2020-03-11
2つの対向する,低流速(左)で流れる水が十字交差部で合流すると、流れは対称的に分かれて流れ続け、その結果,細胞は中心で引き延ばされる。中流速(右)に上げると、小さな流動不安定性の増大によりらせん渦が形成され、十字交差部の中央で細胞を変形させる。
Type: 写真
2020-03-11
チップデバイスは、十字交差(青い点線内)とそれに続くT字分岐(紫の点線内)を形成するように作られたマイクロ流路で構成される。矢印は、細胞を含む液体が流れる方向を示す。 出典元より許可を得て掲載しています: Reprinted with permission from Intracellular Nanomaterial Delivery via Spiral Hydroporation....
Type: 写真
2020-03-11
スパイラル・ハイドロポレーターと名付けられたチップデバイスには、液体が充填されたマイクロ流路が入っている。細胞およびターゲットのナノ材料を含んだ懸濁液は、オレンジの管を介して送られ、また取り出される。
Type: 写真
2020-01-28
シリンダーの先端を高速ビデオカメラを備えた顕微鏡で見た様子。上は、シリンダーが同調性の高い動きを示した動画。シリンダーの最初の位置と動いている位置の追跡情報が重なって表示されている。左下と右下は、両シリンダーのX座標とY座標がそれぞれ時間とともにどのように変化するかを示している。
Type: ビデオ
2020-01-28
キャプション:高速度偏光顕微鏡で見た様子。白い円で示されている2つの円柱状シリンダーの周りの流れ中に、ひも状ミセルが弾性伸縮している様子を示している。黒い領域は伸縮なし、白色に近づくほど伸縮の程度が高くなる。
Type: ビデオ
2020-01-27
  ヒトの関節内には特殊なねばっとした液体が流れており、粘液などの物質を構成しています。これらの液体にはポリマーやタンパク質のような長くて柔らかい分子が含まれており、延伸したり衝撃を吸収したりすることができます。   しかしこれまで、この不思議な液体が生体内に存在する微細な構造とどのように相互作用するのかについては、完全に理解されていませんでした。特に興味深い構造は、...
Type: ニュース記事
2020-01-27
OISTのマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットの研究者らが、Small誌に新たな論文を発表。左からエイミー・シェン教授、キャメロン・ホプキンス博士、サイモン・ハワード博士
Type: 写真
2020-01-27
ガラスマイクロチャネルの写真。チャネルの中心に細長いガラス微小シリンダーを露出させるため、側壁の一つを除去している。大きさを比較するために1円玉を配置。
Type: 写真
2019-08-26
     DNAシーケンシングは医療に欠かせないテクノロジーですが、結果が出るまでに時間がかかるという技術的な課題があります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)はDNAと酵素が相互作用する様子をリアルタイムでモニタリングする技術を異分野間の研究者らによる共同研究で開発することに成功しました。今後DNAシーケンシングへの応用が期待されます。  ...
Type: ニュース記事
2019-08-26
DNA、酵素、その他DNA複製に必要な化合物を一つの液体の中に溶かし、プラスチックのチップ上に流し込む(「fluid in」)。チップ上でDNA(「基質(substrate)))がキノコ型ナノ構造に付着、同時に化学反応が起こる。反応に伴う吸光度の変化をセンサーが検知し、結果がスクリーンに伝送される。
Type: 写真
2019-08-26
小型のプラスチック製チップに試料を流し込んだ際に起きる化学反応をチップの上方に設置した光センサーで感知し、リアルタイムで結果を読み取る。
Type: 写真
2019-05-09
OIST エイミー・シェン教授とチームメンバーは、極めて小さいスケールの流体の世界を探っています。でもそれ自体はチームの全体像から見たらまた小さなものでしかありません。さあ、チームがどのように「流れて」いるのか、見てみましょう!   Music Credits: "Galaxy (Original Mix)" by ANIVALL "Impact Moderato" by...
Type: ビデオ
Subscribe to マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニット (エイミー・シェン)