2021-12-14
OISTの理事に就任したノーベル賞受賞者のベン・L・フェリンハ教授。
Type: 写真
2021-12-13
ロボットを使用して意思決定の基底にある神経ネットワークを解明しようとしているOISTの認知脳ロボティクス研究ユニットのチーム。 ロボットが経験に基づいて行動を変更する仕組み
Type: 写真
2021-11-30
一般的な蓄光材料 本画像は、プレスリリース「有機材料を用いた蓄光デバイスの高性能化に成功」に添付の画像です。
Type: 写真
2021-11-29
有機蓄光材料の発光の様子 本画像は、プレスリリース「有機材料を用いた蓄光デバイスの高性能化に成功」に添付の画像です。
Type: 写真
2021-11-25
二光子リソグラフィーを用いてポリマーを印刷して硬化させ、詳細に設計された構造を形成するNanoscribeプリンター。
Type: 写真
2021-11-25
電子顕微鏡で撮影したスキャフォールドは、再生するニューロンの伸展方向を誘導する構造に設計されている。画像A:スケールバー=100µm。画像B:スケールバー=1µm。
Type: 写真
2021-11-08
OISTのマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットを率いるエイミー・シェン教授は、流体力学分野への多大な貢献が認められ、2021年米国物理学会のフェローに選出されました。この画像は「...
Type: 写真
2021-10-25
植物エピジェネティクスユニットの研究チームは、実験室で条件を管理してマングローブを育て、塩分濃度の違いによる影響を調査しました。本研究成果は、プレスリリース「ストレスに強いマングローブの遺伝子の秘密を解明」...
Type: 写真
2021-10-25
海側で生育するマングローブ (左)は高い塩分濃度にさらされ、樹高が低く、河川側のマングローブ (右)は塩分濃度が低い汽水域にあり、樹高が高く、幹が太く、葉も大きいことが分かりました。これらの木の調査は、プレスリリース「...
Type: 写真
2021-10-20
賦活睡眠のような状態にある生後3カ月のコウイカ(セピア・ラティマヌス)。本画像は、ニュース記事「イカと話す研究者」の関連画像です。提供:テレサ・イグレシアス博士。
Type: 写真
2021-10-05
沖縄の川で観察されたヨロイボウズハゼの求愛行動。鮮やかな婚姻色を呈したオス(右)が、鰭を広げ、下半身を少し持ち上げ、種特有の模様をメス(左)にアピールする。この求愛行動は、海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した論文中...
Type: 写真
2021-10-05
(左)ヨロイボウズハゼ属の日本唯一の既知種であったヨロイボウズハゼLentipes armatusのオス。(右)沖縄の川で見つかったキジムナーボウズハゼLentipes kijimunaのオス。後者は海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した...
Type: 写真
Subscribe to 種類:写真