2014-04-21
 OISTの管内流動実験は物理学と工学分野の長年のギャップを埋めようとしています。実験施設は、ピナキ・チャクラボルティー准教授の流体力学ユニットとグスタボ・ジョイア教授の連続体物理学研究ユニットによって組立てられています。...
Type: ニュース記事
2012-12-25
 液体がパイプラインの中を高速で流れるとき、あるいは高速で河床に流れ落ちる瞬間に、渦巻き状の流れが形成され、乱流が生じます。この流れは「渦」と呼ばれ、摩擦抗力を著しく増加させます。摩擦抗力は石油のパイプライン輸送のコストや河川の排水能力を左右する性質を持ち、工学分野で広く応用されていることから、これを解明するためこれまで数多くの研究が行われてきました。  OISTの...
Type: ニュース記事
石鹸水の薄膜に見られる渦
2012-12-25
石鹸水の薄膜上に様々な大きさの渦となって乱流が生じる。写真:Hamid Kellay(仏ボルドー大学)撮影
Type: 写真
水がよどみに現れる乱流の渦
2012-12-25
水流がよどむ場所では様々な大きさの渦となって乱流が生じる。15世紀のレオナルド・ダ・ヴィンチによるスケッチ
Type: 写真
2012-05-18
渦の模様は、空気や水等の流れる物質と障害物の摩擦抵抗を受ける事により生じます。渦の研究は、パイプラインを通すオイルポンプの経済性や洪水時の河川の排出能力を計算することに役立ちます。 この写真は、2010年6月発刊のネイチャーフィジクスの表紙に掲載されたものです(Tuan Tran博士撮影)。石鹸膜の干渉膜を使って乱流を可視化する実験で、...
Type: 写真
Subscribe to 流体力学ユニット (ピナキ・チャクラボルティー)