2020-01-14
 機械学習は過去数十年間にわたって社会の多くの分野に革命をもたらし、車の運転、腫瘍の特定、チェスなどの多くの場面で、学習した機械が人間を凌駕するケースがでてきています。  沖縄科学技術大学院大学(OIST)とミュンヘン大学、ボルドー大学国立科学研究センターの研究チームは、理論物理学者が考案した複雑な問題をコンピュータが正確に、かつ研究者よりはるかに高速に解決することが可能であることを示しました...
Type: ニュース記事
2020-01-10
パイロクロアは四面体形の頂点に磁性原子が並んだ結晶格子構造をもち、それぞれの頂点が隣の格子と結合している。
Type: 写真
2020-01-10
コンピュータが再現した状態図。実線と点線は研究者が以前の研究で機械学習なしで調べた境界線。
Type: 写真
2020-01-10
生成された状態図。パイロクロア格子上の最も単純なモデルに存在するすべての異なる磁気相を示す。III、VI、V相はスピン液体。
Type: 写真
2019-07-25
   通常の物質は加熱されると膨張し、冷却されると収縮します。これはエネルギーが原子結合に蓄えられる状態を反映しているためです。国際的な共同研究により、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らはこの度、通常とは反対のふるまいをする物質の仕組みを理解することに成功しました。このような性質を持つ物質は、将来さまざまな技術に応用できる可能性があります。  ...
Type: ニュース記事
2019-07-24
低温(4〜10K)および高磁場(26.5〜30T)の条件におけるCdCr₂O₄の負の熱膨張。
Type: 写真
2019-07-24
強磁場研究所(HFML)の37.5テスラの電磁石の前に立つ、本研究の筆頭著者であるリサ・ロッシ女史。
Type: 写真
2019-07-24
磁気スピネルCdCr₂O₄の顕微鏡写真。低温かつ高磁場の下で冷却すると膨張する。
Type: 写真
2019-05-29
 関係性というのは複雑です。そこには領域の境界、未知なるもの、そして多くの物理学が関わっています。通常は関係性を考えるとき、物理法則が重要な役割を果たすとは誰も考えませんが、この研究においては重要です。  この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)量子理論ユニットの博士課程の学生、ハン・ヤンさんは、...
Type: ニュース記事
2019-05-28
ハン・ヤンさんが最近の研究で使った双曲線格子。 各格子は、重力を模倣しながら、集合的に状態を変化させる五角形を示す。
Type: 写真
2018-11-12
半月とピンチポイントの統一理論を初めて提示した論文の筆頭著者であるOIST博士課程学生ハン・ヤンさん。
Type: 写真
2018-11-12
左:スピン構成(原子磁性体)が外向きと内向きのスピン数が同じであるという保存則を破っている図(上)と従っている図(下)。   右:2つの状況別の中性子散乱: ピンチポイント(下)および半月(上)の一定したエネルギー断面を表す中性子散乱の3D構造(中)。2つの模様は左の2つのスピン構成と一致する。
Type: 写真
Subscribe to 量子理論ユニット (ニック・シャノン)