2011-05-13
  グルコースは細胞のエネルギー産生に不可欠であり、ヒトの体細胞は血液からグルコースを取り込むことによってエネルギーを作り出している。ヒトが健康でいるためには血液中のグルコース濃度は4-6 mmol/Lに維持されなければならない。これが維持できず、血液中のグルコース濃度が上昇するのが糖尿病である。細胞周期研究でよく用いられるモデル生物、分裂酵母を培養する培地は通常100...
Type: ニュース記事
2011-05-13
分裂酵母はヒトの血液と同程度のグルコース(4.4 mmol/L)を含む培地でもきちんと成長し、増殖する。 グルコースは細胞のエネルギー産生に不可欠であり、ヒトの体細胞は血液からグルコースを取り込むことによってエネルギーを作り出している。ヒトが健康でいるためには血液中のグルコース濃度は4-6 mmol/Lに維持されなければならない。これが維持できず、...
Type: ビデオ
2010-12-03
この度、G0細胞ユニットのグループリーダー武田鋼二郎博士が公益財団法人アステラス病態代謝研究会の平成22年度研究助成金を取得することになりました。同助成金は、疾患の解明と画期的治療法の開発に関する研究に対し与えられるものです。 今回応募した武田博士の研究テーマは「...
Type: ニュース記事
2010-09-27
-- プレスリリース --     独立行政法人沖縄科学技術研究基盤整備機構 代表研究者 柳田充弘博士が 英国生物学会「名誉フェロー」の称号を受けます   この度、英国生物学会は、沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)...
Type: プレスリリース
Subscribe to G0細胞ユニット (柳田 充弘)