2021-07-13
森林破壊は、木材や鉱山、農業などの目的で土地や資源を利用するために、以前は森林であった場所から木々を取り除くことです。保護区の重要な目的の一つは、こうした森林破壊を防ぐことで森林を保全することです。OISTのサイエンス・テクノロジーアソシエイトのパヤル・シャー博士は、衛星画像と統計ツールを用いて、国レベルでの保護地域の有効性を判断し、...
Type: 写真
2021-07-08
海水上昇の波が世界のあちこちで起き、サンゴは微細藻類である褐虫藻を失い、白化しています。OISTでは、海洋ゲノム科学研究部門を率いる佐藤矩行教授が、サンゴ(動物)と褐虫藻(藻類)がどのような相互作用を通して共生し、それがどのように崩れて白化が起こるのかを、培養細胞系を駆使して研究しています。
Type: 写真
2021-07-02
2019年のOISTの研究論文に記載されたダンゴイカの新種であるブレナーミミイカを同論文の共著者であるジェフリー・ジョリーさんが撮影した画像です。本画像は、プレスリリース「ダンゴイカ類の多様性が約6,600万年前の生物大量絶滅に起因していることを発見」の関連画像です。 新種のEuprymna brenneriは、OISTの創立に尽力したシドニー・...
Type: 写真
2021-07-02
スタッフサイエンティストのダン・ウォーレン博士とサイエンスコミュニケーターのルシー・ディッキーは、収録スタジオのすぐ外でポケモン探しを行いました。本画像は、ニュース記事「『ポケモンGO』からサンゴ礁魚類まで」の関連画像です。
Type: 写真
2021-06-22
OISTのエネルギー材料と表面科学ユニットでは、さまざまなサイズのペロブスカイト太陽電池およびモジュールを用いて研究しています。 本画像は、プレスリリース「ペロブスカイト太陽電池の未来がさらに明るく」関連画像です。
Type: 写真
2021-06-22
5×5平方センチメートルのペロブスカイト太陽電池モジュールを使用してリチウムイオン電池を充電する実証実験装置。 本画像は、プレスリリース「ペロブスカイト太陽電池の未来がさらに明るく」関連画像です。
Type: 写真
2021-06-08
マリン・サイエンス・ステーションでカクレクマノミを観察する海洋気候変動ユニットの魚類飼育担当者であるラドミラ・ネイマンさん
Type: 写真
2021-06-08
OIST SDGワーキンググループ : 後列左から学長室戦略リレーションシップスペシャリストの下地 邦拓さん、メディア連携セクション・マネジャーの大久保知美さん。前列左から ミサキ・タカバヤシ副研究科長、セシリア・ルー シニアアナリスト(IR及び企画)、ローレン・ハ准副学長(技術開発イノベーション担当)
Type: 写真
2021-06-08
カヤックで恩納村周辺の海域を探索する大学マリーンイニシアティブ(UMI)のメンバー
Type: 写真
2021-06-04
パプアニューギニアのミルン湾州ノーマンビー島のUpa-Upasina Reefで見られる火山ガスのCO2シープ。珊瑚礁下の火山から純粋なCO2が噴出して周辺の海水に溶け込み、今世紀末の海水と同等と予測される酸性化環境を作り出している。
Type: 写真
2021-06-01
2021年度のハーバード大学ラドクリフ研究所フェローに選ばれたOISTの生物多様性・複雑性研究ユニットを率いるエヴァン・エコノモ教授。
Type: 写真
2021-05-28
STEM分野で働く女性が直面する課題と、それぞれが望む変化について議論する(左から順に)司会者ルシー・ディッキー、アフシャン・ジャムシェイドさん、ボグナ・イグナトフスカ・ヤンコフスカ博士、増永あきさん、エイミー・シェン教授
Type: 写真
Subscribe to 種類:写真