2020-09-09
極低温世界での原子の研究において、1日の取り組みを終えたトーマス・ブッシュ教授(左)、トーマス・フォガティ博士
Type: 写真
2020-08-31
本研究に関わったOIST細胞シグナルユニットの研究者。左から、栁谷朗子博士、ディナ・モスタファ博士、山本雅教授
Type: 写真
2020-08-21
画像の下方に皮質の第6層のニューロンの細胞体がある。ニューロンは樹状突起を持ち、この樹状突起は皮質の他の層を通りながらそれぞれの層から情報を受け取る。第6層のニューロンは、皮質全体の長さにもなる。
Type: 写真
2020-08-21
皮質の第6層にあるニューロンを調べた研究を完成させたシギタ・オーガスティネイト博士とベアン・クン教授
Type: 写真
2020-08-11
田中和正准教授
Type: 写真
2020-08-11
記憶研究ユニットのメンバーと研究について議論する田中和正准教授
Type: 写真
2020-08-11
OISTで新たに立ち上げた研究室で、顕微鏡でサンプルを観察する田中和正准教授
Type: 写真
2020-08-03
左から:シモーネ・ピゴロッティ准教授(OIST生物複雑性ユニット)、徳田岳教授(琉球大学熱帯生物圏研究センター)、金城幸宏博士(OIST進化ゲノミクスユニット)、トーマ・ブーギニョン准教授(同)
Type: 写真
2020-08-03
ゴキブリやシロアリの細胞内に生息するブラタバクテリウムを顕微鏡で観察。
Type: 写真
2020-07-27
左右非対称スプリットリングは特定の領域で20nmのポリスチレン粒子の捕捉に成功。
Type: 写真
2020-07-27
メタマテリアルを使ってナノ粒子を捕まえる。
Type: 写真
2020-07-27
実験手法を説明するドムナ・コツィファキ博士
Type: 写真
Subscribe to 種類:写真