2021-09-17
さまざまな規模で発生する乱流の渦。本画像は、プレスリリース「ファイバートラッキング(繊維追跡法) で乱流の重要な新事実が判明」の関連画像です。
Type: 写真
2021-07-26
 シークワーサーは、沖縄経済において重要な特産品であり、様々な製品の原料として利用されています。県内では、大宜味村と名護市勝山が最大の生産地です。写真(上):名護市勝山産の製品。出典:有限会社勝山シークヮーサー 。写真(下): 大宜味村産の製品。 出典:  Hidekazu Sumi 本画像は、プレスリリース「沖縄の「シークワーサー」、出自の謎が明らかに」に掲載されています。
Type: 写真
2021-06-08
マリン・サイエンス・ステーションでカクレクマノミを観察する海洋気候変動ユニットの魚類飼育担当者であるラドミラ・ネイマンさん
Type: 写真
2021-05-21
 甲状腺ホルモンを投与したカクレクマノミの仔魚は、投与していない対照群に比べて、早い発育段階で多くの白帯を形成した。画像は、対照群のカクレクマノミの仔魚(上)と、甲状腺ホルモンの投与から5日後の仔魚(下)。これらの知見は、海洋生態進化発生生物学ユニットを率いるヴィンセント・ラウデット教授が調整役を務めた...
Type: 写真
2021-05-19
ハワイのすばる望遠鏡と国立天文台の30メートル望遠鏡(TMT)プロジェクトのアウトリーチ・スペシャリストを務めるOIST財団教育大使の嘉数悠子博士
Type: 写真
2021-05-19
女性科学者活躍支援のためのリタ・R・コルウェル・インパクト基金
Type: 写真
2021-04-27
OISTの博士課程1年生の澤田拓希さん(23歳)は、この度ソフトバンク奨学金を獲得した
Type: 写真
2021-04-27
OIST生物システムユニットの研究チームは、2種類の排水を処理する独創的な方法を考案した。微生物を利用することで、排水処理を進めると同時に、排水から大切な栄養素も回収する。同装置は、イオン交換膜で隔てられた2つのチャンバーを持つポリアクリル製の反応装置と3つの電極で構成されている。
Type: 写真
2021-04-20
極小の物理学では、量子の奇妙な概念が適用される。電子は粒子であると同時に波でもあるため、電子の位置と運動量を同時に把握することは不可能である。しかし、励起子の確率雲によって正孔の周囲で電子が存在する確率が高い場所が示される。研究チームは、波動関数を測定して励起子の確率雲の画像を作成した。
Type: 写真
2021-04-19
OISTの統合オープンシステムユニットを率いる北野宏明アジャンクト教授
Type: 写真
2021-04-01
オーストラリアに生息する高さ2mのポケモン「ガルーラ」を描いた作品      提供:Katerina Zapfeさん
Type: 写真
2021-03-22
ゲノムを構成する長いDNAは、染色体と呼ばれる構造にまとまっている。染色体の末端のテロメアと中央のセントロメアには、組み立てが容易でない反復DNA配列が詰まっている。
Type: 写真
Subscribe to 向き:縦