2016-09-20
概要  不確かな感覚情報を自分の行動に補い合わせることで現在の状況を推定することは、ヒトや動物の高度な認知機能のひとつで、そのしくみの解明は脳科学の大きな課題です。 一方で、この脳科学上の課題は、工学分野、例えば自動車のナビゲーションシステムなどで応用が進んでいるという実態があります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の船水章大研究員、ベアン・クン准教授、銅谷賢治教授の研究チームは、...
Type: プレスリリース
2016-09-16
左から、ベアン・クン准教授(OIST光学ニューロイメージングユニット)、船水章大研究員及び、銅谷賢治教授(共にOIST神経計算ユニット)
Type: 写真
動的ベイズ推定に基づく頭頂葉の距離予測
2016-09-16
動的ベイズ推定に基づく頭頂葉の距離予測: 頭頂葉で計測した神経細胞群の活動から、音源までの距離(ゴール距離)をデコードした。頭頂葉は、音の鳴らない区間でも距離を推定できた。音の鳴る区間では、距離推定の精度が向上した。これらの結果は、頭頂葉が動的ベイズ推定の予測・更新に基づいて距離を推定することを示唆する。(右上の図:点線がマウスの位置、分布が神経活動から推定した距離)
Type: 写真
音の無い区間でのゴール距離推定
2016-09-16
音の無い区間でのゴール距離推定 マウスは、仮想現実環境上の音源に到達すると、砂糖水を得た。マウスは、音源に近づくにつれて、水の出る管をなめる回数を増やした。この増加は、音の鳴らない区間でも見られた。この結果は、マウスが自分の歩行運動をもとに、音源までの距離(ゴール距離)を予測したことを示す。
Type: 写真
仮想現実環境
2016-09-16
仮想現実環境 マウス周囲に12個のスピーカーを設置した。仮想現実環境上の音源を再現するために、音の出るスピーカーと音圧を調整した。
Type: 写真
頭頂葉
2016-09-16
頭頂葉 右図では、頭頂葉の神経細胞の形態を二光子顕微鏡でイメージングした。
Type: 写真
2016-07-04
 人の声を聞いて応答したり、写真の中の人の顔を特定したり、しばらく前までは人にしかできないと思われていたことがスマートフォンでもできるようになるなど、人工知能(AI)ソフトウェアの進歩はめざましいものがあります。「AlphaGo」が世界トップクラスの囲碁棋士と対戦し、勝利を収めたのは記憶に新しいところですが、その背景には、深層学習(ディープラーニング)という、...
Type: ニュース記事
2016-03-08
神経計算ユニットは理論的、生物学的、工学的アプローチを組み合わせ、強化学習と適応システムについて考察します。 March 2016 神経計算ユニット(銅谷 賢治教授)
Type: ビデオ
2014-12-05
 現在、世界各国の政府が国家的に取り組むべき研究として脳のマッピングに力を入れ、脳の秘密を解明しようとしています。米国ではブレイン・イニシアティブ、欧州ではヒューマン・ブレイン・プロジェクトが実施されています。日本においても「...
Type: ニュース記事
2014-12-05
神経計算ユニットを率いる銅谷賢治教授
Type: 写真
2014-12-05
個々の神経細胞のミクロレベルの構造 画像提供:「革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト」参画研究者 基礎生物学研究所 山森哲雄教授
Type: 写真
2014-12-05
遺伝子技術により可視化されたメゾスコピックな神経回路構造 画像提供:「革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト」参画研究者 九州大学 大木研一教授
Type: 写真
Subscribe to 神経計算ユニット (銅谷 賢治)