2018-11-09
マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットによる波状の表面における粘弾性流体の流れについての研究結果を要約した相図。流れのパターンは、流体の弾性(縦軸:シグマとして表記)および表面の波長に対する流路の深さ(横軸:アルファ)に依存。図の右下は、弾性と流路の深さが最適なバランスなため、「臨界層」で渦度の増幅につながったもの。
Type: 写真
2018-11-09
マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットの研究者たちは、トレーサー粒子というものを液体に混ぜることで、流体の流れを捉えることを可能にした。各画像は、それぞれ異なる時間に取られたもので、時間の経過とともに移動する粒子が確認できる。
Type: 写真
2018-11-09
  耳慣れない言葉かもしれませんが、「粘弾性流体」は、人の静脈内や、アラスカを縦断する1,300キロメートルの原油パイプラインの中まで、至るところに存在します。粘弾性流体は油や水のようなニュートン流体とは異なり、粘着性の唾液のように引き伸ばすことができます。この驚異的な動作を可能にしているのが流体内にある鎖のような分子で、...
Type: プレスリリース
2018-08-15
細菌が増殖するとキノコ型ナノ構造が吸収する光の波長が変化するため,センサー基板からの光応答を測定することで細菌試験を行うことができます。
Type: 写真
2018-08-15
キノコ型ナノ構造の持つ局在表面プラズモン共鳴の特性を調べる様子  
Type: 写真
2018-08-15
バイオフィルムに立ち向かうため各自の多様な専門性を出し合う研究チーム.写真左からチュウ カン ユ技術員,フナリ リカルド博士, バーラ ニキル博士。
Type: 写真
2018-08-15
  果てしなく続いてきた人類と細菌との戦いの中で、薬剤研究に役立つ道具を開発することは重要であり、これらの道具によって人類はこの戦いを優位に進めてきました。   近年では、細菌が持つ抗生物質へ薬剤耐性が重大な危機につながる問題として注目されています。その理由は、細菌が薬剤耐性を持つと従来の細菌対策の有効性が失われ、...
Type: ニュース記事
2018-02-23
OISTマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットでは、革新的な印刷技術を使い、 生体分子の均一な層で覆われた 何百万ものキノコ状構造を持つナノプラズモニック材料を開発した。
Type: 写真
2018-02-23
ガラス成分(二酸化ケイ素)の軸と金の笠を持つキノコのような形状の、ナノマッシュルーム状構造のイラスト図。リアルタイムで細胞(ナノマッシュルームの上に広がる富士山のようなかたち)の増殖を検出する能力がある。
Type: 写真
2018-02-23
ナノ プラズモニック材料を見せているマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットのメンバー。(写真左から): ニキル・バーラ博士、シヴァニ・サティッシュさん、エイミー・シェン教授
Type: 写真
2018-02-23
 エイミー・シェン教授の机の上には、ピンク色をした、切手サイズの長方形のガラス基板があります。この一見目立たないガラス基板が、食品の品質モニタリングから疾病の診断に至るまでの広い分野で、革命をもたらす可能性を秘めています。   この基板は「ナノプラズモニック」という特殊な性質を持っており、その表面には、...
Type: ニュース記事
2017-11-27
単純なニュートン流体中の渦(左)。同流体中に質量の百万分の1(1 ppm)のポリマーを添加した場合の渦(右)。色の変化は、渦の強度の分布を示す。
Type: 写真
Subscribe to マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニット (エイミー・シェン)