2022-09-15
量子ビットはデコヒーレンスと呼ばれる環境要因の影響を受けてランダムに回転する。中央の図の中心で反転している量子ビットは、量子誤りを表している。QECスキームは、このような誤りを検出・訂正して量子ビットを元の状態に戻す役割を果たす。 この画像は、プレスリリース "...
Type: 写真
2022-09-15
3つの量子ビットにMBE-CQECスキームがどのように機能するかを示す模式図。従来型コンピュータが推定器(右)として量子コンピュータ(左)の量子ビットを連続測定する。 推定器はシンドローム測定により誤りを検出し、適切なフィードバックを行って誤りを訂正する。 この画像は、プレスリリース "...
Type: 写真
2022-08-31
コロナウイルスが楕円形であることが分かる顕微鏡画像。この形状が粒子の回転速度にどのような影響を与えるかを調べるため、様々な形状をモデル化した。この画像はPhysics of Fluids誌に掲載された研究論文に掲載されている。
Type: 写真
2022-08-24
琉球諸島の沖縄本島、宮古島、石垣島、西表島の4島のマングローブ林の交わりの度合いを調査した。 人類にとって重要な役割を果たすマングローブの保全を目指して
Type: 写真
2022-08-08
神経細胞(ニューロン)の誕生については長年議論が交わされてきた。神経細胞が誕生したのは1度きりで、その後一部の動物系統で失われたと考える科学者もいれば、神経細胞は2度誕生しており、最初はクシクラゲにつながる系統で、2度目は刺胞動物や複雑な左右相称動物につながる系統で起きたと考える科学者もいる。
Type: 写真
2022-06-22
PDHP5というペプチドは、注入されたタウ・タンパク質によってエンドサイトーシスとシナプス伝達が損なわれるのを防ぐ。本画像は、プレスリリース「アルツハイマー病におけるタウ・タンパク質の役割を解明」の関連画像です。
Type: 写真
2022-06-22
小胞リサイクルの重要な過程であるエクソサイトーシス(開口放出)とエンドサイトーシス(膜回収)。シナプス前末端膜の表面積は、エクソサイトーシスにより増大し、エンドサイトーシスによって減少するため、末端膜の表面積を電気測定することで、これらの過程のいずれが低下しているかを定することができる。本画像は、プレスリリース「...
Type: 写真
2022-06-09
PCRにより、単相の雄か雌か、複相かを判別できるようになり、交雑育種や適切な盤状体をモズク養殖に用いることが可能になる。プレスリリース「オキナワモズクの交雑育種や収穫量増に役立つPCR検査法の開発に成功」の関連画像です。
Type: 写真
2022-06-09
種付け・芽出しでは芽が出ないモズク、沖出しでは網からモズクが落ちる芽落ち、高水温等の影響に収穫できない、などの問題がある。そのため生産量は安定していない。プレスリリース「...
Type: 写真
2022-06-09
オキナワモズクは単相 (雌雄)、複相の両方で盤状体が存在する。これらは見た目で判別することができない。プレスリリース「オキナワモズクの交雑育種や収穫量増に役立つPCR検査法の開発に成功」の関連画像です。
Type: 写真
2022-05-31
Type: 写真
2022-04-18
好白蟻性ハネカクシがコロニーに侵入する過程を感染症モデルに当てはめた枠組み  本画像は、共同プレスリリース「シロアリの巣に住む昆虫の進化を促すものは何か?」の関連画像です。
Type: 写真
Subscribe to 種類:イラスト