2021-07-13
森林破壊は、木材や鉱山、農業などの目的で土地や資源を利用するために、以前は森林であった場所から木々を取り除くことです。保護区の重要な目的の一つは、こうした森林破壊を防ぐことで森林を保全することです。OISTのサイエンス・テクノロジーアソシエイトのパヤル・シャー博士は、衛星画像と統計ツールを用いて、国レベルでの保護地域の有効性を判断し、...
Type: 写真
2021-07-13
本研究のポイント 研究チームは、比較的新しい自然保護区で、こうした保護区が森林減少にどの程度効果があるか世界規模の調査を行った。 自然保護区の保全効果を国別に調査した本研究では、南アフリカ、カンボジア、ラトビア、グアテマラ、ウルグアイ、ブラジル、ニュージーランドで高い保全効果が見られた。 研究チームは、2000年から2012年に設定された自然保護区全体で、86,...
Type: プレスリリース
2021-07-13
OISTの研究者であるパヤル・シャー博士は、自然保護区の保全効果に関する世界規模の研究を行い、国別に「最も低い」(赤)から「最も高い」(深緑)までの範囲で評価しました。
Type: 写真
2021-03-17
サイエンス・テクノロジー・グループのアソシエイト研究員である小宮怜奈博士
Type: 写真
2020-06-19
正常なイネの雄しべの3D画像
Type: ビデオ
2020-06-19
【科学技術振興機構(JST)との共同プレスリリース】 沖縄科学技術大学院大学 (OIST) サイエンス・テクノロジーグループの小宮怜奈 研究員のチームは、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)、国立遺伝学研究所と共同で、極めて小さなRNA である「マイクロRNA」分子が、植物の生殖期の雄しべや雌しべの発生に重要な働きを示すことを発見しました。 本研究のポイント:...
Type: プレスリリース
2020-06-19
上段左から: 荒木 沙織 ( サイエンス・テクノロジー・グループ)、 小宮怜奈 ( サイエンス・テクノロジー・グループ)、 下段左から: 小泉 好司 (イメージングセクション)、レ トゥ (植物エピジェネティクスユニット)
Type: 写真
2020-06-18
小さなRNA変異イネの雄しべの3D画像
Type: ビデオ
2020-06-17
マイクロRNAは、長鎖ノンコーディングRNAを切断することにより、さらに、二次的な多種多様な小分子RNAの生成を促す. さらに、雄しべでは、この二次的な小分子RNAには、核酸を構成するアデニン (A)、ウラシル (U)、グアニン (G)、シトシン(C) のうち、ウラシルリッチな特徴的配列がみられ、雄しべのアルゴノートタンパク質と結合して、発生を制御している可能性が示唆される。
Type: 写真
2019-01-29
OIST isn't just about hardcore theoretical sciences: we're also using applied techniques to help conserve the culture of Okinawa. Anya Dani uses sophisticated science to air the recovery of...
Type: ビデオ
2018-04-04
重要無形文化財「芭蕉布」保持者の平良敏子先生(人間国宝)
Type: 写真
2017-12-22
概要   沖縄科学技術大学院大学(OIST)及び琉球大学の研究者らは、沖縄の伝統工芸品である芭蕉布ばしょうふ※1の作製工程の採繊工程(精錬)を初めて科学的に解明し、芭蕉布の繊維(材料)が、蒸し暑い沖縄の夏の衣服として利用するのにいかに適しているかを証明しました。  ...
Type: プレスリリース
Subscribe to サイエンステクノロジーグループ