タンパク質結晶内のpHを可視化
2012-08-10
 タンパク質は生命の分子機構を構成しています。タンパク質は細胞の構造を形成したり、イオンを汲み出したり、反応を触媒したり、メッセンジャーを認識するといった役割を果たしています。  タンパク質の構造を解明するため、研究者はタンパク質を結晶化したのち、X線回折技術を利用します。しかし、タンパク質の構造や機能は、たんぱく質を取り囲む溶液中のpH(水素イオン指数=物質の酸性・...
Type: 写真
2012-08-09
 プルキンエ細胞は、運動調整を司る小脳皮質にある大型の神経細胞です。これはプルキンエ細胞の3次元複合画像を動画にしたもので、生きたマウスの脳内細胞活動を追跡するために、遺伝的にエンコードされたインジケーターを用いて細胞をラべリングしました。ご覧頂くのは皮質表面のすぐ下にあるプルキンエ細胞を側面から見たもので、梨型をした細胞体は、上方向に広がる扇状の樹状突起と下方向に伸びる細い軸索が結合しています...
Type: ビデオ
Lugaro cells and a Golgi cell
2012-08-07
 脳は様々な種類の神経細胞で構成されています。これら神経細胞は樹状突起と軸索と呼ばれる細長い構造をもっており、これらは互いに複雑に絡み合っています。  脳の働きを理解するためには、異なる種類の細胞を視覚化するだけではなく、行動中の動物の脳内でこれら細胞がどのような活動をするのかを分析することが重要となります。OIST光学ニューロイメージングユニットではプリンストン大学の研究チームと協力して、...
Type: 写真
Subscribe to 光学ニューロイメージングユニット (ベアン・クン)