、パーキンソン病の脳の活動パターンがどう変化し、特徴的な症状を引き起こすかを解明するのに役立つかもしれない。
Type: 写真
2019-02-18
線条体アウトプットニューロンに連続光による刺激を与えると、マウスはパーキンソン病のマウスモデル特有の動きである、一方向への回転を開始。一方、パルス光を照射すると、マウスの脳の活動は正常に戻り、マウスは逆方向に回転した。
Type: 写真
2019-02-12
量子ダイナミクスユニットでは、二次元層の電子を液体ヘリウムに閉じ込め、密閉容器に投入し、絶対零度近くまで冷却。容器内では、上部にある金属プレートと球状の鏡がマイクロ波を反射し(赤いビーム状で表示)、マイクロ波の空洞(共振器)を形成。 閉じ込められたマイクロ波は、液体ヘリウム上に浮かんでいる電子と相互作用を起こす。
Type: 写真
2019-02-05
カゼインキナーゼⅡ(CKII)がDNAトポイソメラーゼ(トポⅡ)をリン酸化、これによりトポⅡのATP分解ドメインが活性化(左図)。 活性化により抗がん剤ICRF-193は効力を失う。CKIIの活動を抑制できれば(右図)ICRF-193は効力を取り戻す。G0細胞ユニットはこのメカニズムを分裂酵母で証明した。シンプルなモデル系として、抗がん剤スクリーニングへの利用が期待される。 
Type: 写真
2019-02-05
Ⅱ型DNAトポイソメラーゼ(トポⅡ)は細胞分裂時にDNA代謝を調節する主役であり、抗がん治療の重要標的である 。
Type: 写真
2019-02-05
Ⅱ型DNAトポイソメラーゼ(トポⅡ)が正常に働く場合、複製された分裂酵母の 染色体DNAは二つの娘細胞へと均等に分配される(左図)。 抗がん剤ICRF-193の影響下では、染色体DNAは母細胞の中心で絡まってしまい、正しい細胞分裂が起こらない(右図、矢印)。
Type: 写真
2019-01-29
肉眼では、線虫 C. elegance は、前進(左図)、後退(右図)、旋回(真ん中の図)の動きをしているように見える。 動的システムをモデル化する新しい方法により、OIST理論生物物理学ユニットとアムステルダム自由大学の研究者らは、それぞれの動きにおける微妙な差異を明らかにした。
Type: 写真
2018-12-17
図1 制御性T細胞のJunBを欠損したマウスは体重減少(a)および肺、大腸における過度の炎症(b)を伴う自己免疫疾患を発症する。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ