2021-12-14
OISTの理事に就任したノーベル賞受賞者のベン・L・フェリンハ教授。
Type: 写真
2021-12-13
ロボットを使用して意思決定の基底にある神経ネットワークを解明しようとしているOISTの認知脳ロボティクス研究ユニットのチーム。 ロボットが経験に基づいて行動を変更する仕組み
Type: 写真
2021-11-08
OISTのマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットを率いるエイミー・シェン教授は、流体力学分野への多大な貢献が認められ、2021年米国物理学会のフェローに選出されました。この画像は「...
Type: 写真
2021-10-26
OISTの理事会メンバーであり、国際学術会議次期会長に選出された小谷元子博士。
Type: 写真
2021-10-15
iScience誌に掲載された新たな研究では、前脳でXRN1が欠損した変異マウスを作製しました。XRN1は、mRNAの分解に重要な役割を果たすタンパク質です。研究チームは、変異マウスの視床下部では、食欲を刺激する分子であるAgRPの産生が増加していることを発見しました。また、血中のレプチン、インスリン、血糖の濃度も上昇し、脂肪をエネルギー源として有効に利用できなくなっていました。...
Type: 写真
2021-09-17
さまざまな規模で発生する乱流の渦。本画像は、プレスリリース「ファイバートラッキング(繊維追跡法) で乱流の重要な新事実が判明」の関連画像です。
Type: 写真
2021-07-26
 シークワーサーは、沖縄経済において重要な特産品であり、様々な製品の原料として利用されています。県内では、大宜味村と名護市勝山が最大の生産地です。写真(上):名護市勝山産の製品。出典:有限会社勝山シークヮーサー 。写真(下): 大宜味村産の製品。 出典:  Hidekazu Sumi 本画像は、プレスリリース「沖縄の「シークワーサー」、出自の謎が明らかに」に掲載されています。
Type: 写真
2021-06-08
マリン・サイエンス・ステーションでカクレクマノミを観察する海洋気候変動ユニットの魚類飼育担当者であるラドミラ・ネイマンさん
Type: 写真
2021-05-21
 甲状腺ホルモンを投与したカクレクマノミの仔魚は、投与していない対照群に比べて、早い発育段階で多くの白帯を形成した。画像は、対照群のカクレクマノミの仔魚(上)と、甲状腺ホルモンの投与から5日後の仔魚(下)。これらの知見は、海洋生態進化発生生物学ユニットを率いるヴィンセント・ラウデット教授が調整役を務めた...
Type: 写真
2021-05-19
女性科学者活躍支援のためのリタ・R・コルウェル・インパクト基金
Type: 写真
2021-05-19
ハワイのすばる望遠鏡と国立天文台の30メートル望遠鏡(TMT)プロジェクトのアウトリーチ・スペシャリストを務めるOIST財団教育大使の嘉数悠子博士
Type: 写真
Subscribe to 向き:縦