2014-05-09
環境制御型透過電子顕微鏡:改造中および完成後の写真。
Type: 写真
2014-05-09
ナノ粒子を運ぶカハル・キャッセディ研究員。スカイウォークを渡り、研究室から透過型電子顕微鏡へと長い道のりを歩く。
Type: 写真
2014-05-09
ホルダーを密閉しているところ。これらの過程は全て、気体環境が調整されたグローブボックス内で行われる。
Type: 写真
2014-05-09
ホルダーの接写写真。このホルダー内部に、ナノ粒子が付着した膜が置かれ、透過型電子顕微鏡へと運ばれる。
Type: 写真
2014-05-09
グローブボックスで作業するカハル・キャッセディグループリーダー。ナノ粒子を持ち運び用ホルダーにセットするところ。
Type: 写真
2014-02-26
 ナノ粒子の研究は非常に広範囲にわたります。特定の性質を持ち、複合体として機能する非常に微細な粒子の集まりであるナノ粒子の研究は盛んで、生物医学分野からレーザー研究に至るまで、目的にあった特性を有するナノ粒子の作成法はますますその重要性を増しています。このたび、ムックレス・ソーワン准教授率いるナノ粒子技術研究ユニット...
Type: ニュース記事
2014-02-26
生体適合性の外殻(シリコン製)に埋め込まれた複数成分(鉄および銀)の中心核を4個および3個有するハイブリッド・ナノ粒子
Type: 写真
2013-11-06
 今や半導体から衣料品などあらゆるものに使われているナノ粒子は1-100nmの大きさで、タンパク・抗体・細胞膜受容体などの生体分子と同等の大きさです。このようにナノ粒子は生体分子と大きさが類似しているため、生体分子の機能を擬態することができ、生物医学分野においての活用が注目されています。  OIST...
Type: ニュース記事
2013-11-06
安倍総理がOISTを訪問された際に、ソーワン准教授が自身のナノ粒子の研究を説明しました。
Type: 写真
SiAgナノ粒子
2013-11-06
設計され製造された、大きさ10ナノメートルのシリコン・銀ナノ粒子。
Type: 写真
2012-09-19
 廃棄物が人類のエネルギー問題の解決策となるかもしれないと考える研究者がいます。汚泥から重金属まであらゆるものを取り込み、その老廃物の1つとして電気を生産する細菌を利用しようというのです。  しかし、多くの優れたアイディアと同様、細かい部分に問題が残っています。OISTの...
Type: ニュース記事
Subscribe to ナノ粒子技術研究ユニット (ムックレス イブラヒム・ソーワン)