2018-04-27
無機物の多層構造を持つペロブスカイト太陽電池。 最下層は数ミリメートルの厚さのガラス、下から2層目は、FTOと呼ばれる 透明な導体材料、下から3層目は酸化チタンの電子感受性層、下から4層目は、光活性ペロブスカイト、最上層は炭素からなる。
Type: 写真
2018-04-27
ペロブスカイト太陽電池は、いまだに実用量産化されていない。 OISTエネルギー材料と表面科学ユニットが作製した新型ペロブスカイト太陽電池は、リウ博士の手のひらにおさまるほど、小型である。
Type: 写真
2017-08-04
   本来天然の鉱物であるペロブスカイトという物質ですが、今日の技術開発においての扱いは、地球のマントルにある岩を扱うのとは大きく異なっています。「ペロブスカイト構造」と呼ばれ、鉱物にもともと見られる一般的な三次元構造を保ちながら、さまざまな原子が組み合わさった構造をしているこの構造には、強い光吸収や電荷輸送促進などの優れた光電子工学の特性が見られます。これらの利点により、...
Type: ニュース記事
作製されたばかりのペロブスカイト太陽電池を手に持つジャン・イェン博士(左)。シェンハオ・ワン博士(右)が持っている試作品からも分かるように、劣化したMAPbI3ペロブスカイト太陽電池はかなり変色している。
2016-12-23
作製されたばかりのペロブスカイト太陽電池を手に持つジャン・イェン博士(左)。シェンハオ・ワン博士(右)が持っている試作品からも分かるように、劣化したMAPbI3ペロブスカイト太陽電池はかなり変色している。
Type: 写真
キャプション:今回の研究に携わったエネルギー材料と表面科学ユニットの研究者たち。左から、大野勝也博士、エミリオ・フアレス・ペレス博士、シェンハオ・ワン博士、ジャン・イェン博士、ヤビン・チー准教授
2016-12-23
キャプション:今回の研究に携わったエネルギー材料と表面科学ユニットの研究者たち。左から、大野勝也博士、エミリオ・フアレス・ペレス博士、シェンハオ・ワン博士、ジャン・イェン博士、ヤビン・チー准教授
Type: 写真
太陽電池の様々な劣化要因(空気や湿気、光照射、電場印加など)を示した略式図。ペロブスカイト太陽電池は作動中にヨウ素を放出し、性能劣化につながる。
2016-12-23
太陽電池の様々な劣化要因(空気や湿気、光照射、電場印加など)を示した略式図。ペロブスカイト太陽電池は作動中にヨウ素を放出し、性能劣化につながる。
Type: 写真
2016-10-04
  エネルギー保全に伴う高い環境コスト、そして有限な化石燃料により、再生エネルギーの重要性は、近年ますます明白になっています。しかし、人類が使用する太陽光エネルギーを効率よくつくりだすことは困難な課題です。太陽光エネルギーを取り込むのにシリコン系太陽電池が使用されていますが、産業ベースで生産するにはコストがかかります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)のヤビン・チー准教授が率いる...
Type: ニュース記事
MAPbI3ペロブスカイトフィルムが分解すると、ヨウ化メチルとアンモニアの気体が生じる
2016-10-04
上図はペロブスカイトフィルムが化学蒸着(CVD)技術を用いてどのように作製されるかが描かれている。左下図はCVD技術を用いて作製されたペロブスカイトの太陽電池モジュール、右下図は、同技術を用いたOISTのロゴ付きのペロブスカイトである。
Type: 写真
MAPbI3ペロブスカイトフィルムが分解すると、ヨウ化メチルとアンモニアの気体が生じる
2016-10-04
MAPbI3ペロブスカイトフィルムでは、分解に伴い、ヨウ化メチル(CH3I)とアンモニア(NH3)が生成されることが、熱重量差動熱分析と質量分析計により測定された。
Type: 写真
Subscribe to エネルギー材料と表面科学ユニット (ヤビン・チー)