2022-09-29
細菌を高温で培養した場合など、増殖速度が速いときには、DNAの複製装置であるレプリソームというタンパク質の活動速度に変動が生じる。これは、複数のゲノムが同時に複製されるためであると考えられる。増殖速度が遅く、一度に1つのゲノムのみが複製される場合、レプリソームの活動速度に変動は見られない。 プレスリリース「...
Type: 写真
2022-09-20
多様化が起こるには、突然変異体がその前後の変異体と同等の適応度を維持する必要があります。変異体に悪影響を及ぼす突然変異が起こると、その他の変異体に到達する経路が断たれます。上図は、短い配列から派生する突然変異を示したものです。本図より、突然変異はその前の変異体と同等の適応度を維持すれば新しい変異体を形成し、適応度が低下すれば死に絶えることが見て取れます。なお、この配列は一例であり、...
Type: 写真
2022-09-20
本画像は、中立ネットワークがある場合の適応度地形を簡略化したものです。突然変異が起きても生物の適応度は保たれます。 プレスリリース「10万個の突然変異ネットワークを追跡」の関連画像。  
Type: 写真
2022-09-20
進化を山登りと捉え、この山の形状・起伏を表したのが「適応度地形」です。土地はあらゆる遺伝子配列(変異体)を表し、各地点の高度が、その変異体の適応度を表します。本画像は、古典的な適応度地形を簡略化したものです。通常、突然変異が起こると生物の適応度は失われ、山の峰から谷に落ちて生存も繁殖もしない可能性が高くなります。 プレスリリース...
Type: 写真
2022-08-31
コロナウイルスが楕円形であることが分かる顕微鏡画像。この形状が粒子の回転速度にどのような影響を与えるかを調べるため、様々な形状をモデル化した。この画像はPhysics of Fluids誌に掲載された研究論文に掲載されている。
Type: 写真
2022-08-08
神経細胞(ニューロン)の誕生については長年議論が交わされてきた。神経細胞が誕生したのは1度きりで、その後一部の動物系統で失われたと考える科学者もいれば、神経細胞は2度誕生しており、最初はクシクラゲにつながる系統で、2度目は刺胞動物や複雑な左右相称動物につながる系統で起きたと考える科学者もいる。
Type: 写真
2022-08-04
本世界地図は、種の希少度(分布範囲が非常に狭いアリの種が多い地域)を示しています。色が塗られている地域は、いずれも分布範囲が狭いアリの種にとって重要な地域であることを示しています。赤色で示した地域は、他の地域よりも研究が進んでいるため、重要性が高く見えている可能性がある地域です。紫色で示した地域は、現在のデータに基づいて重要であるとみなされていると同時に、...
Type: 写真
2022-08-04
本地図は、アジアにおいてアリの多様性が豊かな(分布範囲が狭いアリの種が多く潜んでいる)地域を示しています。今後、世界各地で研究が進むにつれて各地域の重要性が変わる可能性を色で示しています。赤色で示した地域は、重要性が低下すると予測され、紫色の地域は、今後より多くの地域で研究が進んでも、引き続き重要であるとみなされることが予測され、青色で示した地域は、多様なアリの種が潜んでいると予測されるため、...
Type: 写真
2022-07-02
曲形動物と苔虫動物の関係と進化系統樹における位置づけが、研究で明らかになりました。本研究により、これらがこれまで考えられていたよりも早い時期に軟体動物やミミズから分岐し、「ポリゾア」と呼ばれる別のグループに属することが明らかになりました。本画像は、...
Type: 写真
2022-06-22
PDHP5というペプチドは、注入されたタウ・タンパク質によってエンドサイトーシスとシナプス伝達が損なわれるのを防ぐ。本画像は、プレスリリース「アルツハイマー病におけるタウ・タンパク質の役割を解明」の関連画像です。
Type: 写真
2022-06-22
小胞リサイクルの重要な過程であるエクソサイトーシス(開口放出)とエンドサイトーシス(膜回収)。シナプス前末端膜の表面積は、エクソサイトーシスにより増大し、エンドサイトーシスによって減少するため、末端膜の表面積を電気測定することで、これらの過程のいずれが低下しているかを定することができる。本画像は、プレスリリース「...
Type: 写真
2022-06-09
PCRにより、単相の雄か雌か、複相かを判別できるようになり、交雑育種や適切な盤状体をモズク養殖に用いることが可能になる。プレスリリース「オキナワモズクの交雑育種や収穫量増に役立つPCR検査法の開発に成功」の関連画像です。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ