2019-08-26
DNA、酵素、その他DNA複製に必要な化合物を一つの液体の中に溶かし、プラスチックのチップ上に流し込む(「fluid in」)。チップ上でDNA(「基質(substrate)))がキノコ型ナノ構造に付着、同時に化学反応が起こる。反応に伴う吸光度の変化をセンサーが検知し、結果がスクリーンに伝送される。
Type: 写真
2019-08-26
小型のプラスチック製チップに試料を流し込んだ際に起きる化学反応をチップの上方に設置した光センサーで感知し、リアルタイムで結果を読み取る。
Type: 写真
2019-07-25
膜電位イメージング法についての入門部分の章を共同執筆したベアン・クン准教授とクリストファー・ルーム博士。
Type: 写真
2019-07-25
クン准教授の膜電位イメージング法を用いて色素標識された一個のプルキンエ細胞。この手法により、脳の神経活動の視覚化が可能になる。
Type: 写真
2019-07-24
低温(4〜10K)および高磁場(26.5〜30T)の条件におけるCdCr₂O₄の負の熱膨張。
Type: 写真
2019-07-24
磁気スピネルCdCr₂O₄の顕微鏡写真。低温かつ高磁場の下で冷却すると膨張する。
Type: 写真
2019-07-22
ボートで運んだ波力発電機をサンゴ石灰岩に固定する。
Type: 写真
2019-07-22
タービン、ダクト、支えのコンクリートブロックを船で曳航して沿岸に運ぶ。その後、潮が引いて波力発電機が着底するのを待った。
Type: 写真
2019-07-22
新型波力発電機を設置する沖縄県恩納村瀬良垣にて海を見つめる新竹積教授。
Type: 写真
2019-07-11
線虫におけるelpc-2遺伝子と運動機能の関連を解明した川村和人博士。
Type: 写真
2019-07-11
シャーレの端に配置された餌まで移動する線虫をテストする実験の新手法「エッジ・アッセイ」を用いると、数百匹の線虫の運動機能を同時に調べることができる。
Type: 写真
2019-07-11
elpc-2遺伝子は線虫のからだ全体に発現し、加齢に伴って運動機能に重要な役割を果たす。
Type: 写真
Subscribe to 向き:横