図3 褐虫藻の驚くべきゲノムの構造
2013-07-11
OISTマリンゲノミックスユニットの將口栄一研究グループリーダーらは、サンゴに共生するカッチュウソウ(褐虫藻)のゲノム解読に世界で初めて成功しました。同研究グループはすでに...
Type: 写真
図2 サンゴと褐虫藻の   共生関係
2013-07-11
OISTマリンゲノミックスユニットの將口栄一研究グループリーダーらは、サンゴに共生するカッチュウソウ(褐虫藻)のゲノム解読に世界で初めて成功しました。同研究グループはすでに...
Type: 写真
2013-07-11
OISTマリンゲノミックスユニットの將口栄一研究グループリーダーらは、サンゴに共生するカッチュウソウ(褐虫藻)のゲノム解読に世界で初めて成功しました。同研究グループはすでに...
Type: 写真
2013-07-11
OISTマリンゲノミックスユニットの將口栄一研究グループリーダーらは、サンゴに共生するカッチュウソウ(褐虫藻)のゲノム解読に世界で初めて成功しました。同研究グループはすでに...
Type: ビデオ
2013-06-21
 地球上の生物はお互いに影響し合いながら生きていますが、生物間でお互いに協力し合って生きることを「共生」と言います。農業害虫としてよく知られているコナカイガラムシは、微生物との共生のために特殊化した共生器官の細胞内に、極度にゲノムの縮小した2種類の細胞内共生細菌を持っています。この2種類の細菌は、昆虫の菌細胞の中に細菌がいて、その細菌の中にさらに細菌がいるという「入れ子状態」にあります。...
Type: ニュース記事
2013-06-18
農業害虫として知られるコナカイガラムシでは、共生器官の細胞内に、極度にゲノムの縮小した2種類の細菌が入れ子状になって共生している。 出典: Cell Volume 153 Issue 7, photo by Alex Wild (http://alexanderwild.com/
Type: 写真
新里宙也研究員とゲノムが解読されたサンゴ
2013-01-30
美ら海水族館に提供したものと同等の大きさのサンゴを手にする新里宙也研究員  
Type: 写真
2013-01-30
世界で初めて全ゲノムが解読されたサンゴが沖縄に展示されています。
Type: 写真
美ら海プラザに展示されているOISTのサンゴ
2013-01-30
サンゴの骨格の横に、生きた枝状サンゴがOIST作成の説明ポスターと共に展示されています
Type: 写真
2013-01-30
 新たな発見は、さらなる新しい発見への扉を開く可能性を秘めています。ここ沖縄の海洋博公園美ら海プラザ」の扉の向こう側には、...
Type: ニュース記事
半索動物のギボシムシ
2012-10-29
Type: 写真
Subscribe to マリンゲノミックスユニット (佐藤 矩行)