2014-09-24
   太陽光発電についてよく聞かれるデメリットとして、投資するにはやはりソーラーパネルが高額すぎるという点が挙げられます。ソーラーパネルは、エネルギーを吸収し変換するタイル状の太陽電池を並べて作られており、多くの研究者が、発電効率が高く耐用年数の長い太陽電池の開発を目指してきました。しかし、いくら寿命が長く、最高の効率で太陽光をエネルギーに変換できる太陽電池であったとしても、...
Type: ニュース記事
ペロブスカイト太陽電池
2014-09-24
チー准教授が開発した新しい半透明デザインの太陽電池を用いれば、太陽光からエネルギーを生みだす窓を作ることができると考えられます。
Type: 写真
チーユニット
2014-09-24
チー准教授と、研究ユニットのメンバーは、ペロブスカイト太陽電池を生産するハイブリッド堆積法を開発しました。左から:ヤビン・チー、ソニア・R・ラガ、シェンハオ・ワン、ルイス・K・大野、加藤雄一
Type: 写真
2014-04-07
ユニットでは大気に晒されることで引き起こるされる気体分子のspiro-MeOTAD膜への取り込みについて研究している。(左から)大野ルイス・勝也研究員、 ヤビン・チー准教授、 ゲオルギ・ニキフオロフ研究員、加藤雄一研究員。
Type: 写真
2014-04-07
大気に晒されると、spiro-MeOTAD層への気体分子の取り込みが引き起こされます。
Type: 写真
2014-01-27
 従来のエネルギー源として利用されている資源の減少により、再生可能なエネルギーが研究対象として注目され、ますます重要なものになってきました。しかし、新しくてクリーンなエネルギー産生形態と考えられているシリコンベースの太陽電池なども、生産コストがかかります。ヤビン・チー准教授率いる...
Type: ニュース記事
2014-01-16
(左から)ヤビン・チー准教授、加藤雄一研究員、ミンチャー・チョン研究員、マイケル・リー グループリーダー
Type: 写真
2014-01-16
フレキシブル透明電極「Flextrode」
Type: 写真
2012-08-21
For more information, visit the website at https://groups.oist.jp/isoe2012.
Type: イベント
2012-07-26
 先月末に供用を開始した第2研究棟には、早くも研究機器の移設が進み、複数の研究ユニットが着々と研究室や作業スペース、オフィスに移り、新しい建物に命が吹き込まれました。 比較的最近発足した研究ユニットの中にはこれまで専用スペースがなかったユニットもありますが、それぞれのユニットの要望に合わせた研究スペースが第2研究棟に確保されたことで、研究活動が本格化します。例えば、...
Type: ニュース記事
2011-12-13
  子どもたちに科学の面白さを知ってもらい、OISTについて理解を深めてもらおうと、OISTは様々なイベントや、出前授業を行っています。12月8日、 OISTの「エネルギー材料と表面科学ユニット」を率いるヤビン・チー准教授は、恩納村立山田中学校を訪れ、講演を行いました。会場となった体育館には、中学1年生と2年生の合計46名の生徒が集まりました。...
Type: Event Report
Subscribe to エネルギー材料と表面科学ユニット (ヤビン・チー)