2020-08-03
左から:シモーネ・ピゴロッティ准教授(OIST生物複雑性ユニット)、徳田岳教授(琉球大学熱帯生物圏研究センター)、金城幸宏博士(OIST進化ゲノミクスユニット)、トーマ・ブーギニョン准教授(同)
Type: 写真
2020-08-03
ゴキブリやシロアリの細胞内に生息するブラタバクテリウムを顕微鏡で観察。
Type: 写真
2020-07-27
左右非対称スプリットリングは特定の領域で20nmのポリスチレン粒子の捕捉に成功。
Type: 写真
2020-07-27
実験手法を説明するドムナ・コツィファキ博士
Type: 写真
2020-07-27
メタマテリアルを使ってナノ粒子を捕まえる。
Type: 写真
2020-07-17
ウィンクラー・トラップを使用すると、地面から採集した落葉などからアギトアリがエタノール入りのフラスコに溜まってく。
Type: 写真
2020-07-17
フィジーのアギトアリは、その頭部の大きさに比較して、下顎長が極端に多様化している。左の写真は下顎が短い種で、右の写真は下顎が長く発達した種。
Type: 写真
2020-07-15
(左)OISTエネルギー材料と表面科学ユニットでは、さまざまなサイズの太陽電池およびモジュールを用いて作業している。(右)本研究で研究者らは5cm´ 5cmの太陽電池モジュールを使用。
Type: 写真
2020-07-15
(左から)ヤビン・チー教授、ゾンハオ・リウ博士、小野勝也博士、デヨン・ソン博士、スースー・ホォ博士、ロンビン・チュウ博士
Type: 写真
2020-07-13
Prof. Mary Collins
Type: 写真
2020-07-08
マヒトデは日本でも北太平洋海域に生存する最も一般的なヒトデ。一方、アオヒトデは琉球列島の海でよく見られる。 
Type: 写真
Subscribe to 種類:写真