2022-03-09
キャプション EFポリマー社の石井良明氏(右)が、環境大臣政務官の穂坂泰氏よりGreen Startup Pitchの表彰状を授与されました。
Type: 写真
2022-03-07
2022年3月2日に行われた叙勲式で、フランス共和国の国家功労勲章オフィシエに叙された根本香絵トランジショナル教授。本画像は、プレスリリース「根本香絵博士がフランス国家功労勲章を受章」の関連画像です。
Type: 写真
2022-01-31
ハイドロゲルブロックは、より強く対合する2本目のDNA鎖を加えると分解したため、2本目のDNA鎖は、ブロック同士を接合する2本のDNA鎖間の結合を阻害したといえる。本画像は、プレスリリース「DNAが接着剤に:...
Type: 写真
2022-01-31
ハイドロゲルブロックは、その表面にあるDNA鎖が対合しているため、自ら色別のグループに分かれることができた。本画像は、プレスリリース「DNAが接着剤に: DNAの力により自力で組織化するゲルブロックを作製」の関連画像です。
Type: 写真
2022-01-31
赤と緑のハイドロゲルブロックは、表面に付着した対合するDNA鎖同士で塩基対を形成することにより、結合することができた。本画像は、プレスリリース「DNAが接着剤に: DNAの力により自力で組織化するゲルブロックを作製」...
Type: 写真
2022-01-31
塩基対形成は非常に特異的なプロセスであるため、対合するDNA鎖の設計に利用することができる。本画像は、プレスリリース「DNAが接着剤に: DNAの力により自力で組織化するゲルブロックを作製」の関連画像です。
Type: 写真
2021-12-14
OISTの理事に就任したノーベル賞受賞者のベン・L・フェリンハ教授。
Type: 写真
2021-12-13
ロボットを使用して意思決定の基底にある神経ネットワークを解明しようとしているOISTの認知脳ロボティクス研究ユニットのチーム。 ロボットが経験に基づいて行動を変更する仕組み
Type: 写真
2021-11-08
OISTのマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットを率いるエイミー・シェン教授は、流体力学分野への多大な貢献が認められ、2021年米国物理学会のフェローに選出されました。この画像は「...
Type: 写真
2021-10-26
OISTの理事会メンバーであり、国際学術会議次期会長に選出された小谷元子博士。
Type: 写真
2021-10-15
iScience誌に掲載された新たな研究では、前脳でXRN1が欠損した変異マウスを作製しました。XRN1は、mRNAの分解に重要な役割を果たすタンパク質です。研究チームは、変異マウスの視床下部では、食欲を刺激する分子であるAgRPの産生が増加していることを発見しました。また、血中のレプチン、インスリン、血糖の濃度も上昇し、脂肪をエネルギー源として有効に利用できなくなっていました。...
Type: 写真
Subscribe to 向き:縦