2018-07-23
環境に適応して保護色になったり、カモフラージュできたりする魚は、非常に複雑な視蓋を持っている。
Type: 写真
2018-07-23
夜行性の魚は、日中活発な魚よりも、眼のサイズは大きくとも(脳の他の部分と比較して)小さな視蓋しかもたないことが判明した。
Type: 写真
2018-07-13
論文筆頭著者で、OIST物理生物学ユニットのライブネル・ズデニェク博士
Type: 写真
2018-07-13
ショウジョウバエは、気温の異なるオーストラリア東海岸の二か所から採集されました。一種はオーストラリア北部地帯の温暖な亜熱帯性地域に一般にみられるショウジョウバエ群で、もう一種はより寒冷な南部地帯に一般的にみられるショウジョウバエ群です。まず、これらの2群間で相互交配をすることで、遺伝的に均一な個体群(アドミクスチャー)を作り、25°Cで飼育しました。そして、...
Type: 写真
2018-07-13
ショウジョウバエは雌雄でその姿は異なります。オスの方が小さく、前足に毛があり、腹部は丸く、縞模様は混ざり合いながら腹部の後ろに進むにつれて黒くなります。メスは大きく、腹部は長く尖っていて、縞模様が腹部の端まで続きます。このように多くの面で性別の違いが見られます。今回の研究では、同様のmtDNA多型をもっているオスとメスでも、環境の気温に対する反応には性差異があることが明らになりました。
Type: 写真
2018-07-07
わずかな睡眠不足の影響は、まるで負債のようにじわじわと蓄積されていき、知らず知らずのうちに仕事のパフォーマンスが低下したり、がんや認知症などの病のリスクを高めることが分かってきました。いま睡眠研究の分野では、この「蓄積した睡眠不足」のことを「睡眠負債」と呼び、対策の重要性が叫ばれるようになっています。 その実態について取り上げたNHKスペシャル「睡眠負債が危ない」(2017年6月放送)は、...
Type: イベント
2018-07-04
大栗博司教授が科学アドバイザーを務めた「9次元からきた男」のビジョンとメイキングを語る。
Type: 写真
2018-07-04
(左から右)シカゴ大学のジェフリー・ハーヴェィ教授はピーター・フロイント教授について語り、スティーヴン・ホーキング教授について語るケンブリッジ大学のマイケル・グリーン教授とハーバード大学のアンドリュー・ストロミンガー教授。ノーベル賞受賞者デイビッド・グロス教授はジョセフ・ポルチンスキー教授について記念講演で語った。
Type: 写真
2018-07-04
ワームホールについて研究している数少ない学者、フアン・マルダセナ教授。 ワームホール解は構築が難解なため、構築できないとする定理も存在するくらいです。
Type: 写真
2018-07-04
OISTのピーター・グルース学長による挨拶
Type: 写真
2018-07-04
  沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、2018年6月25日から29日まで、超弦理論に関する国際会議 Strings 2018 を主催しました。世界各地で毎年開催されているStringsですが、日本では今回が2回目で、沖縄では初めての開催となりました。...
Type: ニュース記事
2018-07-04
地元の舞踊団による琉球舞踊「四つ竹」と「若衆こてい節」。
Type: 写真
Subscribe to Media