2018-07-11
WGR(ウィスパリング・ギャラリー共振器)の拡大写真。気泡は微小サイズで人の毛髪の幅にも満たない。
Type: 写真
2018-07-04
OISTのピーター・グルース学長による挨拶
Type: 写真
2018-07-04
地元の舞踊団による琉球舞踊「四つ竹」と「若衆こてい節」。
Type: 写真
2018-07-03
これまで想定されていたリング状タンパク質複合体のコヒーシンの図。左に描かれたハサミは、コヒーシンに結合したDNAを解離させるため、コヒーシンの一部を切断するCut1酵素の作用を表している。
Type: 写真
2018-07-03
写真左から:瀬良垣香織さん(コヒーシンモデルのイラストを作成、OISTメディアセクション)、中沢宜彦博士、リー・ワンさん(G0細胞ユニットの技術アシスタント)、シェ・シンシャ博士。
Type: 写真
2018-06-27
計算モデルによって作成されたプルキンエ細胞による登上繊維への電位上昇に対する反応(左から右)を示す図。 赤色は、樹状突起の信号伝達の反応の増加または「トゲ状の隆起」を示す
Type: 写真
2018-06-21
2012年に火星の表面に観測された新しい衝突クレーター
Type: 写真
2018-06-21
六角形の規則的なパターンが刻印された粉体面へのボール落下実験の高速写真映像。衝突部分の縁では王冠を彷彿とさせる放射状の噴出線がはっきりと見える
Type: 写真
2018-06-21
アリゾナ州のバリンジャー・クレーターは隕石によって形成された衝突クレーターの有名な一例
Type: 写真
2018-06-06
研究に用いた量子スピンアイス候補となる結晶、Pr2Hf2O7
Type: 写真
2018-06-06
OIST量子理論ユニットのニック・シャノン教授とヤン・ハン氏
Type: 写真
2018-06-06
量子スピンアイス上の理論的な中性子散乱を画像化。丸で囲まれている部分は、いわゆるピンチポイントで、中央が狭まった蝶ネクタイのような形をした特徴的な中性子反射の模様。
Type: 写真
Subscribe to 向き:横