2020-12-02
CCR4-NOT複合体による正常なTリンパ球の異常細胞死の防止機構
Type: 写真
2020-12-02
T細胞特異的なCNOT3欠損マウス(Cnot3fl/fl CD4-Cre)の胸腺では、コントロール(Cnot3fl/fl)に比べて、細胞死誘導因子mRNAのポリA鎖が伸長する。電気泳動の図(左)と各ポリA鎖の長さを持つmRNAの相対的存在比のプロット(右)。
Type: 写真
2020-12-02
T細胞特異的なCNOT3欠損マウス(Cnot3fl/fl CD4-Cre)では、赤字で示した細胞死誘導因子の遺伝子(Bbc3、Dap2ip)の発現が上昇する。
Type: 写真
2020-11-30
電子顕微鏡に半導体材料のサンプルをセットする、フェムト秒分光ユニットのスタッフサイエンティストで論文共同筆頭著者であるマイケル・マン博士。
Type: 写真
2020-11-30
極端紫外光のビームを整える、フェムト秒分光法ユニットのスタッフサイエンティストで共同筆頭著者のジュリアン・マデオ博士。
Type: 写真
2020-11-27
除幕式では、ブレナー博士の功績を称える顕彰状が同博士に対して贈られた。
Type: 写真
2020-11-27
ピーター・グルース学長は故シドニー・ブレナー博士の人柄や実績を紹介し、これまでの功績を称えた。
Type: 写真
2020-11-27
沖縄県副知事の謝花喜一郎氏が顕彰状を読み上げる様子。
Type: 写真
2020-11-27
顕彰像には「ビジョン」、「チャレンジ」、「イノベーション」の3つの言葉が刻まれ、OISTの構想を考えるブレナー博士の姿が表現されている。 シドニー・ブレナー博士は、2005年から2011年、OISTの前身である沖縄科学技術研究基盤機構の理事長を務めた。
Type: 写真
2020-11-27
沖縄県副知事の謝花喜一郎氏とOISTのピーター・グルース氏により、ブレナー博士の顕彰像が除幕された。
Type: 写真
2020-11-26
Type: 写真
2020-10-29
研究チームは、Y字型迷路の左右の側管に腕を入れるようにタコを訓練した。餌は迷路の左右両側に入っているが、不正解の方の餌は網で遮られている。写真は、タコが正しい側管を選択して報酬の餌を掴んでいる様子を示す。
Type: 写真
Subscribe to 種類:写真