ジャン博士の新しいアニーリング工程後の処理により結晶粒界が融着している
2016-10-04
アニーリング工程後のMAPbI3ペロブスカイトフィルムにおける結晶粒界(a)、DMF溶媒を使用したアニーリング(b)、アニーリング工程後のメチルアミン処理の比較。アニーリング工程後のメチルアミン処理においては、結晶粒界が融着し、境界がより明瞭でなくなっており、最も改善が見られている。
Type: 写真
2016-07-27
 ペロブスカイト太陽電池は太陽光発電業界の希望の星と言えます。開発されてから10年に満たないにも関わらず、エネルギー効率は開発当初の2倍になり、現在では22%を超えるという、再生可能エネルギー部門において目覚ましい発展を遂げています。ペロブスカイト太陽電池の特徴は、その名前の通り、光をエネルギーに交換するペロブスカイト層にあり、従来の結晶シリコン太陽電池より軽く、安価で、柔軟性があります。  ...
Type: ニュース記事
2016-01-08
 有機‐無機複合物質であるペロブスカイト材料は、次世代型太陽電池には欠かせない材料です。このペロブスカイト材料の特性を理解することは、太陽電池の耐用年数を延ばし、品質を向上させるために重要です。沖縄科学技術大学院大学(OIST)のヤビン・...
Type: ニュース記事
2016-01-08
ペロブスカイト結晶の表面における原子サイズの欠陥
Type: 写真
ペロブスカイトの原子分解能の画像
2016-01-08
ペロブスカイト結晶の原子のトポグラフィー画像および原子および分子の位置を算出した画像
Type: 写真
Perovskites atomic resolution images
2016-01-08
メチルアンモニウム臭化鉛(CH3NH3PbBr3)内のメチルアンモニウム分子(中央の画像において、ボールと棒のモデルで図示)は回転することができ、あきらかに異なる特性を持つ2種類の表面構造(左右の画像)をもたらします 。
Type: 写真
チー准教授率いるエネルギー材料および表面科学ユニットの研究者たち
2016-01-08
OISTの研究者たち(左から右):ロビン・オーマン博士、ヤビン・チー准教授、大野ルイス勝也博士。
Type: 写真
走査型トンネル顕微鏡の内部
2016-01-08
走査型トンネル顕微鏡の内部画像。黄色のシリンダーは熱から保護する役割を果たし、この後ろの部分でサンプルが冷却されます。
Type: 写真
ロビン・オーマン博士
2016-01-08
走査型トンネル顕微鏡内にサンプルをセットするロビン・オーマン博士。
Type: 写真
2015-10-14
 ペロブスカイト太陽電池は太陽光発電における希望の星と言えます。ペロブスカイト太陽電池はほぼすべての可視波長の光を吸収し、実験値で20%を超える非常に高いエネルギー交換効率を有しているうえ、比較的容易に製造できます。それにも関わらず、なぜペロブスカイト太陽電池パネルは普及していないのでしょうか。問題として、全体のコストが高いこと、また、安価なペロブスカイト太陽電池の寿命が短いことがあげられます。...
Type: ニュース記事
Subscribe to エネルギー材料と表面科学ユニット (ヤビン・チー)