2021-10-15
iScience誌に掲載された新たな研究では、前脳でXRN1が欠損した変異マウスを作製しました。XRN1は、mRNAの分解に重要な役割を果たすタンパク質です。研究チームは、変異マウスの視床下部では、食欲を刺激する分子であるAgRPの産生が増加していることを発見しました。また、血中のレプチン、インスリン、血糖の濃度も上昇し、脂肪をエネルギー源として有効に利用できなくなっていました。...
Type: 写真
2021-10-05
ゲノム全体における特定部位の配列の変異を解析した結果、ヨロイボウズハゼ属のオスが4系統に区別され、それぞれ4つの色彩型と完全に一致することが示された。白抜き灰色のシンボルは各種のメスを示す。オスとは異なり、メスの体色には種による違いが見出されなかった。海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した...
Type: 写真
2021-09-17
さまざまな規模で発生する乱流の渦。本画像は、プレスリリース「ファイバートラッキング(繊維追跡法) で乱流の重要な新事実が判明」の関連画像です。
Type: 写真
2021-09-10
ペロブスカイト結晶構造に塩素が取り込まれると、ペロブスカイト層の表面にくぼみが生じる。これは、ヨウ素とより小さな塩素との間に高さの差が生じたためである。
Type: 写真
2021-08-24
Physical Review Lettersに掲載された論文で、マルコ・エドアルド・ロスティ准教授は大きな乱流と小さな乱流が混在する流体パフを研究しました。
Type: 写真
2021-07-13
OISTの研究者であるパヤル・シャー博士は、自然保護区の保全効果に関する世界規模の研究を行い、国別に「最も低い」(赤)から「最も高い」(深緑)までの範囲で評価しました。
Type: 写真
2021-06-15
液体ブリッジを破壊する従来の方法である引き上げ。ノズル(またはプレート)を引き上げると、液体ブリッジが伸びて破壊され、キャピラリーテールやサテライト液滴が形成される。 マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットの研究チームは、液体ブリッジをよりきれいに破壊する方法を研究し、...
Type: 写真
2021-06-14
ハリケーンが陸地に移動すると、水分の供給がなくなり、空気中の水分量が減少する。空気は、水蒸気が収容できなくなる温度に低下する前により高度に上昇するため、水蒸気の凝縮による熱の放出がより高い位置で発生し、暖気核がハリケーンの上半分に縮小する。一方で下層には上昇する空気によって寒気核が形成される。ピナキ・チャクラボルティー教授とリー・リン博士は...
Type: 写真
2021-06-14
北半球のハリケーンは、空気が反時計回りに猛烈な速さで回転する。その際、空気は中心に向かって吹き込みながら上昇し、外側に向かって吹き出す。湿った空気は上昇しながら凝縮して熱を放出し、ハリケーンの内部に暖気核を形成する。ピナキ・チャクラボルティー教授とリー・リン博士は...
Type: 写真
2021-05-07
非線形・非平衡物理学ユニットのマヘッシュ・バンディ准教授が製作した酸素濃縮装置における、濃縮酸素生成のための窒素除去の手順。 4つのステップを繰り返して濃縮酸素を生成するサイクル。青と赤の矢印は、各ステップでの装置内の加圧空気の流れの変化を示している。
Type: 写真
2021-04-27
OIST生物システムユニットの研究チームは、2種類の排水を処理する独創的な方法を考案した。微生物を利用することで、排水処理を進めると同時に、排水から大切な栄養素も回収する。同装置は、イオン交換膜で隔てられた2つのチャンバーを持つポリアクリル製の反応装置と3つの電極で構成されている。
Type: 写真
2021-04-23
サンゴは体作りが最も単純な動物の一種で、初期胚発生の段階で形成されるのは、胚葉と呼ばれる2層の細胞-内側の内胚葉と外側の外胚葉-のみである。各胚葉は最終的に、腸細胞、筋様細胞、神経様細胞、刺細胞(刺胞細胞)など、さまざまな種類の細胞に分化するが、各細胞型が発生過程でどのように形成されるかは、未解明である。
Type: 写真
Subscribe to 種類:イラスト