2019-07-03
研究用のサンゴ定着タイル
Type: 写真
2019-06-12
左から大野ルイス勝也グループリーダー、筆頭著者の一人チュウ・ロンビン研究員、ヤビン・チー教授(ともにOISTエネルギー材料と表面科学ユニット)。
Type: 写真
2019-06-12
研究者らは太陽電池を過酷な条件にさらし、実際に遭遇すると考えられる最悪の気象条件をシミュレートした。太陽電池に自己修復エポキシ樹脂ポリマーを施すことにより、太陽電池から環境への鉛の漏出を最小限に抑えることができた。
Type: 写真
2019-06-12
このペロブスカイト太陽電池は、表面にエポキシ樹脂層を施すと、その構造内により多くの鉛を封じ込めることができる。長年にわたる環境問題への取り組みへのアプローチは、この技術を実用化へと近づけている。
Type: 写真
2019-06-06
新しくユニークなネットワークには、ロックフェラー大学(米国)、フランシス・クリック研究所(英国)、ワイツマン科学研究所(イスラエル)、オーストリア科学技術研究所(ISTオーストリア)および沖縄科学技術大学院大学(OIST)が参加。2019年6月5日に記者会見を開きました。 左から:ロックフェラー大学の広報担当副学長であるFranklin Hoke氏、ISTオーストリア所長 Tom...
Type: 写真
2019-06-06
BRIDGE ネットワーク憲章   科学は本質的に、国際的、競争的、共同的、そしてダイナミックなものです。そして、アイデアが花を咲かせ、技術が発展し、または思いがけない発見が生まれるために、可能な限り最適な環境を提供することが研究機関には求められています。  20世紀から21世紀にかけて、複数の大陸にわたり、新しいタイプの研究機関が設立されました。これら研究機関は、...
Type: 写真
2019-06-06
イラストレーターが描いた、ナノマシンの想像図。RNAトリガー分子により、ナノマシンの形状が変化し、蛍光シグナルを発する。トリガー分子は多くのナノマシンに作用し、光信号の増幅を可能にする。将来的には、この技術は患者の病状の識別に役立つ可能性がある。@skeppuccinoのその他のイラストは、...
Type: 写真
2019-05-31
拍手喝采を浴びながら、伝統である帽子を投げ上げる動作をする2018年度の修了生
Type: 写真
2019-05-31
「公共の益としての科学」についてスピーチするポール・ナース卿
Type: 写真
2019-05-31
開式の辞で来賓を紹介するOIST学長ピーター・グルース
Type: 写真
2019-05-31
講堂のステージで音楽の演奏を楽しむ本年度修了生
Type: 写真
2019-05-29
シードは水に急速に溶解し、ほんの数回振るだけで飲用できる。
Type: 写真
Subscribe to 向き:横