作製されたばかりのペロブスカイト太陽電池を手に持つジャン・イェン博士(左)。シェンハオ・ワン博士(右)が持っている試作品からも分かるように、劣化したMAPbI3ペロブスカイト太陽電池はかなり変色している。
2016-12-23
作製されたばかりのペロブスカイト太陽電池を手に持つジャン・イェン博士(左)。シェンハオ・ワン博士(右)が持っている試作品からも分かるように、劣化したMAPbI3ペロブスカイト太陽電池はかなり変色している。
Type: 写真
キャプション:今回の研究に携わったエネルギー材料と表面科学ユニットの研究者たち。左から、大野勝也博士、エミリオ・フアレス・ペレス博士、シェンハオ・ワン博士、ジャン・イェン博士、ヤビン・チー准教授
2016-12-23
キャプション:今回の研究に携わったエネルギー材料と表面科学ユニットの研究者たち。左から、大野勝也博士、エミリオ・フアレス・ペレス博士、シェンハオ・ワン博士、ジャン・イェン博士、ヤビン・チー准教授
Type: 写真
太陽電池の様々な劣化要因(空気や湿気、光照射、電場印加など)を示した略式図。ペロブスカイト太陽電池は作動中にヨウ素を放出し、性能劣化につながる。
2016-12-23
太陽電池の様々な劣化要因(空気や湿気、光照射、電場印加など)を示した略式図。ペロブスカイト太陽電池は作動中にヨウ素を放出し、性能劣化につながる。
Type: 写真
2016-10-04
  エネルギー保全に伴う高い環境コスト、そして有限な化石燃料により、再生エネルギーの重要性は、近年ますます明白になっています。しかし、人類が使用する太陽光エネルギーを効率よくつくりだすことは困難な課題です。太陽光エネルギーを取り込むのにシリコン系太陽電池が使用されていますが、産業ベースで生産するにはコストがかかります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)のヤビン・チー准教授が率いる...
Type: ニュース記事
MAPbI3ペロブスカイトフィルムが分解すると、ヨウ化メチルとアンモニアの気体が生じる
2016-10-04
上図はペロブスカイトフィルムが化学蒸着(CVD)技術を用いてどのように作製されるかが描かれている。左下図はCVD技術を用いて作製されたペロブスカイトの太陽電池モジュール、右下図は、同技術を用いたOISTのロゴ付きのペロブスカイトである。
Type: 写真
MAPbI3ペロブスカイトフィルムが分解すると、ヨウ化メチルとアンモニアの気体が生じる
2016-10-04
MAPbI3ペロブスカイトフィルムでは、分解に伴い、ヨウ化メチル(CH3I)とアンモニア(NH3)が生成されることが、熱重量差動熱分析と質量分析計により測定された。
Type: 写真
ジャン博士の新しいアニーリング工程後の処理により結晶粒界が融着している
2016-10-04
アニーリング工程後のMAPbI3ペロブスカイトフィルムにおける結晶粒界(a)、DMF溶媒を使用したアニーリング(b)、アニーリング工程後のメチルアミン処理の比較。アニーリング工程後のメチルアミン処理においては、結晶粒界が融着し、境界がより明瞭でなくなっており、最も改善が見られている。
Type: 写真
2016-07-27
 ペロブスカイト太陽電池は太陽光発電業界の希望の星と言えます。開発されてから10年に満たないにも関わらず、エネルギー効率は開発当初の2倍になり、現在では22%を超えるという、再生可能エネルギー部門において目覚ましい発展を遂げています。ペロブスカイト太陽電池の特徴は、その名前の通り、光をエネルギーに交換するペロブスカイト層にあり、従来の結晶シリコン太陽電池より軽く、安価で、柔軟性があります。  ...
Type: ニュース記事
2016-01-08
 有機‐無機複合物質であるペロブスカイト材料は、次世代型太陽電池には欠かせない材料です。このペロブスカイト材料の特性を理解することは、太陽電池の耐用年数を延ばし、品質を向上させるために重要です。沖縄科学技術大学院大学(OIST)のヤビン・...
Type: ニュース記事
2016-01-08
ペロブスカイト結晶の表面における原子サイズの欠陥
Type: 写真
Subscribe to エネルギー材料と表面科学ユニット (ヤビン・チー)