2012-09-03
 当初、生理学の研究は、生体機能の現象に着目して生命の本質の解明に挑むというものでした。その後、分子生物学の発展に伴い、科学者たちは細胞の生理現象の背後に横たわるメカニズムに分子レベルでアプローチできるようになりました。しかし、ヒトゲノムの全塩基配列が解読されてからほぼ10年が経つものの、生命機能を構成する多くの要素が全体としてどのように相互作用し、どのように機能発現に至っているのか、...
Type: ニュース記事
多階層モデルにおける階層マッピングの概念図.
2012-09-03
多階層モデルにおける階層マッピングの概念図。 複数のモジュールの集合として上位モジュールを表現することで、階層構造をモデル化する。
Type: 写真
浅井義之博士
2012-08-31
Type: 写真
PhysioDesigner のスナップショット
2012-08-31
メインキャンバスに表示されているのは神経ネットワークモデル。右上は、オープンバイオロジーユニットが同時に開発しているシミュレータFlint上での計算の一例。
Type: 写真
2011-05-27
オープンバイオロジーユニット代表研究者の北野宏明博士の論文が、最新号の Nature Chemical Biology に掲載されました。 <論文概要>  大型粒子加速器による実験など、「ビッグサイエンス」は大規模な設備と巨額の資金、また、大量の人材を必要とする研究が伝統的であった。生命科学の分野では、ヒトゲノム解析プロジェクトがビッグサイエンスであった。しかし、...
Type: ニュース記事
2010-06-29
OIST代表研究者 北野宏明博士 現代投資理論を生物学に融合した理論を構築    この度、沖縄科学技術研究基盤整備機構オープンバイオロジーユニット代表研究者の北野宏明博士は、生物学上の謎を解明するために、生物学とは一見かけ離れているように思われる現代投資理論の一部であるポートフォリオ選択の理論を発展させ、生物学に融合した理論を構築しました。この研究成果は最新号の...
Type: ニュース記事
Subscribe to オープンバイオロジーユニット (北野 宏明)