2018-06-21
アリゾナ州のバリンジャー・クレーターは隕石によって形成された衝突クレーターの有名な一例
Type: 写真
2018-06-06
研究に用いた量子スピンアイス候補となる結晶、Pr2Hf2O7
Type: 写真
2018-06-06
OIST量子理論ユニットのニック・シャノン教授とヤン・ハン氏
Type: 写真
2018-06-06
量子スピンアイス上の理論的な中性子散乱を画像化。丸で囲まれている部分は、いわゆるピンチポイントで、中央が狭まった蝶ネクタイのような形をした特徴的な中性子反射の模様。
Type: 写真
2018-06-01
図1. セロトニンの待機促進効果は報酬の確率に依存する 報酬が25%の確率でしか獲得できない場合、エサが出ないときのノーズポーク時間はセロトニンを活性化してもしなくても変化しない(左)。報酬が75%の確率で獲得できる場合、エサが出ないときのノーズポーク時間はセロトニンを活性化すると増大する(右)。
Type: 写真
2018-06-01
宮崎佳代子研究員(左)と宮崎勝彦研究員(右)
Type: 写真
2018-06-01
図2. 報酬の時間的不確実性はセロトニンの待機促進効果を増大させる エサが必ず6秒後に出る課題では、セロトニンの活性化によるノーズポーク延長効果は小さい(左)。エサが2、6、10秒後のいずれかで出る課題では、セロトニンの活性化によるノーズポーク延長効果は大きい(右)。
Type: 写真
2018-05-28
このような標本は、地球上のさまざまな地域でどのような種のアリが発見されたかを特定する上で重要な役割を果たしました
Type: 写真
2018-05-28
  温帯地域ヤマアリ属の二匹の巣仲間が食べ物を共有。 ほとんどのアリ種は熱帯地域に住んでおり、その理由の解明が困難となっている。
Type: 写真
2018-05-28
  世界のさまざまな地域で発見されたアリ種数(SR-Species Richness種の豊富さ)を示す地図。 赤道周辺の熱帯地域には他の寒冷地よりも多くのアリの種が分布する。赤は生物多様性の高いことを示し、濃い青は低いことを意味する。
Type: 写真
2018-05-21
蛍光共焦点顕微鏡で観察された宿主プランクトンのアカンタリアンと赤色で示される共生藻
Type: 写真
2018-05-21
アカンタリアと共生藻は、肉眼では小さ過ぎて観察不可能だが、顕微鏡下では美しい形状や構造が観察できる。 上の2枚の写真で、蛍光赤色の部分は共生藻、 右上写真の蛍光緑色部分は宿主のリソソーム。
Type: 写真
Subscribe to 向き:横