2021-04-01
オーストラリアに生息する高さ2mのポケモン「ガルーラ」を描いた作品      提供:Katerina Zapfeさん
Type: 写真
2021-03-22
ゲノムを構成する長いDNAは、染色体と呼ばれる構造にまとまっている。染色体の末端のテロメアと中央のセントロメアには、組み立てが容易でない反復DNA配列が詰まっている。
Type: 写真
2021-03-22
OISTの生態・進化ゲノミクスアルゴリズムユニットを率いるジーン・マイヤーズ教授(アジャンクト)
Type: 写真
2021-02-25
2021年1月30日(土)にオンラインで開催されたOISTサイエンスフェスタを見る子どもたち。総合司会を務めるマイケル・クーパーさんとヤナ・マネヴァさんの姿。
Type: 写真
2021-02-22
沖縄周辺でよく見られるウスエダミドリイシには茶色、黄緑色、紫色の3色がある 写真提供:毛塚大輔さん
Type: 写真
2021-01-20
この実験では、マウスは飼育箱の開口部を介して手を伸ばし、餌(ここではプレゼントと表現)をつかむように訓練されています。研究者らは、2種類の異なるニューロンを抑制したり、興奮させたりすることで、タスクの成功率や失敗の仕方に影響を与えるかどうかに関心を持っていました。D1ニューロンは緑色、D2ニューロンは赤色で示されています。
Type: 写真
2020-12-24
Type: 写真
2020-12-24
沖縄周辺の6地点で採取したサンプルのすべてからマイクロプラスチック(プラスチックの小さな破片)が発見された。これらのサンプルをOISTの研究室で分析したところ、各サンプル中のプラスチックの大きさや分子構造、濃度が明らかになった。
Type: 写真
2020-12-24
海洋マイクロプラスチックを分析するため、沖縄周辺の6地点-南側、中部、北側のそれぞれ2カ所ずつ-を訪問し、サンプルを採取した。
Type: 写真
2020-12-15
画像中の小さな丸い円がシナプス小胞(SV)。シナプス小胞は神経伝達物質を貯蔵しており、電気的刺激を受けると伝達物質をする。それによってシナプスを介して情報が伝達され、神経伝達に非常に重要な役割を果たす。
Type: 写真
2020-12-07
デイヴィッド・アーミテージ トランジショナル准教授
Type: 写真
2020-11-30
極端紫外光のビームを整える、フェムト秒分光法ユニットのスタッフサイエンティストで共同筆頭著者のジュリアン・マデオ博士。
Type: 写真
Subscribe to 向き:縦