2021-03-22
マイヤーズ教授は小規模で的を絞った研究チームを組織し、OISTの3つの研究ユニットと共同研究を行っています。写真(左から):ガウラブ・アガヴェガーさん(エヴァン・エコノモ教授率いる生物多様性・複雑性研究ユニット所属);トゥレイシィー・エディシオさん(トマ・ブーギニョン准教授率いる進化ゲノミクスユニット所属);竹内猛博士(佐藤矩行教授率いるマリンゲノミックスユニット所属);鈴木慶彦博士(ジーン・...
Type: 写真
2021-03-17
サイエンス・テクノロジー・グループのアソシエイト研究員である小宮怜奈博士
Type: 写真
2021-03-17
有機光エレクトロニクスユニットを率いる嘉部量太准教授
Type: 写真
2021-03-05
2020年11月、シャオダン・ジョウ准教授はOISTに着任。
Type: 写真
2021-02-25
アウトリーチによって地域社会とつながり、自分たちの研究に疑問を持つことができるとして、他の科学者にも参加も勧めるアイバン・ンボゴさん
Type: 写真
2021-02-25
2021年1月30日(土)にオンラインで開催されたOISTサイエンスフェスタを見る子どもたち。総合司会を務めるマイケル・クーパーさんとヤナ・マネヴァさんの姿。
Type: 写真
2021-02-24
サイエンスアウトリーチの重要性について話すサイエンスコミュニケーションスタッフのルシー・ディッキーとポストドクトラルスカラーのクリストファー・ペトコフ博士
Type: 写真
2021-02-22
沖縄周辺でよく見られるウスエダミドリイシには茶色、黄緑色、紫色の3色がある 写真提供:毛塚大輔さん
Type: 写真
2021-02-22
緑色のサンゴ(写真の右下)は紫色(その上)や茶色のサンゴよりも海水温の上昇に対する耐性が高く、その背景にあると考えられるタンパク質の遺伝的要因が今回の研究で明らかになった 写真提供:新宅航平さん
Type: 写真
2021-02-22
沖縄県で3色のサンゴを20年間飼育してきた私設水族館「有限会社 海の種」は本研究に欠かせない役割を果たした。
Type: 写真
2021-02-08
清光智美准教授
Type: 写真
2021-01-29
研究者チームは、5x5平方センチメートルと10x10平方センチメートルの太陽電池モジュールを製作した。これは、従来研究室で作られていた1.5x1.5平方センチメートルのものよりもはるかに大きいが、市販のソーラーパネルよりは小さい。
Type: 写真
Subscribe to 種類:写真