2021-01-29
塩化アンモニウムを添加することで、ペロブスカイト膜の粒が顕著に増大し、個数が減少した。その結果、粒界の数も減少した。
Type: 写真
2021-01-29
研究者チームは、5x5平方センチメートルと10x10平方センチメートルの太陽電池モジュールを製作した。これは、従来研究室で作られていた1.5x1.5平方センチメートルのものよりもはるかに大きいが、市販のソーラーパネルよりは小さい。
Type: 写真
2021-01-29
ペロブスカイト太陽電池デバイスが機能するためには、複数の層が必要である。ペロブスカイト活性層は太陽光を吸収して電荷キャリアを発生させる。輸送層は、電荷キャリアを電極に輸送して電流を流す。ペロブスカイト活性層は、多数の結晶粒で形成されている。これらの結晶粒同士の境界や、ペロブスカイト膜のピンホールなどの欠陥によって、太陽電池デバイスの効率と寿命が低下する。
Type: 写真
2021-01-29
ポイント ペロブスカイト太陽電池は、将来の太陽電池技術を大きく変えると予測されているが、現在のところ、動作時間が短く、大型化すると効率が低下するという課題がある。 製造過程で前駆体材料に塩化アンモニウムを混合することで、太陽電池モジュールの安定性と効率を向上させた。 改良された太陽電池モジュールのペロブスカイト活性層は、厚みが増し、粒が大きくなり、欠陥が低減した...
Type: プレスリリース
2020-07-21
沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らがこの度、効率と安定性の高い次世代型太陽電池モジュールを開発しました。ペロブスカイトと呼ばれる材料を使用して作られた今回の太陽電池モジュールは、その高い性能を2000時間以上も維持することができます。研究結果は、主要学術誌である...
Type: プレスリリース
2020-07-15
ペロブスカイト太陽電池とモジュールは複数の層で構成されており、各層に特定の機能がある。
Type: 写真
2020-07-15
(左)OISTエネルギー材料と表面科学ユニットでは、さまざまなサイズの太陽電池およびモジュールを用いて作業している。(右)本研究で研究者らは5cm´ 5cmの太陽電池モジュールを使用。
Type: 写真
2020-07-15
(左から)ヤビン・チー教授、ゾンハオ・リウ博士、小野勝也博士、デヨン・ソン博士、スースー・ホォ博士、ロンビン・チュウ博士
Type: 写真
2019-11-25
 ペロブスカイトと呼ばれる汎用性の高い化合物は、次世代の太陽エネルギー技術への応用が期待されています。しかしペロブスカイトを用いた素子は効率が良く比較的安価であるにもかかわらず、まだ完成された技術ではありません。というのも、原子レベルでの構造的欠陥が生じることが多いからです。  OISTエ...
Type: ニュース記事
2019-11-21
(左から)エネルギー材料と表面科学ユニットのコリン・ステッカーさん、ジェレミー・イオル博士、大野ルイス勝也博士、ヤビン・チー教授。  
Type: 写真
2019-11-21
ペロブスカイト表面の2つの画像は、表面のイオンの転移と、その転移を引き起こす空孔を示している。
Type: 写真
2019-11-21
OISTエネルギー材料と表面科学ユニットでは、ガラスなどの材料の上にペロブスカイト化合物を積層して形成されるペロブスカイト太陽電池を研究している。
Type: 写真
Subscribe to エネルギー材料と表面科学ユニット (ヤビン・チー)