2021-09-06
本研究のポイント: ベンヌとリュウグウは、無人探査機によって近年撮影された2つのラブルパイル(破砕集積体)小惑星である。 両小惑星とも特徴的なダイヤモンド形をしているが、その形状に至った理由については科学的に明らかになっていなかった。 今回、研究チームは、砂や砂糖などの粒状体の流れを説明するために設計された単純な粒状体の物理モデルを用いて、これらの小惑星の全体的な形状を説明した。...
Type: プレスリリース
2021-06-14
本研究のポイント: ハリケーンは、通常は上陸後に減衰するが、温帯低気圧に移行して再び勢力を増し、内陸部の広範な地域で被害をもたらすこともある。  従来は温帯低気圧への移行を説明する際に寒気核の存在が確認されていたが、本研究により上陸するすべてのハリケーンで寒気核が自然に形成されることが判明した。...
Type: プレスリリース
2021-06-14
ハリケーンが陸地に移動すると、水分の供給がなくなり、空気中の水分量が減少する。空気は、水蒸気が収容できなくなる温度に低下する前により高度に上昇するため、水蒸気の凝縮による熱の放出がより高い位置で発生し、暖気核がハリケーンの上半分に縮小する。一方で下層には上昇する空気によって寒気核が形成される。ピナキ・チャクラボルティー教授とリー・リン博士は...
Type: 写真
2021-06-14
北半球のハリケーンは、空気が反時計回りに猛烈な速さで回転する。その際、空気は中心に向かって吹き込みながら上昇し、外側に向かって吹き出す。湿った空気は上昇しながら凝縮して熱を放出し、ハリケーンの内部に暖気核を形成する。ピナキ・チャクラボルティー教授とリー・リン博士は...
Type: 写真
2021-06-14
ハリケーン内と周りの空気の気温の違いを示す動画。上陸時には、ハリケーンの中心部は下層から上層まで暖気で満ちているが、時間の経過とともに、冷気が上層に向かって増大し、暖気は減少していく。この発見は、ピナキ・チャクラボルティー教授とリー・リン博士が...
Type: ビデオ
2020-11-12
概要 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者はこの度、上陸したハリケーンの勢力が弱まるまでに以前より時間がかかるようになっているのは、気候変動の影響による、との研究を発表しました。本論文は11月12日に学術誌「ネイチャー」に掲載されました...
Type: プレスリリース
2020-10-30
ハリケーンが上陸してから弱まるまでの時間と海面水温の間に強い相関関係があることを発見
Type: 写真
2020-10-30
左のグラフは、50年前のハリケーン(青)に比べて、現在のハリケーン(赤)は平均的な勢力の衰え方がゆるやかになっていることを示す。右のグラフでは、現在のハリケーン(赤)の減衰が遅いことで、より強い勢力を持って内陸に侵入することを意味する。ハリケーンが陸地に突進し、標準的な速度として秒速5メートルで前進していることを示す。
Type: 写真
2020-01-25
 水道の蛇口から出る流水は、パイプを通る過程の複雑な旅路を物語ってくれます。水が高速に蛇口から出る時、水の流れは乱れ、無秩序で、海の波が衝突しているように見えます。  蛇口からの層流(低速で一定で規則的な流れ)に比べ、乱流については科学的にほとんど解明されていません。層流がどのように乱流になるかについては、さらに知られていません。流体が中くらいの速度で移動するときには、...
Type: プレスリリース
2020-01-15
(左)パイプ内の流れ。流れは高速で乱流となり、中間的な速度では遷移流となる。遷移流は渦と層流(低速で一定で規則的な流れ)の混合である。渦の流れには様々な種類がある。「スラグ」とは、下流に向かうにつれて激しくなる流れで、「パフ」は一定のサイズを維持しながら下流に流れる流れ。(右)左図で囲いのついた領域内の流れに対応するエネルギースペクトル図。流れの種類にかかわらず、...
Type: 写真
2020-01-15
(左図)ダ・ビンチの乱流プールの渦のスケッチ。(右図)ダ・ビンチのスケッチ内の四角で囲まれた領域内の流れに対応するエネルギー・スペクトル図。
Type: 写真
2018-06-27
異なる粒度の表面輪郭上における噴出物模様を高速撮影した画像
Type: ビデオ
Subscribe to 流体力学ユニット (ピナキ・チャクラボルティー)