2019-01-22
(左から)ヤビン・チー准教授、論文筆頭著者のロンビン・チュウ博士、ゾンハオ・リウ博士が新たなペロブスカイト太陽電池モジュールのプロトタイプを披露。異なる材料を組み合わせることで、同タイプの太陽電池よりも3倍の寿命を持つようになった。
Type: 写真
2019-01-22
エネルギー材料と表面科学ユニットは、最適化された安定性と効率を備えた新しいペロブスカイト太陽電池モジュールを作製。プロトタイプは、写真にある小型扇風機の動力源となっている。
Type: 写真
2018-12-17
(左から)佐々木大樹研究員、小泉真一研究員、石川裕規准教授
Type: 写真
2018-12-13
(左から) OISTマリンゲノミックスユニットの佐藤矩行教授と井上潤研究員。両研究者によって、遺伝子の由来を推定し、ゲノムデータを種間で比較するウェブツールが新たに開発された。
Type: 写真
2018-12-06
自然界に良く見られるタンパク質のロスマンフォールドの画像を見せるタンパク質工学・進化ユニットのパオラ・ラウリーノ准教授(左)とパヌ・プラタップ・チョハン博士。
Type: 写真
2018-10-24
OIST生体分子電子顕微鏡解析ユニットのマティアス・ウォルフ准教授。セネカバレーウイルスと受容体ANTXR1との相互作用の詳細を明らかにした本論文の共同責任著者。
Type: 写真
2018-10-23
(左から)西辻光希研究員、久田香奈子技術員、將口栄一研究員、井上潤研究員、佐藤矩行教授
Type: 写真
2018-10-23
ベトナム科学技術アカデミーの科学者たちとの共同研究でカイヤンのゲノムが解読されました。写真最右端のPhuong T. Nguyen博士と右から3番目のOanh T. P. Kim博士が論文筆頭共同著者。
Type: 写真
2018-10-18
上:さまざまな形状に微細加工された細菌の枠組みを拡大した図。 下:成形された細菌のZリング形状が明らかな超解像蛍光顕微鏡画像(疑似カラーを合成)。
Type: 写真
2018-10-18
斬新なアイデア:細菌の成形は四角いスイカからインスピレーションを受けた
Type: 写真
2018-10-18
顕微鏡検査室で細菌Zリングを分析する研究者ビル・セダーストゥル博士(右)と共著者ヘレナ・チャン博士(左)。    
Type: 写真
2018-10-18
走査型電子顕微鏡で撮影された宿主細胞の表面から出芽する多数のエボラウイルス。他のウイルスと同様に、エボラウイルスは宿主細胞に感染し、その細胞の機能を利用して増殖する。    
Type: 写真
Subscribe to 種類:写真