2020-12-24
訪問した6つの地域では、トロール網でそれぞれ1キロメートルにわたって表層水をすくい、約800リットルの水をろ過した。
Type: 写真
2020-12-16
Type: 写真
2020-12-15
研究グループは、新たに同定された多くのSVタンパク質の中に脳疾患に関連するものが多数あることを明らかにした。
Type: 写真
2020-12-15
2006年には、たった1つのタンパク質固有ペプチド配列からシナプスタンパク質が同定された。しかし、同じタンパク質に新しい方法を用いると多数の固有ペプチドが分離された。 
Type: 写真
2020-12-14
OISTのオフィスでの高橋優樹准教授。
Type: 写真
2020-12-14
イオントラップは、この小さな粒子の動きを減速させて空間中で留まらせ、観察できるようにする。この画像では、ちょうど中心部に原子が見える。
Type: 写真
2020-12-10
左から右(上):サイモン・ホールさん、松井俊憲さん、グスマン勇気さん、大嶺秀太郎さん、タカバヤシ・ミサキさん 左から右(下):東恩納こずえさん、足立華子さん、青野奏子さん、錠者央さん THE大学ランキングアジア2020の受賞チームであるOIST研究科のメンバー
Type: 写真
2020-12-08
2011年11月19日に開催された創立記念式典で挨拶をする有馬博士。
Type: 写真
2020-12-08
2011年11月19日開催されたOIST創立式典に出席する有馬博士。中央左から有馬朗人博士、シドニー・ブレナー博士、トーステン・ヴィーゼル博士。
Type: 写真
2020-12-08
2013年10月に安倍晋三総理を訪ねるOIST理事会のメンバー。左から、チェリー・マレイ博士、ジェフリー・フリードマン博士、トーステン・ヴィーゼル博士、尾身幸次氏、有馬朗人博士、ジョナサン・ドーファン博士、ロバート・バックマン博士。
Type: 写真
2020-11-30
電子顕微鏡に半導体材料のサンプルをセットする、フェムト秒分光ユニットのスタッフサイエンティストで論文共同筆頭著者であるマイケル・マン博士。
Type: 写真
2020-11-30
まず光ポンプパルスで電子を励起して励起子を生成する。その後、極端紫外光パルスの光子が励起子内の電子を物質から電子顕微鏡内の真空中に取り出す。飛び出してきた電子のエネルギーと角度を電子顕微鏡で測定する。
Type: 写真
Subscribe to 向き:横