2019-01-22
  沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、将来有望な太陽電池技術として知られているペロブスカイト太陽電池(PSC)の根本的弱点を解決しました。今回の技術革新により、デバイスの安定性と拡張性が一気に向上したことで、PSC市場導入の鍵となるかもしれません。   この第三世代の太陽電池は、太陽光を使用可能な電気に効率的に変換し、...
Type: ニュース記事
2019-01-22
(左から)エネルギー材料と表面科学ユニットの大野ルイス勝也博士、ゾンハオ・リウ博士、ヤビン・チー准教授、デヨン・ソン博士、ロンビン・チュウ博士、スース―・ホォー博士
Type: 写真
2019-01-22
フレキシブルな材料から作製した太陽電池のシートを手に掲げるロンビン・チュウ博士。エネルギー材料と表面科学ユニットでは、家庭にも簡単に導入できる発電するカーテンなどのソーラー技術開発を目指す。
Type: 写真
2019-01-22
(左から)ヤビン・チー准教授、論文筆頭著者のロンビン・チュウ博士、ゾンハオ・リウ博士が新たなペロブスカイト太陽電池モジュールのプロトタイプを披露。異なる材料を組み合わせることで、同タイプの太陽電池よりも3倍の寿命を持つようになった。
Type: 写真
2019-01-22
エネルギー材料と表面科学ユニットは、最適化された安定性と効率を備えた新しいペロブスカイト太陽電池モジュールを作製。プロトタイプは、写真にある小型扇風機の動力源となっている。
Type: 写真
2018-09-27
  太陽エネルギーは長年、化石燃料依存から脱却するため、最も持続可能な選択肢と考えられてきました。ただし、太陽エネルギーを電力に変換する技術は、効率的かつ安価でなければなりません。   この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の...
Type: ニュース記事
2018-09-27
OIST研究室で開発した5cm×5cmのペロブスカイト太陽電池モジュールを持つゾンハオ・リウ博士(左)とヤビン・チー准教授(右)。
Type: 写真
2018-09-27
右から左)ヤビン・チー准教授、ゾンハオ・リウ博士、ロンビン・チュウ博士、エミリオ・フアレス・ペレス博士、ジュファン・ウ博士、イェン・ジャン博士、ルイス・オオノ博士。
Type: 写真
2018-04-27
異なる層を示すペロブスカイト太陽電池の電子顕微鏡画像
Type: 写真
2018-04-27
新型ペロブスカイト材料で作られた太陽電池を手にもつ、エネルギー材料と表面科学ユニットのポスドク研究員、ロンビン・チュウ博士(左)とゾンハオ・リウ博士(右)。
Type: 写真
2018-04-27
無機物の多層構造を持つペロブスカイト太陽電池。 最下層は数ミリメートルの厚さのガラス、下から2層目は、FTOと呼ばれる 透明な導体材料、下から3層目は酸化チタンの電子感受性層、下から4層目は、光活性ペロブスカイト、最上層は炭素からなる。
Type: 写真
2018-04-27
ペロブスカイト太陽電池は、いまだに実用量産化されていない。 OISTエネルギー材料と表面科学ユニットが作製した新型ペロブスカイト太陽電池は、リウ博士の手のひらにおさまるほど、小型である。
Type: 写真
Subscribe to エネルギー材料と表面科学ユニット (ヤビン・チー)