2022-04-18
好白蟻性ハネカクシがコロニーに侵入する過程を感染症モデルに当てはめた枠組み  本画像は、共同プレスリリース「シロアリの巣に住む昆虫の進化を促すものは何か?」の関連画像です。
Type: 写真
2022-04-01
D13の構成要素はハニカム(はちの巣)格子を形成し、さらに拡大して円筒状や球状の構造体を形成した。本動画は、プレスリリース「ねじれた足場: クライオ電子顕微鏡でポックスウイルスの構成要素が明らかに」の関連動画です。
Type: 写真
2022-03-24
ある分子の鏡像体は、見た目は似ているが、異なる特性を持っている。リモネンを例にとると、一方はレモンの風味がするが、その鏡像体はオレンジの風味がする。本画像は、プレスリリース「安価で安全な、環境にも優しい触媒が、...
Type: 写真
2022-03-10
わずかに異なる2枚の層を特定の角度で重ね合わせると、モアレ模様が生じます。分光学の分野では、モアレ模様に合わせて材料中のエネルギー準位が変化します。この現象が「モアレポテンシャル」です。研究チームは、エネルギーが最小となる場所に励起子が集中する傾向があることを発見しました。本画像は、プレスリリース...
Type: 写真
2022-03-10
半導体材料に光を照射すると、光の粒子が材料中の電子(図中の青色の粒)と相互作用します。その結果、電子は高いエネルギー準位に励起し、その際にエネルギー準位の低い元の場所に正孔が空きます。この電子と正孔は逆に帯電しているため、お互いの周りを回転し、一瞬の間、励起子を形成します。本画像は、プレスリリース...
Type: 写真
2022-02-15
ボロノイ図の例。ボロノイ図は、細胞や骨の構造をモデル化する生物学者から、感染症の原因を特定する疫学者や、森林の林冠の発達パターンを調べる生態学者まで、科学や工学のさまざまな分野で知られている。 ウィキメディア・コモンズ、CC BY-SA 4.0...
Type: 写真
2022-02-07
アストロサイト(「星状の細胞」の意)はユニークな形態をしている。内側の構造は星形をしているが、外側では微細突起が雲のような領域を形成し、近傍のすべてのシナプスを取り囲む。シナプスとは、ニューロン同士がコミュニケーションをとる接合部である。マウスのアストロサイトは推定約30万個のシナプスに接触し、補助しているとみられる。本画像は、プレスリリース「...
Type: 写真
2022-01-31
ハイドロゲルブロックは、より強く対合する2本目のDNA鎖を加えると分解したため、2本目のDNA鎖は、ブロック同士を接合する2本のDNA鎖間の結合を阻害したといえる。本画像は、プレスリリース「DNAが接着剤に:...
Type: 写真
2022-01-31
ハイドロゲルブロックは、その表面にあるDNA鎖が対合しているため、自ら色別のグループに分かれることができた。本画像は、プレスリリース「DNAが接着剤に: DNAの力により自力で組織化するゲルブロックを作製」の関連画像です。
Type: 写真
2022-01-31
赤と緑のハイドロゲルブロックは、表面に付着した対合するDNA鎖同士で塩基対を形成することにより、結合することができた。本画像は、プレスリリース「DNAが接着剤に: DNAの力により自力で組織化するゲルブロックを作製」...
Type: 写真
2022-01-31
塩基対形成は非常に特異的なプロセスであるため、対合するDNA鎖の設計に利用することができる。本画像は、プレスリリース「DNAが接着剤に: DNAの力により自力で組織化するゲルブロックを作製」の関連画像です。
Type: 写真
2022-01-24
金属ハロゲン化物ペロブスカイトの結晶構造では、金属原子(濃い赤色の球)をハロゲン化物イオン(緑色の小球)が取り囲む八面体構造(ピンク色)をとる。4つの八面体の中央には、陽イオン(オレンジ色の球)が存在する。本画像は、プレスリリース「...
Type: 写真
Subscribe to 種類:イラスト