丸山教授
2015-10-29
丸山教授の隣に描かれているのが本人による「ローテーション・モデル」のオリジナルスケッチ
Type: 写真
2014-03-17
この論文の著者である佐々 壽浩研究員と村山孝研究員。手前にあるのが優秀論文(Plenary Article)の表彰状
Type: 写真
2014-03-17
微小な線虫C. elegans (出展:Wormatlas)
Type: 写真
2014-03-17
高pHを感知するニューロンであるASHニューロンに緑色蛍光タンパク質(GFP)マーカーを発現させたC. elegans
Type: 写真
2013-05-09
出典:エドワード・スティーヴンス(ウィキペディア)
Type: 写真
C. elegans
2013-05-09
このほどCurrent Biology誌に発表された論文で、OIST情報処理生物学ユニットの丸山一郎教授が率いる研究グループは、生体が環境のアルカリ度を感知する分子機構・細胞機構を明らかにしました。これまで酸度がどのようにモニターされるかについてはよく知られていますが、生体、とくに線虫Caenorhabditis elegansがアルカリ性pHをモニターする方法の根本を明らかにした研究は、...
Type: 写真
2012-07-09
For more details, see https://groups.oist.jp/hotfm
Type: イベント
2012-05-24
参加者と講師を務める石館文善研究員(右から2番目)  OISTの目的のひとつは、沖縄の発展に寄与することにあります。しかし、地域のニーズをくみ取ることは、「言うは易し、行うは難し」...
Type: ニュース記事
Subscribe to 情報処理生物学ユニット (丸山 一郎)