2016-03-08
生態・進化学ユニットは様々な動物モデルを使い、細胞、遺伝子レベルにおける進化のメカニズムの研究をしています。 March 2016 生態・進化学ユニット(アレキサンダー・ミケェエブ准教授)
Type: ビデオ
2015-11-26
 陰と陽、金星と火星、月と太陽など、男女の関係を表すシンボルは様々ですが、性別の決定はヒトに限らず全ての生物にとって重要な意味を持ちます。沖縄科学技術大学院大学(OIST)生態進化学ユニットの元メンバーで、現在基礎生物学研究所の特別協力研究員である宮川(岡本)美里博士と同ユニットを率いるアレクサンダー・ミケェエヴ准教授が、...
Type: ニュース記事
ミツバチの遺伝子流動
2015-08-19
Type: 写真
ミツバチの木
2015-08-19
Type: 写真
ミツバチ
2015-08-19
Type: 写真
2015-08-19
 生き残りをかけて苦闘するミツバチ、そして、ミツバチたちに作物やその他さまざまな植物の受粉を頼る多くの人々に希望をもたらす研究結果が、国際的な共同研究チームによって報告されました。  花粉の媒介者として重要な役割を果たしているこのミツバチが、過去十年間にわたり世界各地で大量死するという現象が起きています。Varroa destructorと呼ばれる捕食性のダニの繁殖が主な原因でした。...
Type: ニュース記事
探し回る働きアリ
2015-04-17
食べ物を探し回るコカミアリの働きアリ。コカミアリのすべての働きアリは、生殖能力を持たない雌である。
Type: 写真
OIST生態・進化学ユニット アレキサンダー・ミケェエブ准教授
2015-04-17
コカミアリに関する論文を共同執筆したアレキサンダー・ミケェエブ准教授。
Type: 写真
2015-04-17
 種が交尾せずにその種を生存させることは、自然の法則に反するように思われます。ところが進化は、長い年月をかけ、自身のクローンをつくり、雄なしでも子孫を永存させる能力を、両生類、爬虫類および魚類の特定種の雌に授けてきました。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者たちは、雌が雄なしで子孫をつくる能力を比較的最近進化させた種において、今もなお、...
Type: ニュース記事
2014-06-17
 OIST生態・進化学ユニットの研究テーマは色々ありますが、次世代DNAシーケンシングなどの新しいテクノロジーを利用し、進化に対する理解を深めるという共通点があります。しかし、進化を研究する上で最適な題材の中には、きわめて古いもの、おそらく数十年、あるいは数世紀を経た博物館の標本が含まれます。...
Type: ニュース記事
2014-06-17
研究に使用された博物館の古いハエの標本のDNA抽出前後の比較。眼と翅にごくわずかな損傷があるものの、新しい抽出技術を使うことで標本はほぼ無傷に保たれていることがわかる。
Type: 写真
Subscribe to 生態・進化学ユニット (アレキサンダー・ミケェエブ)