pHに反応するナノシート
2014-10-02
高酸性となる低pH環境では、ナノシートは平らになります。一方、高アルカリ性である高pH環境では、ナノシートは固い巻物のように丸まります。ナノシートの形状に応じて、近赤外光の当たり方が異なり 、その結果、異なる光シグナルを反射します 。キム研究員はこのようにして、ナノシートの位置 や形状を検出し、 それらの情報から身体環境および環境内部の異なる場所におけるpHの検出が可能になったのです。
Type: 写真
サッカーをするキム研究員
2014-10-02
OISTキャンパスでサッカーを楽しむ キム・ジョンファン研究員
Type: 写真
2014-07-25
   OISTナノ粒子技術研究ユニットのパナジオティス・グラマティコプロス研究員は、見るにはあまりに小さすぎ、可視化するにはあまりに複雑すぎる粒子の相互作用をシミュレーションしています。これらの粒子の挙動の研究には、...
Type: ニュース記事
2014-07-25
グラマティコプロス研究員は、1000K(約727°C)で衝突するパラジウムナノ粒子に関してこのシミュレーションを行いました。高い 温度において、ナノ粒子は、接触、融合、結晶化し、一つの大きな均質な生成物を形成します。
Type: ビデオ
様々な温度のパラジウムナノ粒子
2014-07-25
グラマティコプロス研究は、様々な温度で衝突する二つのパラジウムナノ粒子をシミュレーションしました。温度が高くなるほど、得られる生成物はより均質となり、さらに粒子中の原子は結晶化します。
Type: 写真
グラマティコプロス研究員とスーパーコンピュータ
2014-07-25
OISTサーバー室内に立つパナジオティス・グラマティコプロス研究員。ここには彼のシミュレーションに必要な計算を実行するスーパーコンピュータが設置されています。
Type: 写真
2014-07-25
グラマティコプロス研究員は、300K(約27°C)で衝突するパラジウムナノ粒子に関してこのシミュレーションを行いました。ナノ粒子同士が接触、融合し、次に、規則正しい平面に結晶化します。
Type: ビデオ
2014-05-09
このビデオでは、パラジウムナノ粒子 が、水素ガス中において互いに衝突し融合する様子が観られる。OISTの環境制御型透過電子顕微鏡により撮影された、ライブ画像である。 ビデオ左側では、ライブビデオ画像でパラジウム原子の個々の原子カラム を見ることができる。右側では、ライブ画像処理が行われる様子が示され、原子面の解析が可能である。 ナノ粒子は、...
Type: ビデオ
2014-05-09
 ムックレス・ソーワン教授のナノ粒子技術研究ユニットは、その名の通り、カスタム仕様のナノ粒子を製造します。とは言っても、ナノ粒子の作製はほんの手始めでしかありません。ナノ粒子が合成されると、その性質を解析する必要があるからです。同ユニットのカハル・キャッセディ グループリーダーは、ナノ粒子の解析を行う際、...
Type: ニュース記事
2014-05-09
透過電子顕微鏡(TEM)を用い可視化した水素ガス中のパラジウムナノ粒子。2つのナノ粒子が融合して1つになるところを示している。左上の最初の写真で、ナノ粒子Bの中にはっきりと見える点状のものは、個々の原子の原子カラムであり、この電子顕微鏡が極めて高い感度と分解能を持つことを実証している。画像は、高速ビデオから抜粋し、解像度を落とした静止画像である。
Type: 写真
2014-05-09
環境制御型透過電子顕微鏡:改造中および完成後の写真。
Type: 写真
2014-05-09
ナノ粒子を運ぶカハル・キャッセディ研究員。スカイウォークを渡り、研究室から透過型電子顕微鏡へと長い道のりを歩く。
Type: 写真
Subscribe to ナノ粒子技術研究ユニット (ムックレス イブラヒム・ソーワン)