フェムト秒レーザーを放射している様子
2015-09-17
OIST特別研究学生アタナシオス・マリオラキスとOISTポスドク研究員クリシュナ・マリセルラ・バラ・モラリ博士がフェムト秒レーザーを使って実験をおこなっています。
Type: 写真
2014-06-25
 物理学と神経生物学の英知を組み合わせることでパーキンソン病に取り組むことについて、OISTのケシャブ・ダニ准教授は「OIST以外ではとてもできない研究です」と、語ります。沖縄科学技術大学大学院のフェムト秒分光法ユニット...
Type: ニュース記事
2014-06-25
ドーパミンを内包し、金ナノ粒子を繋ぎ止められたリポソームのカプセル。このリポソームがレーザーにより活性化され、ドーパミンを放出する。この図はScientific Reportsの許可を得て掲載しています。
Type: 写真
2014-06-25
本研究に関わったOIST研究者たち(左から)ピーター・ヘイル研究員、ケシャブ・ダニ准教授、中野高志研究員、ジェフ・ウィッケンス教授、バラ・モラリ・ クリシュナ・マリセルラ研究員
Type: 写真
レーザーを調整する準研究員のキャサリン・チンとアリソン・クロス
2012-09-10
レーザーを調整する準研究員のキャサリン・チンとアリソン・クロス
Type: 写真
2012-08-26
 我々の先祖が初めて道具を使って虫を掘り出したり、敵と戦ったりした時から、我々は物質の基本的な性質という制約を受けてきました。例えば、光はガラスを透過するときに特定の方向に曲がり、物はエネルギーを与えられると熱くなります。そして、ここ数十年間で、物質をナノスケールで操作する技術が物質科学の基本原則を書き換えてきました。例えば、金粒子の色は必ずしも黄色ではなく、粒子のサイズによって変化します。近年...
Type: ニュース記事
顕微鏡室
2012-08-24
Type: 写真
2012-03-31
インターバル撮影で見るOISTフェムト秒分光法ユニットのラボにセットアップされた強力な光を発生する大出力レーザー装置
Type: ビデオ
2012-03-15
ダニ准教授とユニットメンバー...
Type: Event Report
2012-02-02
ケシャヴ・ダニ博士 質問する恩納中学校の生徒  1月23日、OISTフェムト秒分光法ユニットのケシャヴ・ダニ准教授が、恩納中学校を訪問し、出前授業を行いました。ダニ博士が研究に使用する、なんでも切り刻むことができる最先端のレーザー技術の話に、生徒たちは夢中になって聞き入っていました。また、自身の出身国であるインドの学校生活や、...
Type: Event Report
Subscribe to フェムト秒分光法ユニット (ケシャヴ・ダニ)