2019-09-10
      現在、人間の髪の毛の幅よりも小さい装置が、薬物送達、半導体、燃料生産技術などのカギとなりつつあります。ただ、いまのままではこうしたマイクロ・ナノ構造物を作製するためのコストが高く、無駄も生じています。     沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、マイクロ構造やナノ構造の作製時に使用可能な、...
Type: ニュース記事
2019-09-10
研究チームのメンバー(左から):ストフル・ヤンセン博士、エリオット・フリード教授、ダビッド・バスケス・コルテスさん、ジェイムス・クウィッチンスキさん、アレッサンドロ・ジュサーニさん
Type: 写真
2019-09-10
Diamond and Related Materialsに掲載された図。(a)作製プロセスの各段階における基材断面図。 (b)ダイヤモンドで密閉されたチャネルを持つ(a)で作製されたガラス基材の暗視野光学顕微鏡写真 (c)25°の傾斜を持たせて走査型電子顕微鏡で撮影された中央のキャビティの画像。
Type: 写真
2018-12-17
OIST数学力学と材料科学ユニットのヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授は、新型のカライドサイクルを開発しました。新しい構造物は、...
Type: ビデオ
2018-12-13
従来型のカライドサイクル(左)は、特定の動きしかできない。ヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授は、他のつながり方をしたリング状構造物が、同様の特性を持つかどうかを研究し、結果として今回のメビウス・カライドサイクル(右)が完成した。
Type: 写真
2018-12-13
ヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授は、7つ以上のヒンジを持つ新型のカライドサイクルを開発した。主要課題の1つは、7つ以上のピラミッド型のピース(左)をリング状に閉じる(右)には、どのような条件が満たされなければならないかを理解することだった。
Type: 写真
2018-12-13
折り紙や3Dプリンターを使った材料を用いて、つなぎ目の数が異なる様々なメビウス・カライドサイクルをヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授が作製した。
Type: 写真
2017-10-02
Type: ビデオ
2017-10-02
(左から)ストフル・ヤンセン博士、エリオット・フリード教授、ヴィカッシュ・チャウラシア特別研究学生
Type: 写真
2017-10-02
左側の水面に界面活性剤を入れると、異なるカーブで表される非対称の水面が生じ、左右で異なる力が円柱棒に加わる。 円柱棒に作用する水平方向の力は、円柱棒の単位長さ当たりで測定した際の表面張力の差に等しい。
Type: 写真
2017-10-02
円柱棒の左側の水面に界面活性剤を添加すると、円柱棒に作用する力学的な力は非対称となる。円柱棒を壁から切り離すと、円柱棒は右方向に移動し始める。
Type: 写真
2017-10-02
 表面張力の効果は、実は日常的な多くの現象において、非常に重要なものです。例えば、雨の小さな滴が窓に付着したり、シンクに張った水に洗剤を加えると泡が発生したり、アメンボが池の水面を歩くことができるのは、表面張力のおかげなのです。 いわゆる「ワインの涙」も同じ原理で起こります。これは、ワイングラスの縁に近いグラス内側上方部に透明な液体のリングができ、その部分に継続して液滴が形成され、...
Type: ニュース記事
Subscribe to 数理力学と材料科学ユニット (エリオット・フリード)