2021-06-15
液体ブリッジを破壊する従来の方法である引き上げ。ノズル(またはプレート)を引き上げると、液体ブリッジが伸びて破壊され、キャピラリーテールやサテライト液滴が形成される。 マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットの研究チームは、液体ブリッジをよりきれいに破壊する方法を研究し、...
Type: 写真
2021-06-15
マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットの研究チームは、ねじりが液体ブリッジを素早くきれいに破壊する方法であることを発見し、米国科学アカデミー紀要(PNAS)で報告した。上のプレートを35.5ヘルツ(1秒間の回転数表す単位)...
Type: ビデオ
2021-06-15
本研究のポイント 回路基板の製造や3Dプリントなどの産業用途に欠かせない粘弾性流体を吐出しやすくする新たな手法を開発。 粘弾性流体は、回路基板とノズルの間に形成される液体ブリッジを破壊しなければならないため、吐出が困難という課題がある。 本研究により、液体ブリッジは従来のやり方のように引っ張るよりも、ねじる方が早くてきれいに破壊できることが判明した。...
Type: プレスリリース
2021-02-02
沖縄科学技術大学院大学(OIST)の新たな研究によると、流体が障害物を避けて通過する際、その経路は障害物同士の間隔によって変化するという意外な無作為性があることが判明しました。この発見は、原油採収や地下水の浄化から、生体システムを通過する流体の動きの理解まで、さまざまな場面で重要な意味を持ちます。本研究は、...
Type: プレスリリース
2020-09-11
ナノスパイクにより吸収される光の波長は局所的な環境によって変化する。この原理が、タンパク質被覆ナノスパイクに結合した抗体の存在とその量を検出する基本となります。
Type: 写真
2020-09-11
緑色の矢印はシリンジポンプの働きによりサンプルがチップ内を流れる方向を示す。
Type: 写真
2020-09-11
OISTマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットの研究チームにより開発された抗体検査プラットフォーム
Type: 写真
2020-09-11
抗体検査は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行の原因であるSARS-CoV-2ウイルスとの闘いにおける重要な戦略として浮上してきています。しかし、現在の抗体検査法は世界的規模で実施するにはまだ精度が低いか、値段が高すぎることが課題です。そんな中、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究チームが、迅速で信頼性が高く、しかも低価格の抗体検査法を開発しました。...
Type: プレスリリース
2020-05-19
Type: 写真
2020-05-19
Type: 写真
2020-05-19
歯磨き粉やフェイスクリーム、ヘアジェル、マヨネーズ、ケチャップなど家庭でお馴染みの品について、深く考えているような人はあまりいないかもしれませんが、流動挙動という点から見ると、これらは実に珍しい性質を持っています。こうした品々はすべて弾粘塑性材料であり、静止状態では固体のようにふるまいますが、十分な力が加えられると液体のような流動に変わります(この現象を降伏という)。...
Type: プレスリリース
Subscribe to マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニット (エイミー・シェン)