2018-08-29
OISTの学生、シンディ・エスポーラスさんによる光の話に聞き入る1-3年生の生徒たち
Type: 写真
2018-08-29
1-2年生クラスによるOISTマリン・サイエンスステーションでの見学ツアー
Type: 写真
2018-08-24
昆虫などの無脊椎動物では、多糖の一種「キチン」製のバリア(囲食膜)が形成され、腸内細菌から腸管表面を守っている。脊索動物で脊椎のないホヤは、昆虫同様にキチンのナノファイバーが存在し、腸内細菌に対するバリア機能が見られた。脊索動物で脊椎と顎のある真骨魚の腸管表面は哺乳類と同様に粘液層に覆われているが、キチン製バリアが存在することで腸内細菌が粘液層に直接触れることがない。対照的に、...
Type: 写真
2018-08-24
昆虫などの無脊椎動物では、多糖の一種「キチン」製のバリア(囲食膜)が形成され、腸内細菌から腸管表面を守っている。脊索動物で脊椎のないホヤは、昆虫同様にキチンのナノファイバーが存在し、腸内細菌に対するバリア機能が見られた。脊索動物で脊椎と顎のある真骨魚の腸管表面は哺乳類と同様に粘液層に覆われているが、キチン製バリアが存在することで腸内細菌が粘液層に直接触れることがない。対照的に、...
Type: 写真
2018-08-24
写真左から:菊池さくら技術員、中島啓介研究員、佐藤矩行教授
Type: 写真
2018-08-15
細菌が増殖するとキノコ型ナノ構造が吸収する光の波長が変化するため,センサー基板からの光応答を測定することで細菌試験を行うことができます。
Type: 写真
2018-08-15
バイオフィルムに立ち向かうため各自の多様な専門性を出し合う研究チーム.写真左からチュウ カン ユ技術員,フナリ リカルド博士, バーラ ニキル博士。
Type: 写真
2018-08-07
論文著者のエリック・デシュッター教授(左)とユンリャン・ザン博士
Type: 写真
2018-07-31
国際神経回路学会(INNS)からドナルド・ヘッブ賞を受賞
Type: 写真
2018-07-24
左から佐藤矩行教授、久田香奈子技術員、小柳亮技術員、山崎慎一技術員、藤江学技術主任、竹内猛研究員
Type: 写真
2018-07-13
論文筆頭著者で、OIST物理生物学ユニットのライブネル・ズデニェク博士
Type: 写真
2018-07-11
新たに開発されたWGRによる実験図。実験に使用される粒子(緑色の点)が光の場を通過する際、光の波長を歪めることで、粒子が検出できるしくみとなっている。
Type: 写真
Subscribe to 向き:横