2018-12-06
メチルトランスフェラーゼの中でも最大構造の分類にあるロスマンフォールドのモデルを手にするタンパク質工学・進化ユニットのパヌ・プラタップ・チョハン博士。本ユニットは、Biochemistry誌に論文を発表し、ロスマンフォールド・メチルトランスフェラーゼの機能的にも重要な構造的特徴を明らかにした。
Type: 写真
2018-12-06
自然界に良く見られるタンパク質のロスマンフォールドの画像を見せるタンパク質工学・進化ユニットのパオラ・ラウリーノ准教授(左)とパヌ・プラタップ・チョハン博士。
Type: 写真
2018-12-06
 細胞というものは、忙しく動く工場のようにスムーズなオペレーションを維持するため、たくさんの働き手を必要としています。メチルトランスフェラーゼ、別名MTaseとして知られている酵素のスーパーファミリーは、遺伝子発現の制御や、細胞産物の修飾、また、細胞をカスケードするシグナル調節をします。MTaseの構造は、正しく仕事を行うための適切なツールを備えており、科学者たちはその構造を理解することで、...
Type: ニュース記事
Subscribe to タンパク質工学・進化ユニット (パオラ・ラウリーノ)