矢崎-杉山陽子准教授と柳原真研究員
2016-06-20
OIST臨界期の神経メカニズム研究ユニットの矢崎-杉山陽子准教授と柳原真研究員
Type: 写真
2015-01-26
上側では、キンカチョウの脳の弓外套における、正常な活動を見ることができます。薬理遺伝学的手法を用いて神経活動を抑制するとニューロン活動の減少し、歌の音響構造が変化します(下側)。
Type: 写真
2015-01-26
 このたび沖縄科学技術大学院大学(OIST)の臨界期の神経メカニズム研究ユニットが発表した新たな研究において、...
Type: ニュース記事
2015-01-26
杉山(矢崎)陽子准教授
Type: 写真
2015-01-26
上側では、キンカチョウの脳の弓外套における、正常な活動を見ることができます。薬理遺伝学的手法を用いて神経活動を抑制するとニューロン活動の減少し、歌の音響構造が変化します(下側)。 右:歌 左:RA(弓外套)神経活動 中:IVMによるIVM-GluCl発現RAニューロンのサイレンシング
Type: 写真
2015-01-26
キンカチョウは、歌の発声のパターンが研究者の間で十分に理解されているため、発声研究のモデルとして使用されています。
Type: 写真
2011-10-17
  人間にも鳴き鳥にも、生涯の早い段階で驚くべき学習期がありますが、残念ながら早い時期で終わってしまいます。この仕組みが解明されれば、大人になってからの語学学習や楽器の練習が大変である理由を説明できるかもしれません。...
Type: ニュース記事
Subscribe to 臨界期の神経メカニズム研究ユニット (杉山(矢崎) 陽子)