Octopus bimaculoides(別名カリフォルニア・ツースポットタコ)
2015-08-11
全ゲノムが解読されたOctopus bimaculoides (別名カリフォルニア・ツースポットタコ) カリフォルニア・ツースポットタコは、ツースポット(二つ目)という名の通り、頭部両側にある青い斑点ですぐに見分けることができる。斑点は輝きを発する一対の義眼で、獲物と自分より大きな捕食動物とを騙して、本当の目であると思い込ませるのに用いられる。この種の寿命は、1~2年である。
Type: 写真
エリック・エドシンガー博士、OIST分子遺伝学ユニットを率いるダニエル・ロクサー教授、オレグ・シマコフ博士
2015-08-11
論文共同著者のOIST分子遺伝学ユニットのメンバーたち (左から)エリック・エドシンガー博士、OIST分子遺伝学ユニットを率いるダニエル・ロクサー教授、論文筆頭共著者のオレグ・シマコフ博士
Type: 写真
2015-07-06
 この度、OISTの分子遺伝学ユニットは新たなリーダーとしてダニエル・ロクサー教授を迎えました。ロクサー教授はカリフォルニア大学バークレー校の物理学及び分子細胞生物学の教授で、OISTのアジャンクト・ビジティング教授として着任しました。  ロクサー教授は1989年にカリフォルニア大学バークレー校の物理学の教授に就任しました。同教授はゲノムと遺伝子について研究するゲノミクスに対する興味から、...
Type: ニュース記事
分子遺伝学ユニットを率いるロクサー教授
2015-07-06
   ロクサー教授はカリフォルニア大学バークレー校の物理学及び分子細胞生物学の教授です。教授は元々物性物理学者でしたが、タンパク質折りたたみ構造のような、物理に関連した生物科学の研究に携わるようになりました。その後、同教授はゲノミクスを計算的側面から研究し、さらにヒトゲノム・プロジェクトに携わるようになりました。...
Type: 写真
Subscribe to 分子遺伝学ユニット (ダニエル・ロクサー)