2020-07-01
野生型植物(上)では、DNA(青色の鎖)がメチル化され(赤のひし形部分)密に詰まっているため、潜在的転写開始点(TSS)にアクセスできない。 一方、エピジェネティック変異体(下)では、DNAメチル化が低下してアクセス可能になり、潜在的転写開始点が活性化される。
Type: 写真
2020-06-17
マイクロRNAは、長鎖ノンコーディングRNAを切断することにより、さらに、二次的な多種多様な小分子RNAの生成を促す. さらに、雄しべでは、この二次的な小分子RNAには、核酸を構成するアデニン (A)、ウラシル (U)、グアニン (G)、シトシン(C) のうち、ウラシルリッチな特徴的配列がみられ、雄しべのアルゴノートタンパク質と結合して、発生を制御している可能性が示唆される。
Type: 写真
2020-06-05
研究チームは、正と負の両方の曲率を含むリング状のダイヤモンドウィンドウの作製を目指している。
Type: 写真
2020-06-04
ひずみレベルを計算するため、レーザー顕微鏡を使用してダイヤモンドウィンドウの表面全体の高さを特定。 このダイヤモンドウィンドウでは、ガラス面に貼られたナノ結晶ダイヤモンドフィルムがウインドウ部分で、ガラス基板表面の下向きに湾曲する。
Type: 写真
2020-06-04
キャプション:ダイヤモンドウィンドウのしわは、ダイヤモンド層とガラス層の応力によって引き起こされる。 画像bのダイヤモンドウィンドウよりもサイズの小さい画像aのダイヤモンドウィンドウは、しわの密度が高くなっている。
Type: 写真
2020-05-08
ダイニンは2本の重鎖(水色)、2本の中間鎖(黄色)、4本の中間軽鎖(緑色)とダイニン軽鎖ロードブロックタイプ1(DYNLRB1、オレンジ色)を含む複数の軽鎖からなる。
Type: 写真
2020-05-08
Type: 写真
2020-04-24
図4 シナプス前末端におけるイソフルランの作用。A: 電位依存性カルシウム(Ca) チャネル電流の可逆的抑制(WO; washout)。サンプルトレース(上段)と電流電圧曲線(下段)。B: Ca流入量(横軸)と小胞開口放出量(縦軸)の関係。Ca流入量が増えると、開口放出が飽和して最大値に達する(黒)。イソフルラン(赤)はCa流入以降の開口放出機構に作用してこの最大値を抑制する。
Type: 写真
2020-04-24
図3 ラット脳幹スライス、カリックス・シナプスにおける麻酔薬の作用。 A:シナプス前末端(プレ)とシナプス後細胞(ポスト)からの活動電位(AP)同時記録。 B:2-200 HzのプレAP(緑)によって誘発されるポストAP。イソフルラン投与前(黒)投与後(赤)。 C:プレの刺激頻度に依存するポストAPの発火率(%)。
Type: 写真
2020-04-24
図2 A:実験方法:頭部を固定したマウスの大脳皮質第5層の32箇所に記録電極を置いて、約150個のニューロンから活動電位の発火を記録した。 B:上段:ランダムに発性する自発性発火に加えて、光感受性イオンチャネルを発現させたシナプス前ニューロンを青色光で刺激すると、刺激直後の一定のタイミングで発火が誘発される。活動電位(AP)発火を黒点表示。200回刺激を繰り返している(Trials)。...
Type: 写真
2020-04-24
図1 意識レベルの低下(上段→下段)に伴う脳波の変化
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ