2021-04-23
サンゴは体作りが最も単純な動物の一種で、初期胚発生の段階で形成されるのは、胚葉と呼ばれる2層の細胞-内側の内胚葉と外側の外胚葉-のみである。各胚葉は最終的に、腸細胞、筋様細胞、神経様細胞、刺細胞(刺胞細胞)など、さまざまな種類の細胞に分化するが、各細胞型が発生過程でどのように形成されるかは、未解明である。
Type: 写真
2021-04-20
極小の物理学では、量子の奇妙な概念が適用される。電子は粒子であると同時に波でもあるため、電子の位置と運動量を同時に把握することは不可能である。しかし、励起子の確率雲によって正孔の周囲で電子が存在する確率が高い場所が示される。研究チームは、波動関数を測定して励起子の確率雲の画像を作成した。
Type: 写真
2021-04-20
励起子は、厳密には粒子(particles)ではなく、準粒子(quasiparticles)である(quasi-はラテン語で「ほとんど」という意味)。励起された負電荷の電子と正電荷の正孔が静電気力で引き合うことで生成される。正孔とは、励起された電子の後に残る空間のことで、それ自体が準粒子の一種である。
Type: 写真
2021-04-12
ニューロンは通常、細胞体、樹状突起、軸索からなる。樹状突起は枝分かれした構造で、他のニューロンからの信号を受け取り、軸索は他のニューロンに信号を伝達する。プルキンエ細胞は、脳内のすべてのニューロンの中で、最も広範に枝分かれする樹状突起を持つ。
Type: 写真
2021-03-22
ゲノムを構成する長いDNAは、染色体と呼ばれる構造にまとまっている。染色体の末端のテロメアと中央のセントロメアには、組み立てが容易でない反復DNA配列が詰まっている。
Type: 写真
2021-03-22
ペアエンドショットガンシーケンシングは、まずヒトゲノムのコピーを複数作成し、各コピーを小さな断片に「ショットガン」で裁断してランダムな位置で分割する。断片の末端の配列を解読し、コンピュータアルゴリズムで重複する末端を合わせてゲノムを元の形につなぎ合わせる
Type: 写真
2021-01-29
ペロブスカイト太陽電池デバイスが機能するためには、複数の層が必要である。ペロブスカイト活性層は太陽光を吸収して電荷キャリアを発生させる。輸送層は、電荷キャリアを電極に輸送して電流を流す。ペロブスカイト活性層は、多数の結晶粒で形成されている。これらの結晶粒同士の境界や、ペロブスカイト膜のピンホールなどの欠陥によって、太陽電池デバイスの効率と寿命が低下する。
Type: 写真
2021-01-20
この実験では、マウスは飼育箱の開口部を介して手を伸ばし、餌(ここではプレゼントと表現)をつかむように訓練されています。研究者らは、2種類の異なるニューロンを抑制したり、興奮させたりすることで、タスクの成功率や失敗の仕方に影響を与えるかどうかに関心を持っていました。D1ニューロンは緑色、D2ニューロンは赤色で示されています。
Type: 写真
2020-11-30
まず光ポンプパルスで電子を励起して励起子を生成する。その後、極端紫外光パルスの光子が励起子内の電子を物質から電子顕微鏡内の真空中に取り出す。飛び出してきた電子のエネルギーと角度を電子顕微鏡で測定する。
Type: 写真
2020-11-30
遷移金属ダイカルコゲナイド単層(TMDs)として知られる新たなクラスの半導体は、グラフェンに似た構造を持っています。 TMDsは、六方晶の結晶格子を形成するように配置された原子1層のみで構成されています。
Type: 写真
2020-11-26
内側前頭前野(mPFC)、前頭眼窩野(OFC)、側坐核(NAc)それぞれに投射するセロトニン神経(黒い矢印)を刺激したときに、不確実なタイミングでエサが出る課題(例:エサが2、6、10秒後のいずれかで出る)と、一定のタイミングでエサが出る課題(例:エサが必ず6秒後に出る)とで報酬を待つ行動にどのような影響が生じるのかを調べました。その結果、...
Type: 写真
2020-11-26
背側縫線核(DRN)のセロトニン神経(緑色の矢印)は、側坐核(NAc)、前頭眼窩野(OFC)、内側前頭前野(mPFC)など複数の脳領域に投射する。
Type: 写真
Subscribe to 種類:イラスト