2021-11-25
スキャフォールドを貫通するように伸展したニューロンを共焦点顕微鏡で撮影した画像。ニューロンの色の違いは、足場の奥行きを表している。
Type: 写真
2021-11-25
スキャフォールド上での培養に成功した感覚ニューロンを共焦点顕微鏡で可視化した画像。
Type: ビデオ
2021-11-25
二光子リソグラフィーを用いてポリマーを印刷して硬化させ、詳細に設計された構造を形成するNanoscribeプリンター。
Type: 写真
2021-11-25
電子顕微鏡で撮影したスキャフォールドは、再生するニューロンの伸展方向を誘導する構造に設計されている。画像A:スケールバー=100µm。画像B:スケールバー=1µm。
Type: 写真
2021-11-25
本研究のポイント 最先端の技術により、ニューロン再生のためのより精密な「足場」であるスキャフォールドを人工的に構築した。 スキャフォールドは、ニューロンの正確な伸展に必要な線維構造である細胞外マトリックスを模倣して設計したものである。 二光子リソグラフィーと呼ばれる技術で、3Dプリンターの手法を用いて感光性樹脂をレーザーで硬化させて構造を形成。 研究チームは、...
Type: プレスリリース
2020-05-08
(左から)サラ・アブデラールさん(博士課程学生)、ローラン・ギヨー博士(グループリーダー)とマルコ・テレンツィオ准教授(主任研究員)はニューロンの生存に重要な役割を果たす貨物の特定に取り組んでいる。
Type: 写真
2020-05-08
ダイニンは2本の重鎖(水色)、2本の中間鎖(黄色)、4本の中間軽鎖(緑色)とダイニン軽鎖ロードブロックタイプ1(DYNLRB1、オレンジ色)を含む複数の軽鎖からなる。
Type: 写真
2020-05-08
細胞体とニューロンの末端の間の物質輸送を図示するマルコ・テレンツィオ准教授。
Type: 写真
2020-05-08
私たちの脳内にはニューロン(神経細胞)という電気配線があり、これが動作や思考、周囲の感知を可能にしています。ニューロンは迅速な情報伝達に特化し、特徴的な細長い形状をしています。ニューロンの最も長く細い部分は軸索と呼ばれ、細胞体からニューロンの先端に電気信号を伝えています。さらに軸索には分子輸送の高速道路としての第二の機能もあり、これはニューロンが正常に機能する上で重要な役割を果たしています。...
Type: ニュース記事
Subscribe to 分子神経科学ユニット (マルコ・テレンツィオ)