2021-06-22
OISTのエネルギー材料と表面科学ユニットでは、さまざまなサイズのペロブスカイト太陽電池およびモジュールを用いて研究しています。 本画像は、プレスリリース「ペロブスカイト太陽電池の未来がさらに明るく」関連画像です。
Type: 写真
2021-06-22
5×5平方センチメートルのペロブスカイト太陽電池モジュールを使用してリチウムイオン電池を充電する実証実験装置。 本画像は、プレスリリース「ペロブスカイト太陽電池の未来がさらに明るく」関連画像です。
Type: 写真
2021-06-22
OISTのエネルギー材料と表面科学ユニットが製作した実証実験装置では、ペロブスカイト太陽電池モジュールを使用してリチウムイオン電池を充電します。 本動画は、プレスリリース「ペロブスカイト太陽電池の未来がさらに明るく」関連動画です。
Type: ビデオ
2021-06-22
研究チームは、粉末製造法を用いて、高品質なFAPbI3を合成しました。まず、酢酸ホルムアミジン(FAAc)とヨウ化水素酸(HI)を混合しました。次に、ヨウ化鉛(II)(PbI2)を加え、この混合物を90℃まで加熱しました。最後に、残った不純物や未反応物を水に溶かしてろ過しました。本図は、プレスリリース「ペロブスカイト太陽電池の未来がさらに明るく」の関連画像です。
Type: 写真
2021-06-22
太陽光を電気に変換する太陽電池は、長年、再生可能エネルギーとして世界的に注目されてきました。太陽電池は、その1枚1枚は非常に小さいですが、モジュールにスケールアップすることでバッテリーの充電や照明の点灯などに利用することができます。また、将来的には太陽電池モジュールを並べて建物の主要なエネルギー源として利用できるようになる可能性もあります。しかし、...
Type: プレスリリース
2021-01-29
塩化アンモニウムを添加することで、ペロブスカイト膜の粒が顕著に増大し、個数が減少した。その結果、粒界の数も減少した。
Type: 写真
2021-01-29
研究者チームは、5x5平方センチメートルと10x10平方センチメートルの太陽電池モジュールを製作した。これは、従来研究室で作られていた1.5x1.5平方センチメートルのものよりもはるかに大きいが、市販のソーラーパネルよりは小さい。
Type: 写真
2021-01-29
ペロブスカイト太陽電池デバイスが機能するためには、複数の層が必要である。ペロブスカイト活性層は太陽光を吸収して電荷キャリアを発生させる。輸送層は、電荷キャリアを電極に輸送して電流を流す。ペロブスカイト活性層は、多数の結晶粒で形成されている。これらの結晶粒同士の境界や、ペロブスカイト膜のピンホールなどの欠陥によって、太陽電池デバイスの効率と寿命が低下する。
Type: 写真
2021-01-29
ポイント ペロブスカイト太陽電池は、将来の太陽電池技術を大きく変えると予測されているが、現在のところ、動作時間が短く、大型化すると効率が低下するという課題がある。 製造過程で前駆体材料に塩化アンモニウムを混合することで、太陽電池モジュールの安定性と効率を向上させた。 改良された太陽電池モジュールのペロブスカイト活性層は、厚みが増し、粒が大きくなり、欠陥が低減した...
Type: プレスリリース
2020-07-21
沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らがこの度、効率と安定性の高い次世代型太陽電池モジュールを開発しました。ペロブスカイトと呼ばれる材料を使用して作られた今回の太陽電池モジュールは、その高い性能を2000時間以上も維持することができます。研究結果は、主要学術誌である...
Type: プレスリリース
2020-07-15
ペロブスカイト太陽電池とモジュールは複数の層で構成されており、各層に特定の機能がある。
Type: 写真
2020-07-15
(左)OISTエネルギー材料と表面科学ユニットでは、さまざまなサイズの太陽電池およびモジュールを用いて作業している。(右)本研究で研究者らは5cm´ 5cmの太陽電池モジュールを使用。
Type: 写真
Subscribe to エネルギー材料と表面科学ユニット (ヤビン・チー)