2019-09-10
Diamond and Related Materialsに掲載された図。(a)作製プロセスの各段階における基材断面図。 (b)ダイヤモンドで密閉されたチャネルを持つ(a)で作製されたガラス基材の暗視野光学顕微鏡写真 (c)25°の傾斜を持たせて走査型電子顕微鏡で撮影された中央のキャビティの画像。
Type: 写真
2019-09-04
キャプション:この図は実験で使用した液体ヘリウムと平行コンデンサプレートを含む銅のセルを表しています。 マイクロ波の照射が電子の量子状態を励起します。
Type: 写真
2019-08-26
DNA、酵素、その他DNA複製に必要な化合物を一つの液体の中に溶かし、プラスチックのチップ上に流し込む(「fluid in」)。チップ上でDNA(「基質(substrate)))がキノコ型ナノ構造に付着、同時に化学反応が起こる。反応に伴う吸光度の変化をセンサーが検知し、結果がスクリーンに伝送される。
Type: 写真
2019-07-25
クン准教授の膜電位イメージング法を用いて色素標識された一個のプルキンエ細胞。この手法により、脳の神経活動の視覚化が可能になる。
Type: 写真
2019-07-24
低温(4〜10K)および高磁場(26.5〜30T)の条件におけるCdCr₂O₄の負の熱膨張。
Type: 写真
2019-07-24
磁気スピネルCdCr₂O₄の顕微鏡写真。低温かつ高磁場の下で冷却すると膨張する。
Type: 写真
2019-07-18
今回Nature誌に掲載された論文において、研究者は世界で初めて分子レベルでの熱伝導の測定と理論的説明に成功した。図では、...
Type: 写真
2019-07-04
沖縄科学技術大学院大学(OIST)および大阪大学の研究者らは、XX付けのGenome Biology and Evolution誌に発表された研究で、寄生動物であるニハイチュウのゲノム配列を発表した。ニハイチュウはたった30個の細胞で構成されており、タコその他の頭足類の腎嚢内に見られる。
Type: 写真
2019-07-02
Journal of the American Chemical Society誌に掲載された本研究では、ヒスタミンを感知する人工細胞を合成した。ヒスタミンを感知すると、人工細胞は細胞膜を分解する酵素を合成し、自己破壊した。画像上列がヒスタミンなし、下列がヒスタミンありの細胞像...
Type: 写真
2019-06-14
OIST博士課程学生のアグニーシュ・バルアさんとアレクサンダー・ミケェエブ准教授が作成したデータには、Molecular Biology and Evolution...
Type: 写真
2019-05-28
ハン・ヤンさんが最近の研究で使った双曲線格子。 各格子は、重力を模倣しながら、集合的に状態を変化させる五角形を示す。
Type: 写真
2019-03-25
OISTマリンゲノミックスユニットは、単細胞生物の海ぶどうがこのような複雑な形体を発達させるのか調査を行った。 
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ