2022-06-09
PCRにより、単相の雄か雌か、複相かを判別できるようになり、交雑育種や適切な盤状体をモズク養殖に用いることが可能になる。プレスリリース「オキナワモズクの交雑育種や収穫量増に役立つPCR検査法の開発に成功」の関連画像です。
Type: 写真
2022-05-23
このほどOIST理論科学客員プログラムのアカデミックコーディネーターとして着任したヨナス・フィッシャー博士。
Type: 写真
2022-05-23
研究グループは、120種のレイビシロアリのミトコンドリアゲノムを比較して包括的な系統樹を構築し、シロアリがどのように多様化し、世界中に拡散していったかを明らかにしました。 本画像は、プレスリリース「シロアリは、...
Type: 写真
2022-05-19
東京都の帝国ホテルにて開催されたJapan Prize「日本国際賞」授賞式で受賞したスバンテ・ペーボ OIST教授
Type: 写真
2022-04-28
2005年10月13日に行われた、沖縄科学技術研究基盤準備機構発足報告会で挨拶される尾身幸次氏。
Type: 写真
2022-03-10
本画像は、励起子を構成する電子と正孔の運動量空間上での画像です。赤い塊は電子を表しています。上の画像はエネルギーを得て励起子を形成する電子、下の画像はそれぞれの電子に対応する正孔(丸で囲まれた部分)を示しています。正孔の周りをエネルギーを得ていない電子が取り囲んでいます。極端紫外線領域の光ビームを照射して材料から放出された電子の角度と速さを測定することで、エネルギー運動量空間をマッピングしました...
Type: 写真
2022-03-10
わずかに異なる2枚の層を特定の角度で重ね合わせると、モアレ模様が生じます。分光学の分野では、モアレ模様に合わせて材料中のエネルギー準位が変化します。この現象が「モアレポテンシャル」です。研究チームは、エネルギーが最小となる場所に励起子が集中する傾向があることを発見しました。本画像は、プレスリリース...
Type: 写真
2022-03-09
キャプション EFポリマー社の石井良明氏(右)が、環境大臣政務官の穂坂泰氏よりGreen Startup Pitchの表彰状を授与されました。
Type: 写真
2022-03-07
2022年3月2日に行われた叙勲式で、フランス共和国の国家功労勲章オフィシエに叙された根本香絵トランジショナル教授。本画像は、プレスリリース「根本香絵博士がフランス国家功労勲章を受章」の関連画像です。
Type: 写真
2022-01-31
ハイドロゲルブロックは、より強く対合する2本目のDNA鎖を加えると分解したため、2本目のDNA鎖は、ブロック同士を接合する2本のDNA鎖間の結合を阻害したといえる。本画像は、プレスリリース「DNAが接着剤に:...
Type: 写真
2022-01-31
ハイドロゲルブロックは、その表面にあるDNA鎖が対合しているため、自ら色別のグループに分かれることができた。本画像は、プレスリリース「DNAが接着剤に: DNAの力により自力で組織化するゲルブロックを作製」の関連画像です。
Type: 写真
2022-01-31
赤と緑のハイドロゲルブロックは、表面に付着した対合するDNA鎖同士で塩基対を形成することにより、結合することができた。本画像は、プレスリリース「DNAが接着剤に: DNAの力により自力で組織化するゲルブロックを作製」...
Type: 写真
Subscribe to 向き:縦