2020-08-21
講義や会議に参加しているところを思い出してください。熱心にメモを取り、トピックに没頭し、できるだけ多くのことを吸収しようと熱心なあなた。それが突然、あなたの思考はトピックから離れ、さまよい出てしまいます。そして話を聞いたり、目の前に表示されているものを見たりすることを止めてしまい、眠くなり、まぶたが下がり始め、頭のスイッチが切れてしまいます。このような状況は、おそらく、容易に想像できるでしょう...
Type: プレスリリース
2020-08-21
画像の下方に皮質の第6層のニューロンの細胞体がある。ニューロンは樹状突起を持ち、この樹状突起は皮質の他の層を通りながらそれぞれの層から情報を受け取る。第6層のニューロンは、皮質全体の長さにもなる。
Type: 写真
2020-08-21
目で検出された視覚情報は視覚視床(Thalamus, 感覚器官から皮質の感覚野へ情報伝達を調節している皮質下の構造体)を通り、1次視覚皮質へと運ばれる。この情報の流れの調節には、最深部の皮質層である第6層(Layer 6)が関与していることが知られている。 
Type: 写真
2020-08-21
皮質の第6層にあるニューロンを調べた研究を完成させたシギタ・オーガスティネイト博士とベアン・クン教授
Type: 写真
2019-07-30
   科学的発見はワクワクするものではありますが、そのような発見を可能にするためには、新たなアプローチも開発しなければなりません。 この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、膜電位を使って脳の活動を測定するイメージング法をまとめました。 この新アプローチにより、脳活動がいかに行動を引き起こせるのかなど、脳研究における中心的な問題を探求できるようになるでしょう...
Type: ニュース記事
2019-07-25
膜電位イメージング法についての入門部分の章を共同執筆したベアン・クン准教授とクリストファー・ルーム博士。
Type: 写真
2019-07-25
顕微鏡を見ながらプルキンエ細胞の細胞膜の横にプローブを置き、蛍光色素を注入する。 色素分子がうまく注入されれば、脳細胞の活動を観察することができる。
Type: 写真
2019-07-25
クン准教授の膜電位イメージング法を用いて色素標識された一個のプルキンエ細胞。この手法により、脳の神経活動の視覚化が可能になる。
Type: 写真
2018-08-28
 脳細胞は、体の動きから記憶の形成まで、生命のあらゆる面をコントロールしています。しかし、電気信号の形でニューロンの活動をとらえることは容易ではありません。情報処理は異なるタイムスケールで生じ、膜電位、イオン濃度およびさまざまなシグナル伝達分子の急速な変化が関与します。学術誌...
Type: ニュース記事
2018-08-28
OIST光学ニューロイメージングユニットのクリストファー・ルーム博士(左)とベアン・クン准教授(右)
Type: 写真
2018-08-28
空間的および時間的に分解したプルキンエ細胞樹状突起のマップ。赤色のホットスポットは他のニューロンから樹状突起への入力を示す。ホットスポットが縦につながって赤色の線状になっている所は樹状突起樹全体が活性化されたことを示す。
Type: 写真
2018-08-28
単一のプルキンエ細胞の細胞体(上図)にピペットでANNINE染料を注入した。一般的なニューロンの細胞体は、多数の樹状突起と、軸索という1本の長いケーブル様の突起を持つ。樹状突起は入力を受けた後その情報を処理し、これを細胞体に伝達する。プルキンエ細胞が強い入力を受けると、樹状突起全体が活性化され(赤色トレース上の鋭い上向きの変化)、ニューロンにカルシウムイオンが流入する(...
Type: 写真
Subscribe to 光学ニューロイメージングユニット (ベアン・クン)