2020-11-12
概要 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者はこの度、上陸したハリケーンの勢力が弱まるまでに以前より時間がかかるようになっているのは、気候変動の影響による、との研究を発表しました。本論文は11月12日に学術誌「ネイチャー」に掲載されました...
Type: プレスリリース
2020-10-30
ハリケーンが上陸してから弱まるまでの時間と海面水温の間に強い相関関係があることを発見
Type: 写真
2020-10-30
左のグラフは、50年前のハリケーン(青)に比べて、現在のハリケーン(赤)は平均的な勢力の衰え方がゆるやかになっていることを示す。右のグラフでは、現在のハリケーン(赤)の減衰が遅いことで、より強い勢力を持って内陸に侵入することを意味する。ハリケーンが陸地に突進し、標準的な速度として秒速5メートルで前進していることを示す。
Type: 写真
2020-01-25
 水道の蛇口から出る流水は、パイプを通る過程の複雑な旅路を物語ってくれます。水が高速に蛇口から出る時、水の流れは乱れ、無秩序で、海の波が衝突しているように見えます。  蛇口からの層流(低速で一定で規則的な流れ)に比べ、乱流については科学的にほとんど解明されていません。層流がどのように乱流になるかについては、さらに知られていません。流体が中くらいの速度で移動するときには、...
Type: プレスリリース
2020-01-15
(左)パイプ内の流れ。流れは高速で乱流となり、中間的な速度では遷移流となる。遷移流は渦と層流(低速で一定で規則的な流れ)の混合である。渦の流れには様々な種類がある。「スラグ」とは、下流に向かうにつれて激しくなる流れで、「パフ」は一定のサイズを維持しながら下流に流れる流れ。(右)左図で囲いのついた領域内の流れに対応するエネルギースペクトル図。流れの種類にかかわらず、...
Type: 写真
2020-01-15
(左図)ダ・ビンチの乱流プールの渦のスケッチ。(右図)ダ・ビンチのスケッチ内の四角で囲まれた領域内の流れに対応するエネルギー・スペクトル図。
Type: 写真
2018-06-27
異なる粒度の表面輪郭上における噴出物模様を高速撮影した画像
Type: ビデオ
2018-06-21
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究チームは、隕石などの衝突現象を実験により再現することで、惑星や衛星に見られる衝突クレーターの「光条」がどのように形成されるかを明らかにしました。これにより、クレーターを形成した隕石の大きさを計算することができ、太陽系形成論などの諸研究に役立つ可能性があります。本成果は、米国物理学会発行の学術誌...
Type: プレスリリース
2018-02-01
  水道の蛇口をひねったことのある人なら誰でも、なんらかの流体力学の知識を持っていると言えます。 家庭用配管であれ産業用の石油やガス輸送のためのパイプラインであれ、配管を流れる流体は、速度が遅い時はスムーズに流れ、速度の速い時はより乱雑な流れとなります。   130年以上前に、英国の物理学者で技術者でもあったオズボーン・レイノルズは、遅い速度の流体の流れを、...
Type: ニュース記事
2018-01-30
ガラス管を照射するレーザーを用いて、管内の流水速度を測定。
Type: 写真
2018-01-30
遷移流での滑らかな流れと混沌とした流れの間欠的な連なりが描かれているオズボーン・レイノルズの1883年発表の論文に掲載された図。サーバス博士らは、これらのタイプの異なる流れを個別に分析して遷移流を研究するという新手法を試みた。
Type: 写真
2018-01-30
層流、乱流および遷移流の違いについて説明するサーバス・ローリー博士。 図で示されているように、今回研究対象の遷移流では、滑らかな流れと混沌とした流れが間欠的に連なっている。
Type: 写真
Subscribe to 流体力学ユニット (ピナキ・チャクラボルティー)