2020-06-05
「しわ」について考えるとき、皮膚に刻まれた線を思い起こすことが多いでしょうか。これを「歓迎されない現実」と捉える人もいれば、「良く生きた人生の誇り高きしるし」と捉える人もいるでしょう。 材料科学の世界では、しわは必要なこともあれば、必要でないこともあります。しかし、しわが発生する原因となる物理的要因はいまだ完全には理解されていません。 この度、...
Type: ニュース記事
2020-06-05
研究チームは、正と負の両方の曲率を含むリング状のダイヤモンドウィンドウの作製を目指している。
Type: 写真
2020-06-04
ひずみレベルを計算するため、レーザー顕微鏡を使用してダイヤモンドウィンドウの表面全体の高さを特定。 このダイヤモンドウィンドウでは、ガラス面に貼られたナノ結晶ダイヤモンドフィルムがウインドウ部分で、ガラス基板表面の下向きに湾曲する。
Type: 写真
2020-06-04
キャプション:ダイヤモンドウィンドウのしわは、ダイヤモンド層とガラス層の応力によって引き起こされる。 画像bのダイヤモンドウィンドウよりもサイズの小さい画像aのダイヤモンドウィンドウは、しわの密度が高くなっている。
Type: 写真
2019-09-10
      現在、人間の髪の毛の幅よりも小さい装置が、薬物送達、半導体、燃料生産技術などのカギとなりつつあります。ただ、いまのままではこうしたマイクロ・ナノ構造物を作製するためのコストが高く、無駄も生じています。     沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、マイクロ構造やナノ構造の作製時に使用可能な、...
Type: ニュース記事
2019-09-10
研究チームのメンバー(左から):ストフル・ヤンセン博士、エリオット・フリード教授、ダビッド・バスケス・コルテスさん、ジェイムス・クウィッチンスキさん、アレッサンドロ・ジュサーニさん
Type: 写真
2019-09-10
Diamond and Related Materialsに掲載された図。(a)作製プロセスの各段階における基材断面図。 (b)ダイヤモンドで密閉されたチャネルを持つ(a)で作製されたガラス基材の暗視野光学顕微鏡写真 (c)25°の傾斜を持たせて走査型電子顕微鏡で撮影された中央のキャビティの画像。
Type: 写真
2018-12-17
OIST数学力学と材料科学ユニットのヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授は、新型のカライドサイクルを開発しました。新しい構造物は、...
Type: ビデオ
2018-12-13
従来型のカライドサイクル(左)は、特定の動きしかできない。ヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授は、他のつながり方をしたリング状構造物が、同様の特性を持つかどうかを研究し、結果として今回のメビウス・カライドサイクル(右)が完成した。
Type: 写真
2018-12-13
ヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授は、7つ以上のヒンジを持つ新型のカライドサイクルを開発した。主要課題の1つは、7つ以上のピラミッド型のピース(左)をリング状に閉じる(右)には、どのような条件が満たされなければならないかを理解することだった。
Type: 写真
2018-12-13
折り紙や3Dプリンターを使った材料を用いて、つなぎ目の数が異なる様々なメビウス・カライドサイクルをヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授が作製した。
Type: 写真
2017-10-02
Type: ビデオ
Subscribe to 数理力学と材料科学ユニット (エリオット・フリード)