2022-09-20
多様化が起こるには、突然変異体がその前後の変異体と同等の適応度を維持する必要があります。変異体に悪影響を及ぼす突然変異が起こると、その他の変異体に到達する経路が断たれます。上図は、短い配列から派生する突然変異を示したものです。本図より、突然変異はその前の変異体と同等の適応度を維持すれば新しい変異体を形成し、適応度が低下すれば死に絶えることが見て取れます。なお、この配列は一例であり、...
Type: 写真
2022-09-12
開式の辞で新入生と新たに着任した教員や幹部を歓迎するOISTのピーター・グルース学長。
Type: 写真
2022-08-02
沖縄には3種のアオリイカ(ツツイカの仲間)が生息している。研究者によると、1980年代より個体数が減少し始め、現在は以前の1割程度に減少している。ツツイカの持続可能な食材利用に養殖が役立つ可能性がある。写真提供:中島隆太博士 ...
Type: 写真
2022-07-02
小型の水生無脊椎動物である曲形動物の拡大画像。ナタリア・コシキナ博士が走査電子顕微鏡を使用して撮影。本画像は、プレスリリース「150年来解釈が分かれていた古代の無脊椎動物の進化の関係に最適解を出した最新の分子遺伝学」...
Type: 写真
2022-06-30
バナナの仲間であるイトバショウの繊維が、芭蕉布の原料となる。
Type: 写真
2022-06-09
PCRにより、単相の雄か雌か、複相かを判別できるようになり、交雑育種や適切な盤状体をモズク養殖に用いることが可能になる。プレスリリース「オキナワモズクの交雑育種や収穫量増に役立つPCR検査法の開発に成功」の関連画像です。
Type: 写真
2022-05-23
このほどOIST理論科学客員プログラムのアカデミックコーディネーターとして着任したヨナス・フィッシャー博士。
Type: 写真
2022-05-23
研究グループは、120種のレイビシロアリのミトコンドリアゲノムを比較して包括的な系統樹を構築し、シロアリがどのように多様化し、世界中に拡散していったかを明らかにしました。 本画像は、プレスリリース「シロアリは、...
Type: 写真
2022-05-19
東京都の帝国ホテルにて開催されたJapan Prize「日本国際賞」授賞式で受賞したスバンテ・ペーボ OIST教授
Type: 写真
2022-04-28
2005年10月13日に行われた、沖縄科学技術研究基盤準備機構発足報告会で挨拶される尾身幸次氏。
Type: 写真
2022-03-10
本画像は、励起子を構成する電子と正孔の運動量空間上での画像です。赤い塊は電子を表しています。上の画像はエネルギーを得て励起子を形成する電子、下の画像はそれぞれの電子に対応する正孔(丸で囲まれた部分)を示しています。正孔の周りをエネルギーを得ていない電子が取り囲んでいます。極端紫外線領域の光ビームを照射して材料から放出された電子の角度と速さを測定することで、エネルギー運動量空間をマッピングしました...
Type: 写真
2022-03-10
わずかに異なる2枚の層を特定の角度で重ね合わせると、モアレ模様が生じます。分光学の分野では、モアレ模様に合わせて材料中のエネルギー準位が変化します。この現象が「モアレポテンシャル」です。研究チームは、エネルギーが最小となる場所に励起子が集中する傾向があることを発見しました。本画像は、プレスリリース...
Type: 写真
Subscribe to 向き:縦