2020-10-15
本研究では、18種のサンゴゲノムを解析した。A~Oがミドリイシ属、P~Rがその他のサンゴ種
Type: 写真
2020-10-08
2本のメビウス・ストリップが一緒になると、クラインの壺という珍しい瓶のような物体を形成し、中で交差する。
Type: 写真
2020-10-07
二重振り子には二つのパーツがある。最初は予想通りに揺れていても、その動きは不規則になりがちで、モデル化するのは難しい。
Type: 写真
2020-01-31
OISTに新設された計算行動神経科学ユニットを率いるサム・ライター准教授のオフィスにて。
Type: 写真
2020-01-16
オフィスで説明するファイトナー・コズロフ教授
Type: 写真
2019-11-19
蛍光標識分子を1分子分解能で追跡する顕微鏡は、楠見明弘教授が率いる膜協同性ユニットが組み立て、AMPA型グルタミン酸受容体の分子の組み立てを解明した。
Type: 写真
2019-10-01
ミツバチのコロニーの調査を終えたアレクサンダー・ミケェエブ准教授
Type: 写真
2019-09-25
べん毛フックはダイナミックに動くフレキシブルジョイントとして機能し、細胞の内側のモーターからの回転力を外側にあるべん毛繊維に伝達します。回転するべん毛繊維を用いて細菌は運動します。 提供: 柴田敏史博士
Type: 写真
2019-09-18
オフィスの本棚の前に立つ非線形・非平衡物理学ユニットのマヘッシュ・バンディ准教授
Type: 写真
2019-09-13
OISTのご芳名帳に記帳する玉城デニー知事
Type: 写真
2019-09-04
今回の研究論文の著者(左から):アセム・エルアラビ博士、川上恵里加博士、デニス・コンスタンチノフ准教授
Type: 写真
2019-07-24
強磁場研究所(HFML)の37.5テスラの電磁石の前に立つ、本研究の筆頭著者であるリサ・ロッシ女史。
Type: 写真
Subscribe to 向き:縦