2021-10-25
植物エピジェネティクスユニットの研究チームは、実験室で条件を管理してマングローブを育て、塩分濃度の違いによる影響を調査しました。本研究成果は、プレスリリース「ストレスに強いマングローブの遺伝子の秘密を解明」...
Type: 写真
2021-10-25
海側で生育するマングローブ (左)は高い塩分濃度にさらされ、樹高が低く、河川側のマングローブ (右)は塩分濃度が低い汽水域にあり、樹高が高く、幹が太く、葉も大きいことが分かりました。これらの木の調査は、プレスリリース「...
Type: 写真
2021-10-20
賦活睡眠のような状態にある生後3カ月のコウイカ(セピア・ラティマヌス)。本画像は、ニュース記事「イカと話す研究者」の関連画像です。提供:テレサ・イグレシアス博士。
Type: 写真
2021-10-15
プレスリリース「食欲や肥満を制御するタンパク質を発見」で紹介した、科学誌iScience に掲載の研究論文筆者ら。左から、栁谷朗子博士、髙岡翔平博士、山本雅教授、モハメッド・ハイサム博士。
Type: 写真
2021-10-05
沖縄の川で観察されたヨロイボウズハゼの求愛行動。鮮やかな婚姻色を呈したオス(右)が、鰭を広げ、下半身を少し持ち上げ、種特有の模様をメス(左)にアピールする。この求愛行動は、海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した論文中...
Type: 写真
2021-10-05
ゲノム全体における特定部位の配列の変異を解析した結果、ヨロイボウズハゼ属のオスが4系統に区別され、それぞれ4つの色彩型と完全に一致することが示された。白抜き灰色のシンボルは各種のメスを示す。オスとは異なり、メスの体色には種による違いが見出されなかった。海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した...
Type: 写真
2021-10-05
(左)沖縄の川で見つかったブナガヤボウズハゼのオス。(右)フィリピンのパラワン島の川で見つかったLentipes palawanirufusのオス。両種とも海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した論文中...
Type: 写真
2021-10-05
(左)ヨロイボウズハゼ属の日本唯一の既知種であったヨロイボウズハゼLentipes armatusのオス。(右)沖縄の川で見つかったキジムナーボウズハゼLentipes kijimunaのオス。後者は海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した...
Type: 写真
2021-09-17
スイス連邦工科大学チューリッヒ校の研究チームは、密閉した水槽内に乱流を発生させ、繊維の動きを追跡した。本画像は、プレスリリース「ファイバートラッキング(繊維追跡法) で乱流の重要な新事実が判明」の関連画像です。
Type: 写真
2021-09-17
上のグラフは、唾液中の4種類の代謝物の量を測定するだけで、その人の年齢がおおよそわかることを示しています。青い点は27〜33歳の年齢層の参加者を、赤い点は72〜80歳の参加者をそれぞれ表しています。本図表は、プレスリリース 「...
Type: 写真
2021-09-15
ヒートマップ(代謝物の高値を赤色、低値を青色で示したもの)より、特定の代謝物と認知症との関連性が明らかになった。概して、サブグループAの代謝物は認知症患者で高値を示し、健康な高齢者で低値を示している。サブグループB〜Eの代謝物は、その逆の傾向を示した。
Type: 写真
2021-09-10
ペロブスカイト結晶構造に塩素が取り込まれると、ペロブスカイト層の表面にくぼみが生じる。これは、ヨウ素とより小さな塩素との間に高さの差が生じたためである。
Type: 写真
Subscribe to 向き:横