2020-07-21
沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らがこの度、効率と安定性の高い次世代型太陽電池モジュールを開発しました。ペロブスカイトと呼ばれる材料を使用して作られた今回の太陽電池モジュールは、その高い性能を2000時間以上も維持することができます。研究結果は、主要学術誌である...
Type: プレスリリース
2020-07-15
ペロブスカイト太陽電池とモジュールは複数の層で構成されており、各層に特定の機能がある。
Type: 写真
2020-07-15
(左)OISTエネルギー材料と表面科学ユニットでは、さまざまなサイズの太陽電池およびモジュールを用いて作業している。(右)本研究で研究者らは5cm´ 5cmの太陽電池モジュールを使用。
Type: 写真
2020-07-15
(左から)ヤビン・チー教授、ゾンハオ・リウ博士、小野勝也博士、デヨン・ソン博士、スースー・ホォ博士、ロンビン・チュウ博士
Type: 写真
2019-11-25
 ペロブスカイトと呼ばれる汎用性の高い化合物は、次世代の太陽エネルギー技術への応用が期待されています。しかしペロブスカイトを用いた素子は効率が良く比較的安価であるにもかかわらず、まだ完成された技術ではありません。というのも、原子レベルでの構造的欠陥が生じることが多いからです。  OISTエ...
Type: ニュース記事
2019-11-21
(左から)エネルギー材料と表面科学ユニットのコリン・ステッカーさん、ジェレミー・イオル博士、大野ルイス勝也博士、ヤビン・チー教授。  
Type: 写真
2019-11-21
ペロブスカイト表面の2つの画像は、表面のイオンの転移と、その転移を引き起こす空孔を示している。
Type: 写真
2019-11-21
OISTエネルギー材料と表面科学ユニットでは、ガラスなどの材料の上にペロブスカイト化合物を積層して形成されるペロブスカイト太陽電池を研究している。
Type: 写真
2019-08-09
   太陽電池の素材として現在市場で圧倒的に普及しているのはシリコンです。シリコンは安定性があり、価格も安く、太陽エネルギーを電気へ変換する変換効率も優れています。シリコンにとって代わるための新素材は、これらの点においてシリコンよりもさらに優れてかつ低コストでなければなりません。上海交通大学、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFLローザンヌ)、沖縄科学技術大学院大学(...
Type: プレスリリース
2019-08-05
CsPbI₃(赤で示された中央の層)から隣接する層への電子の損失を最小限に抑えるため、すべての層のエネルギーレベル(グラフ上のeV)が似たような値であることが重要。
Type: 写真
2019-01-22
  沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、将来有望な太陽電池技術として知られているペロブスカイト太陽電池(PSC)の根本的弱点を解決しました。今回の技術革新により、デバイスの安定性と拡張性が一気に向上したことで、PSC市場導入の鍵となるかもしれません。   この第三世代の太陽電池は、太陽光を使用可能な電気に効率的に変換し、...
Type: ニュース記事
2019-01-22
(左から)エネルギー材料と表面科学ユニットの大野ルイス勝也博士、ゾンハオ・リウ博士、ヤビン・チー准教授、デヨン・ソン博士、ロンビン・チュウ博士、スース―・ホォー博士
Type: 写真
Subscribe to エネルギー材料と表面科学ユニット (ヤビン・チー)