2019-08-26
     DNAシーケンシングは医療に欠かせないテクノロジーですが、結果が出るまでに時間がかかるという技術的な課題があります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)はDNAと酵素が相互作用する様子をリアルタイムでモニタリングする技術を異分野間の研究者らによる共同研究で開発することに成功しました。今後DNAシーケンシングへの応用が期待されます。  ...
Type: ニュース記事
2019-08-26
DNA、酵素、その他DNA複製に必要な化合物を一つの液体の中に溶かし、プラスチックのチップ上に流し込む(「fluid in」)。チップ上でDNA(「基質(substrate)))がキノコ型ナノ構造に付着、同時に化学反応が起こる。反応に伴う吸光度の変化をセンサーが検知し、結果がスクリーンに伝送される。
Type: 写真
2019-08-26
小型のプラスチック製チップに試料を流し込んだ際に起きる化学反応をチップの上方に設置した光センサーで感知し、リアルタイムで結果を読み取る。
Type: 写真
2019-05-09
OIST エイミー・シェン教授とチームメンバーは、極めて小さいスケールの流体の世界を探っています。でもそれ自体はチームの全体像から見たらまた小さなものでしかありません。さあ、チームがどのように「流れて」いるのか、見てみましょう!   Music Credits: "Galaxy (Original Mix)" by ANIVALL "Impact Moderato" by...
Type: ビデオ
2019-03-18
Usiigachi, a software developed by the Micro/Bio/Nanofluidics Unit, allows users to easily segment, track and analyze the migration of label-free cells. The tool can be used as an all-in-one solution...
Type: 写真
2019-03-18
細胞遊走の観察に使用する顕微鏡の横に立つ、マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットのエイミー・シェン教授(左)とシェーフ・サイさん。博士論文研究の第一歩として、サイさんは、画像解析ができ、経時変化する細胞の動きと形態を定量化するソフトウェア「ウシーガチ」を考案した。
Type: 写真
2019-03-18
マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットは、細胞遊走の動きをセグメント化、追跡、解析する機械学習ソフトウェアを考案した。琉球の方言で「透き写し」を意味する「ウシーガチ」と名付けられた本ソフトウェアは、既存のプログラムをはるかに超える性能を持ち、生物学や医療分野での幅広い応用が期待される。
Type: ビデオ
2019-03-18
 成長中の赤ちゃんから高齢者まで、私たちの体は絶えず動き回る多くの細胞で構成されています。私たちが仕事のために会社に通勤するように、細胞もそれぞれの役割を果たすため、体内を遊走しています。これまで、細胞の遊走や形態の経時変化を定量化することは困難でしたが、この度沖縄科学技術大学院大学(OIST)で、それを可能にするツールが考案されました。  研究者らは、機械学習を用いて、...
Type: プレスリリース
2018-11-09
マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットによる波状の表面における粘弾性流体の流れについての研究結果を要約した相図。流れのパターンは、流体の弾性(縦軸:シグマとして表記)および表面の波長に対する流路の深さ(横軸:アルファ)に依存。図の右下は、弾性と流路の深さが最適なバランスなため、「臨界層」で渦度の増幅につながったもの。
Type: 写真
2018-11-09
マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットの研究者たちは、トレーサー粒子というものを液体に混ぜることで、流体の流れを捉えることを可能にした。各画像は、それぞれ異なる時間に取られたもので、時間の経過とともに移動する粒子が確認できる。
Type: 写真
2018-11-09
  耳慣れない言葉かもしれませんが、「粘弾性流体」は、人の静脈内や、アラスカを縦断する1,300キロメートルの原油パイプラインの中まで、至るところに存在します。粘弾性流体は油や水のようなニュートン流体とは異なり、粘着性の唾液のように引き伸ばすことができます。この驚異的な動作を可能にしているのが流体内にある鎖のような分子で、...
Type: プレスリリース
2018-08-15
細菌が増殖するとキノコ型ナノ構造が吸収する光の波長が変化するため,センサー基板からの光応答を測定することで細菌試験を行うことができます。
Type: 写真
Subscribe to マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニット (エイミー・シェン)