タイトル:諸条件下で作成されたペロブスカイトフィルム
2015-03-04
a) 105度(セ氏)空気中 b) 115度(セ氏)空気中 c) 125度(セ氏)空気中 d) 105度(セ氏)窒素環境下 e) 115度(セ氏)窒素環境下 f) 125度(セ氏)窒素環境下。空気中105~125度(セ氏)の温度範囲で作成されたペロブスカイトフィルムのほうが、窒素環境下で作成されたフィルムよりも結晶粒が大きくなる。    ...
Type: 写真
2015-01-30
 今、世界の研究者たちが熱心に取り組んでいる新しいタイプの太陽電池の開発には一つ課題があるといえます。それは、最上層に針の穴ほどの小さなピンホールが多数存在するという点です。このたび、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者たちがこの問題を発見しました。  この新しいタイプの高性能太陽電池のうち、盛んに研究されているのは、ペロブスカイトと...
Type: ニュース記事
OISTエネルギー材料と表面科学ユニットのメンバー
2015-01-28
ペロブスカイト太陽電池の効率向上と長寿命化を目指す大野勝也博士、ザファー・ハワッシュOIST学生、ヤビン・チー准教授、マイケル・リー博士
Type: 写真
太陽電池層
2015-01-28
現在開発中の高性能太陽電池の多くはペロブスカイト上に、電気伝導度を増大させるための微量成分を加えたspiro-MeOTADの層を重ねたもの。このspiro-MeOTAD最上層にピンホールがあると空気中の水などの分子が薄膜を透過して拡散し、ペロブスカイトを劣化させるため寿命が短くなると考えられる。
Type: 写真
ピンホールチャンネル
2015-01-28
ドープしたspiro-MeOTAD層と問題のピンホール(写真右)で形成されたチャンネル(写真左)の横断面を示す高倍率走査電子顕微鏡写真。このチャンネルが水および他の分子を容易に通過させて太陽電池内に拡散させてしまう。
Type: 写真
ピンホール
2015-01-28
作製直後(写真上)と24時間空気曝露後(写真下)のspiro-MeOTAD層のピンホールを示す原子間力顕微鏡(AFM)写真。ピンホールの平均直径は約135 nmだが、2 μmに達するピンホールもある。
Type: 写真
2014-09-24
   太陽光発電についてよく聞かれるデメリットとして、投資するにはやはりソーラーパネルが高額すぎるという点が挙げられます。ソーラーパネルは、エネルギーを吸収し変換するタイル状の太陽電池を並べて作られており、多くの研究者が、発電効率が高く耐用年数の長い太陽電池の開発を目指してきました。しかし、いくら寿命が長く、最高の効率で太陽光をエネルギーに変換できる太陽電池であったとしても、...
Type: ニュース記事
ペロブスカイト太陽電池
2014-09-24
チー准教授が開発した新しい半透明デザインの太陽電池を用いれば、太陽光からエネルギーを生みだす窓を作ることができると考えられます。
Type: 写真
チーユニット
2014-09-24
チー准教授と、研究ユニットのメンバーは、ペロブスカイト太陽電池を生産するハイブリッド堆積法を開発しました。左から:ヤビン・チー、ソニア・R・ラガ、シェンハオ・ワン、ルイス・K・大野、加藤雄一
Type: 写真
2014-04-07
ユニットでは大気に晒されることで引き起こるされる気体分子のspiro-MeOTAD膜への取り込みについて研究している。(左から)大野ルイス・勝也研究員、 ヤビン・チー准教授、 ゲオルギ・ニキフオロフ研究員、加藤雄一研究員。
Type: 写真
2014-04-07
大気に晒されると、spiro-MeOTAD層への気体分子の取り込みが引き起こされます。
Type: 写真
2014-01-27
 従来のエネルギー源として利用されている資源の減少により、再生可能なエネルギーが研究対象として注目され、ますます重要なものになってきました。しかし、新しくてクリーンなエネルギー産生形態と考えられているシリコンベースの太陽電池なども、生産コストがかかります。ヤビン・チー准教授率いる...
Type: ニュース記事
Subscribe to エネルギー材料と表面科学ユニット (ヤビン・チー)